クリックして受け売り乗馬教室へジャンプ クリックして受け売り乗馬教室へジャンプ

やまおやぴの思い
破廉恥厚顔な日本人と素人政治家 2013年10月21日
モラルの破壊はどこまで可能か 2013年7月19日更新
まともな議論のできない日本 2011年7月18日
無知は恐ろしい 2011年5月19日
危機管理能力の喪失 2011年5月16日
教育訓練給付金 ばら撒きの制度 2011年10月29日追記
むちゃくちゃな中国(その3) 2010年8月8日
ちゃくちゃな中国(その2)となさけない日本 2010年7月13日
むちゃくちゃな中国(その1)
2010年7月10日 
食い違い ないし 思い込み 2010年6月17日




2012年10月21日  厚顔無恥な日本人と素人政治家

ものすごいモラル破壊の日本の役人

  原子力規制委員会という新しい組織ができたのはご存じの方が多いでしょうが、その実態は知られていないでしょう。私も活動実績は知りません。

  ところがこの組織が家賃月額4000万円超の六本木の豪華ビルに入居しているという話を最近知りました。被災地ではまだ瓦礫が撤去されずに放置されているところが多々あるというのに、そういう必要なことには金は出さずに、こんなことに金をじゃぶじゃぶ使っているのです。復興予算にたかってムダ金をつかっているのです。日本の役人はいつからこんなにいやしく成り下がってしまったのだろうか?もう清貧とか、滅私奉公という言葉はとうに死語になってしまったのか?高家賃を追及されて、自分たちが決めたのではない「準備室が決めました」と他人のせいにしているが、準備室の室長は規制庁の次官だからフザけた話。

  こんなに厚顔無恥になったのは小泉首相以来ではないかと思う。約束違反や食言を指摘されても「それがどうした」とカエルの面にしょんべんだったことは記憶に新しい。日本の最高責任者が役人どもに知らぬ存ぜぬで好き勝手やって構わないんだと教育した成果。しかも民主党素人政治家がトップになって、役人の言うこと鵜呑み丸のみ、役人の言っていることの裏をチェックできる能力もないから、完全な役人天国になってしまった。小泉は「自民党をぶっ潰す」といったが、結果は日本の政治をぶっ潰して、おまけに日本のモラルもぶっ潰してしまった。

  規制委員会の田中委員長は「他人の財産に対して廃止しなさいという権限はない」と自らの役割の放棄宣言をして平気な顔をしている。こいつなら原子力に反対しない、こいつなら絶対に原子炉を止めろとか言わない、という条件で選ばれたことは見え見え。こんな職務放棄のやつに年間数千万円の報酬が支払われるのだ。しかも復興予算から。こいうことをチェックできないことを一つをとっても民主党に日本をよくする力が無いことは明白だ。そんな力のない民主党でも、日本をダメにする強大な力をもっていることは、今の日本の最大の不幸だ。

<この節終わり>


2011年10月29日  モラルの破壊はどこまで可能か

ものすごいモラル破壊の中国

  今年(2011年)10月21日朝、中国広東省佛山市で起きた女児ひき逃げ事件の被害者・悦悦ちゃん(2才)が死んだ。幼児が車に轢かれて死んだというのなら日本でもそう珍しいことではない。が、この事件のものすごいところは、この幼児は2度も車に轢かれ、18人もの人が轢かれて血だらけになっているこの子の直ぐ傍を次々に知らん顔をして通り過ぎていることだ!!!高速道路でもなんでもなく、人通りのある商店街のようなところでの出来事なのだ。

  この事実はたまたま監視カメラに一部始終が記録されていたために明らかになった。最初に轢かれて地面に横たわっている子の傍を何人も知らん顔をして通りすぎる。そのうちに2台目の車が避けもせずに路上の子供を轢いていってしまう。それでも通行人は知らん顔をして通り過ぎる。本当に足元に子供が血だらけになって倒れてるのにだ!! ようやく19人目の老婆が子供を救い上げて助けを求めた。この老婆は共産党の教育を受けておらず、ネットも無縁な階層の人、つまり近年の中国人風潮にそまっていなかったから助けることができたのだという中国人のコメントがあります。

  この監視カメラ映像がネットにアップされ国外にも流出、これが各国のTVで放映されたため、事件は世界中に評判になった。世界は中国人のモラル破壊にあっけに取られたのだ。日本のテレビでは放映されたのだろうか?最近テレビを見ていないので判らないが、放映しなかったのではないかと思う。これを放映したら、中国はとんでもない国だという大評判になるだろうから、そういう「中国を傷つけるようなこと」を日本のマスコミがするはずが無い。どなたか「日本でも放映したぞ」とご存知の方がありましたら、教えてください。もし、日本でも放映したのなら日本はまだ救いがあります。隣国の悪いことは放映しちゃいけないよ、などとバカなことを考えているようでは日本はおしまいです。武士の情けだろうが、中国の報復を恐れてであろうが、どちらの理由であろうがおしまいです。

  なお、この事件は特殊なことではないという中国人自身の嘆きも寄せられています。というのは、この事件以前に倒れた老婆を助け起こした青年がその老婆に「(この男に)突き倒されてケガをした」と訴えられて裁判で負けて莫大な金を払わされたという有名な事件があるのです。青年が(老婆を)突き倒したのでないなら、(本当に突き倒した)犯人を追いかけたはずだが、それをしなかったのは青年が犯人だからだ、というものすごい理由で裁判に負けたのです。この理由を見ても中国はまともな国でないことが判ります。判断基準がいかにも中国共産党の考えそのものです。こんな事件以来、中国では「誰かが倒れていたら助けますか?」という問いに「助けず見捨てておきます」という人の割合が8割近くになっているのです。「私はあなたを訴えません」という誓約書にサインさせてからでないと助けないという嘘のような話も伝わっています。この部分だけ見るとアメリカのようになったのか?とも思いますが、さすがにアメリカでも幼児が血だらけで横たわっていたら無条件で助けると思います。知らん顔をできるところが中国の怖いところです。

  水に落ちた中国人女性を中国人は誰も助けなかったところ、米国人旅行者(女性)が水に飛び込んで助けたことに対して中国人は「英雄面をするな」という批判を寄せたりしています。

中国共産党に破壊された中国

  今月(2011年10月)山東省臨沂市瀋泉庄村で開かれた第11回中国村長フォーラムには多くの村幹部がベンツ、ロールスロイス、BMWなどの高級外車で会場に乗りつけた。ある村の主任は1億4300万円相当のキャンピングカーで乗りつけた。中国の農民の平均的年収でこれを買おうとすれば2000年必要ということで、絶対に買えるものではない。

  汚職や村の財産を勝手に売り飛ばして私服を肥やすことが蔓延しており、上級幹部ほど大金持ちなのです。

  昔 共産主義というのを習ったころ(もう50年以上前の話、ちなみに学校の校歌は「窓にみる 富士の高嶺をそのままに よろずの国にさきがけて あらゆる武器をうちすてた 文化日本の国民と 私たちはなるのです 万歳 烏山小学校 奮え 烏山小学生」というもので、私はこの校歌が大変好きでした。今でも好きです。「文化日本の国民(くにたみ)と/私たちはなるのです」とは何と気高い心意気でしょうか。)は、「共産主義で財産はみんなで共有。うん、集団農場などもなかなか良い制度じゃないの、もしかしたら理想的世界ができるかもしれない」などと思ったものです。しかし、子供ゆえ現実にはどうなるかの考察ができていませんでした。現実の仕組みとしては、共有などということはできないのです。「共有=特定のだれかによる管理」にしかならないのです。この特定のだれか、が現実の共産主義の場合過酷な闘争を勝ち抜いた幹部であり、これを批判することが失脚(往々にして失脚=死です)につながるのですからまともな世の中になるはずがありません。

  特に、今の中国の方針「先に金持ちになれるものから金持ちになろう」が汚職、利権アサリに拍車をかけています。農民の土地を涙金で取り上げて(土地の私有はありませんから、農民は使用権をもっているだけ)高額で大企業やデベロッパーに売り飛ばし(使用権を与えて)、得た莫大な金は農民に還元せずに自分の懐に入れるという錬金術が中国中で大流行。これなら下層農民の暮らしをかさ上げして皆で金持ちになるよりも簡単に、権力者は確実迅速に金持ちになれます。中国人の大金持ちはおおむねこうした仕掛けを利用して大金を手にいれた者たちです。というか共産党幹部はみんな大金持ちになることに血道を上げています。なにしろ(貧しい農民は放っておいて)「金持ちになれるものから金持ちになろう」とお墨付きが出ているのですからねぇ。こんな幹部連中が、自分の地位にしがみつき、絶対に失脚しないように、農民はそっちのけで蓄財に血道を上げるのは当然ですね。

  で、冒頭の村の幹部ですが、本来の共産主義なら、こうした幹部は一般農民と同レベルの収入であるべきで、年収の1000倍以上の金でないと買えないような車を持てるはずがないし、一般農民を差し置いてこうした車を持とうとは思わなかったはずです。しかし、上のように目の前に大金をぶら下げたことと、中国共産党の歴史が古いモラルを全部破壊しつくしてしまいました。

  文化大革命のときは親や肉親を批判対象の槍玉にあげて自ら殴打するようなことが公然と行われ、そうした行為が賞賛されました。このほかのいろいろな共産党のxx運動のたびに、肉親の情よりも共産党への忠誠、友情よりも自分の地位の保全、とあらゆる(以前の)善が捨て去られてしまいました。村の幹部は自分さえよければ農民がどうなろうと知ったことではないのです。だいたい、農民が困窮しているからといって共産党幹部が批判されることはもうあり得ないようです。毛沢東の大躍進運動で数千万人が餓死しましたが、農民の前で毛沢東が批判されたことはありません。こんなに大勢殺しておいても今なお英雄なのです。農民がどうなろうと自分さえよければ良い、自分第一と考えるようになっても不思議ではありません。

  中国共産党によるモラル破壊はもっともっと進むでしょう。モラルがとことん破壊しつくされ、世界中から中国人とは付き合えないと拒絶されるようになるのと、モラルの破壊から社会の崩壊が進み国として自滅する(自滅する前に国民の目を外に向けるために日本などと戦争状態を演出するなどもあり得ます)のと、中国人自身が現状はおかしい、間違っていると考えて共産党支配をひっくり返すのとの競争です。隣国の者としては、モラル喪失を嘆く中国人が増え、いつか共産党支配をひっくり返えすことを願わずにはおられません。

<この節終わり>



2011年7月18日  まともな議論のできない日本

危ないと言えない日本

  だいぶ前の話だが 原発が存在する地域で避難訓練をやろうという提案を市がおこなった。そうしたら、なぜ避難訓練をする必要があるのか?安全なはずではなかったのか?避難訓練をするということは危ないというのか?とクレームが出た。「いや 危ないことはない」 「じゃ なぜ訓練をするのだ!」 となって避難訓練は取りやめとなったそうだ。 どうして日本人はこんなに極端に振れるのだろうか? 「危険を防止するためにこれこれのことをしたい。」、 「そういう対策が必要だということは危険だということだな。」 「いや危険ではない。安全の度合いを高めるためにやるんだ。」 「危ないということじゃないか!!」 これは議論ではない。

  文句をつける方は なんとか「危ない」という言葉を引き出して 「ほらみろ 危ないんじゃないか。そんなものはダメだ。」と喚きたがり、文句を付けられる側は「危ない」とは口が裂けても言えなくなり、ひたすら安全だと言い張るようになる。危ないと判っている側も「安全だ」と言い張っているうちに 安全だと自己暗示に掛かってしまう。 なにしろ「この危険を減らすために こういう対策をしよう」と考えることすら 安全でないということを認めることになってしまうから ひたすら危ないという可能性は排除して考えるようになる。 「これこれの安全強化策をやろう」という提案が社内で出ても、「そういう強化策が必要だということは、今は安全でないということを認めたことになるぞ」となれば そういう提案は引っ込めざるを得なくなるだろう。

  どこかの原発で配管が間違って接続されていることが発見された。現場は 正しくつなぎ直そうとして 監督官庁に訂正工事を申し入れたら お役所はなんと言ったか? 「訂正工事を認めたら 安全性に問題なしとして認可したのが間違っていたことになる。」 つまり 安全だと認可したものが安全でなかったということになってしまう。 誤りはあってはならないものなのだから 訂正工事は認められない といって許可しなかった。国民の安全よりも自分の面子が大事な腐れ役人。こいつらの給料に国民の払った税金が使われているかと思うと 本当に腹が立つ。

  どんな危険も「ない」といえば 無いのであり。間違った配管も「あり得ない」と言えば 存在しない。こんなことがまかり通っている国は日本のほかには中国くらいしか無いのではなかろうか?

  アポロで人間を月に送り込んだアメリカは、ミッションが失敗して宇宙飛行士が死んだ場合に備えて、大統領が発表するメッセージをあらかじめ録音しておいたそうだ。 日本ではこんなことは絶対にないだろう。 しかし こういう場合にも備えておくというのが計画というもので 失敗した場合のことは考えたくないからうまくいった場合のことしか考えないのでは計画とは言えない。日本人は計画のできない民族になってしまったのだ。戦国時代はちゃんと計画していた。負けたときのことも考えて手をうっていた。 平和ぼけになって 「誰も責任を追及されない なあなあ社会」ではよいことばかり言っていた方が得なのだ。

  今の原発議論は、まともな議論ができていない典型。危ないから廃止をいう側は ひたすら「危ない」「危険性がある」という言葉を引き出して それみろ だからダメだと喚きちらし、 存続を主張する側は ひたすら「止めたら 電気がなくなるぞ」「経済が破綻するぞ」と恫喝して「だから運転再開しろ」と喚き散らす。 危険なものは 危険だと認識して 安全性を高めることをしなければいけないのに、だ。 だいたい30年も40年も前に作られた原発の安全対策が昔のままで良い訳はないだろう。自動車だって昔はエアーバッグなど無いのが当たりまえ、というかそういう発想すらなかった。今ではエアーバッグを要らないとか 無くてよいとか言う人はいないだろう。原発だっていろいろな事故を経験して進化しているのだ。 安全性は低い(今より高くすることができる)ことを認めて 安全の強化策をほどこすべきだ。 強化が必要だという提案がでてきたときに ほらみろ 危ないんだろう 廃絶しろ という議論をすべきではなかろう。でないと まともな議論ができない。

  もっとも 原発からでる放射能汚染物質(使用済み燃料ほか)や廃炉(必ず何十年かの寿命が来れば廃棄が必要)の場合の放射性物質の処理・保管を考えると原発というものは産業として成り立たないものかもしれない。 原子力政策を推進している人たちが そういうのは先の話、 自分たちが生きているあいだは問題にならない、と無責任に頬被りしているなら 大変な問題だ。 そして 頬被りしている可能性が高そうなのがなんとも恐ろしい。

<この節終わり>



2011年5月19日  無知は恐ろしい

無知は恐ろしい

  [中国]公衆べんじょ と題する動画がYouTubeにアップされている。上海にある有料トイレの内部を映したものだ。「日本の価値観で他国の民度を測るのは傲慢だよ。」という極まっとうなコメントも多く寄せられているが、「中国人きたない」ほか多数の非難が書き込まれている。こうした悪意の書き込みをしている連中は 日本の便所が昔どんなだったのかを知らないことは明らか。知っていれば、まともな感覚の持ち主なら、こうも口汚く罵ることはできるはずがない。

  だが、たとえ日本の昔の便所を知らないとは言え、まさに「日本の価値観で他国の民度を図るのは傲慢」なのだ。中国では排泄行為とか食事とか、生きるために必須の行為は他人に見せられない恥ずかしいことではないのだ。だから他人に見えるところに下着を干したりしてもなんら恥ずかしいことではない。一方で人前に裸をさらすことは彼らから見ればとんでもない恥知らずな行為であり、温泉などでの混浴も獣の行為とされている。この点を彼らの目から見れば 日本はとんでもない恥知らずな国なのだ。

  だが、お互いに そういう文化なのだと知り、自分の尺度で相手を測ることを止めれば このようなことで相手を嫌ったり憎悪したりすることはありえない。嫌悪のコメントを寄せている連中は相手の文化を知らないし、自国の過去を知らないのだ。まさに無知がなせる業で まことに無知とは恐ろしい。そういえば、この悪口を寄せている連中は 「日本人は鯨を食うから野蛮だ」といって騒いでいるグリーンピースとまったく同じ考え方をしていることに気がつく。

<この節終わり>



2011年5月16日  危機管理能力の喪失

危機管理能力の喪失

  東日本大地震直後の原子力保安院のTV会見、「詳しいことは判らない。調べているのでその報告を待っている」という。何を聞かれても「今調べている。 調査している」。幾日か経っても同じようなことを言っている。なんか変だなぁ。変なはずだ。驚くべきことに、自分(保安院が自らの組織)で調べていた訳ではないのだ。だれかが調べるのを待っていたのだ。なにもせずに東電が報告書を持ってくるのを待っていたのだ。

  こんなバカげた話があるだろうか?責任ある組織なら自ら調べるのがあたりまえで、だれかさんから報告がないから などと言い訳をするこの無責任さ。 国難とも言える大問題なのに何もしないで対策の中心に座っているかのようなこの組織は有害無益だ。こんなやつらがのうのうと税金で飯を食っていたのかと思うとまったく腹が立つ。

  しかしTV会見での記者の質問もこうした点については誰も追及しない。自らは何もせず、記者クラブでぶらついていて垂れ流される情報をそのまま記事にすることが取材だと すっかり飼いならされた記者には 考える能力がゼロになっていたのだ。 もっとも東電から大量の宣伝費をもらっているマスメディアは東電や原子力の悪口を言えるはずがない。いつのまにか日本は、金をばらまいて手なずける、金をもらったら言いなりになる ということが大手を振ってまかり通る社会になってしまっていたのだ。

  TVでいい加減な解説をしてる御用学者しかり、彼らは原子炉の専門家ではないのだ。 それなのに炉心はどうだ とか 被害は拡大せずに収束するはずだとかデタラメばかりいっている。いくら金のためとはいえ矜持というものが無いのか!! もっとも林羅山の時代から御用学者というものは どんなに捻じ曲がったことでも平気でやってきた。 嘘をつこうが何をしようが良心には恥じないのだ。彼らにとっては飼い主に尻尾をふることが一番大事なのだ。

  ところで、いろいろな組織に自分の指示でいろいろと対策をさせている だから俺には指導力があると思っているアホな総理大臣 管 直人。 非常事態には既存の組織はたよりにならないことが判っていないバカ。 既存の組織は今まで責任を負って(本当は責任を負ったことなどないが)やってきたのだから、対策が甘かった とか 不備があるのは判っていたが金が掛かるからやらなかった など自分に責任が及ぶことにつながることは口が裂けても言う訳がない。自分に責任が及びそうなことには何を措いても蓋をするということが判らないのか!?  いやいや、そんなことは判っているのだろう。だが何よりも保身を考えたら いままでの責任者の首を挿げ替えるなどという抵抗の多いことはやらぬほうが良い。いままでの組織の顔を立ててやれば、そいつらは自分を恩に着て、自分に対して総理を辞めろなどとは言わないだろうと考えての所業だろう。ついでにこの国難を利用して自民党との大連立でもできたら自分の地位は安泰だという発想なのだ。今回の震災・原発事故は「日本の危機」ではなかったのだ、「自分の地位の危機」なのだ。バカ総理しかり 原子力保安院しかり、東電の社長しかり、これまで美味しい汁を吸ってきた連中の地位の危機なのだ。そして、こんな国民不在 保身しか頭にない総理大臣がこの国難にあたって最高責任者であることの日本の不幸。自民党はもうだめだ、自民党以外ならすくなくとも自民党よりもましだ、と思っていたが とんでもなかった。民主党は本当に糞だった。

  こうした日本のトップレベルの程度というのを見ていると、つくづく日本はもう戦争はできない国になったのだと思う。 というか どんな国と戦っても絶対に負ける国の組織に成り下がったと確信できる。危機管理がちゃんとできない国が戦争に勝てるはずがない。いくら最新の兵器をもっていても人がこのダメぶりでは役には立つまい。 もちろん経済戦争でも政治レベルでは決して勝てないだろう。民間企業がいくらがんばっても政治外交レベルでの経済戦争には勝てなくなっているのだ。こんな情けない連中を選挙で当選させてしまった日本国民。 議論をしてはいけませんよ なかよくしましょうね みんな平等なのよ(だから駆けっこで一等も二等もないのよ) 先生と生徒は(対等な)お友達よ というアホな教育の成果はすでに充分に現れたのだ。そして 民主主義というのは民衆が目覚めていないと本当にろくな結果にならないことが証明されてしまった。こんなことが証明されても何の役にも立たない、我々国民が不幸なことに変わりはないのだから実に虚しい。

<この節終わり>




2011年1月14日  教育訓練給付金 ばら撒きの制度

教育訓練給付金

  職業訓練教育を受けてお金がもらえる制度をご存知でしょうか? 失業中に¥の心配をせずに受講に専念してもらい、就職に必要な技能を修得してもらおうという制度です。受講者には、保有資産などの支給条件をクリアしていれば、月あたり十数万円が支給されます。

  大変結構な制度ですが、問題なのは受講者の主目的が給付金の受け取り つまり ¥目当てであることです。なにしろ教室に行くだけで仕事をせずにお金をもらえる のです。講座内容を自分のものにしてやろうという熱意に欠ける人が多いのも当然かもしれません。最終回の給付金が支給がされたら「明日から来なくても (¥を)返せとかいわれないよね?」といった発言や 月の出席日数が足りず給付金が支給されなくなると以後は(講座月数はたくさん残っているのに)出席しない といったことがこのことを良く示しています。(出席日数不足などで給付されないと以降の支給は打ち切りです。)

  この訓練教育は受講者だけでなく教育を実施する側(教室経営者)にとっても大変美味しい。受講者は支給金をもらうくらいですから 受講料は払いません。受講料に相当するものは国から教室に支払われます。そして受講者集めにはハローワークの後押しがあります。このため多数の業者が職業訓練教育ビジネスに参入してきて、訓練を行う教室が雨後の筍さながらにできています。訓練教室のパンフレットを配るビラ配りの姿をハローワーク前の路上で目にされた方も多くいらっしゃると思います。まさに砂糖に蟻が群がっている状況です。


  この部分 2011年10月29日追記:  今年(2011年)に規則が若干改正になって、職業訓練を実施できる機関に新たに制限が設けられた。今までは、独立した教室(事務室といけいけでつながっていたりしてはだめでちゃんと教室が仕切られた設備)でやることなどというのが条件だったのだが、新たに加わったのは、暴力団関係者は職業訓練実施機関としてはNGという条項が加わった。これを見ても暴力団までが職業訓練ビジネスに参入して甘い汁を吸っていたことが解ろうというもの。生活保護も暴力団が食い物にしているという話もある。金をばら撒いて何かを良くしようという能無しの考えることは全部破綻している。こんなことに税金を使うな。   追記終わり


  教室の経営者にとっては 訓練教育=金のなる木 ですから訓練教育の継続的実施と受講者増加(減少防止)に最大の努力をします。講師が受講者を叱ったり、厳しく接してないようにガイドすることも そうした努力の一環。時折ハローワークから受講者に様子のヒアリングがあります。ヒアリングの折に受講者から 先生が厳しい とか 教え方が悪い(講師が「自分で調べろ」などと言ったら大変です) などあれば、さっそくその筋から教室経営者に「だめだよ そんなことじゃ 認可を取り消しますよ」とクレームが入れられます。認可が取り消されたら美味しい収入が無くなってしてまいます。そうならないように最大の経営努力を払うのは致し方ないこと。

  受講者自身や講師や教室の責任者、つまり教室経営者以外の誰に言わせても「こんな甘い制度って いいんですかねぇ」と言わせるような制度、いや、経営者も「いいんですかねぇ」と思っているであろう制度に私たちの払った税金は使って欲しくない。

  だいたいこんな制度が上手くいくと考えた役人(政治家)の頭がおかしい。ばら撒かれる金目当てに人が群がってくるのはあたりまえ。この制度が本当に役立つようになるための仕掛けをどう考えたのだろうか? 金融資産額で制限をつけるといっても昨今の個人情報保護が行き届いた状況ではいくらでも預金隠しはできるし、生活全部親掛かりで¥には困らない人でも受給している。教室がちゃんとした教育をやっているかどうか受講者に聞き取りをする、といっても 子供が落第させられたと大学に怒鳴り込んでくる親がいる時代に 聞き取り内容を正しく評価できるのか?講師がちょっと厳しいと(講師が一生懸命になれば自ずと力も入る)受講者は「先生が怖い」といい、お役所は怖い先生を置くような教室は認可を取り消すと教室経営者に圧力を掛け、教室経営者はそのような事態を避けるために生徒には触らぬ神に祟りなしになる。結果 教室での受講態度に無関係に在席さえすれば¥がもらえるという大変結構な制度になることぐらい簡単に予想できるはず。

  この制度は即刻廃止して 使われている膨大な金を労働市場の需要を掘り起こす側に使うべきでしょう。労働市場の供給サイドを強化(教育によるレベルアップ)をしても今は需要が無いのだから無意味。需要の拡大策こそ真に要求されていることだと思います。

  それにしてもこんなことに大金をばら撒いて「良いことをやっている」と考えている連中に本当に腹が立つ。というかその程度の連中が日本の舵取りの一翼にいるということが情けない。子供の減少で経営の苦しくなった塾連合の政治圧力で始められた制度かもしれないが それならそれで「圧力団体に他人のカネ(国民の税金)をばら撒いて 国民の皆様のためにやっているのですよというような顔をするな!」と言いたい。

  なお、何事にも例外はありますから、訓練受講者の中には技術習得に熱心な方ももちろんいらっしゃることは承知しております。

<この節終り>




2010年8月8日  むちゃくちゃな中国(その3)


  農民から土地を取り上げてその代償を払わないで自分の懐に入れる、工場の公害を訴えてきた農民を逮捕監禁して口を封じる、もちろん工場から多額の上前を撥ねている。こんなことが中国のあらゆるところで起こっている。役人(共産党員)が私腹をこやすことのひどさはあきれ返るばかりである。これは共産党指導部が「金持ちになれるものから先に金持ちになれ」という考えを打ち出してから目に余る。と 思っていたら、陳舜臣の「中国五千年」(講談社文庫)を読んでいたら、明代の役人の中には国家歳入の何倍もの蓄財をしたものがいるというから 先祖帰りの現象なのだろうか?

  旱魃や洪水もひどい。旱魃や水害は天災ではあるが、たとえば吉林省で7月末に起きた洪水は人災だと伝えられている。ダムが決壊して洪水が下流の村を襲ったが、ダム管理者は警報を発しなかった。ダム直下の村の人は様子を見に来て決壊しそうだと知って早めに避難したから助かっているが、より下流の人は危険を知らず逃げることができなかった。こういった事情はもちろん正式には報道されていない。

  国が滅びる前の末期症状が中国全土のあちこちで起こっている。が、共産党が植えつけた恐怖はまだまだ根強く人々にしみこんでおり 天安門事件の弾圧も生々しい。軍が離反しない限り共産党の支配から中国が抜け出すことはまだ難しいのだろうか?

  しかし、私腹をこやす というのは日本にもある。規模の違いはあるが世界各地にある。米国で大赤字の会社のCEOが莫大な給与や退職金を取ったりするのも私腹を肥やすうちだろう。米国にくらべて経営者の俸給が安すぎるなどといい始めてから 日本でもこういう厚顔無恥な連中もはびこってきた。

  中国もひどいが 日本だって中国並みにはひどくならないという保障はない。子供を捨てる親、子供の給食費は払わないがパチンコには何万円とつぎ込む親、他人のことはどうでもよい輩 こういう連中が増えているということは、日本でもモラルが崩壊しつつあるということ。中国はモラルを共産党が壊したために現在の危機的状況を招いた。日本もモラルが崩壊したら中国並みになって不思議はない。

  モラルをきちんと叩き込むのは教育であるが、現在の日本の教育にはそれを期待できそうもない。が教育だけを責めてもいけないだろう。 政治家にモラルがなければだめ。学校で先生がいくら叫ぼうと モラルなしの見本(政治家)が闊歩していれば 子供への説得力はまるでないから、、、

<この節終り>




2010年7月13日  むちゃくちゃな中国(その2)となさけない日本


毒粉ミルク・有害食品


  旧聞に属することながら、、、、2008年に中国でメラミン入りの粉ミルクが原因で多数の乳幼児が障害を受ける事件がおこった。

  2004年にも品質の悪い粉ミルクで乳幼児が死亡する事件があったばかりだ。今回は食品ではないメラミンを食品製造会社が意図的に原料に混ぜたために起こった。このメラミン入り粉ミルクについてはウェブではいろいろな人がこの問題を当時取り上げたからいまさらここで挙げるのもなんだが、日本政府の及び腰の対応については声を挙げずにはいられない。

  牛乳のたんぱく質は成分分析をするときにたんぱく質そのものの量を測るのではなくて、窒素の量を測ってたんぱく質の量を計算する。だから牛乳に窒素の多い物質を混ぜるとたんぱく質に富んだ良い牛乳のように見える。食えないものでも窒素の量が多いなら、混ぜてたんぱく質が多いように誤魔化してしまえるというわけだ。

  メラミンは工業的に樹脂の材料として使われ「食品に使われない」というのは中国以外の常識で、中国ではそうではないらしい。メラミンはたんぱく質ではないが分子中の窒素の割合が多いので牛乳に混ぜるとたんぱく質の量が多い良い牛乳に見えるようになる。事件を起こした三鹿グループはたんぱく質比率を多く見せるために製品にメラミンを混ぜた。というか乳製品としてのたんぱく質含有量の基準に合格するように劣悪な原料にメラミンを混ぜたと言うべきなのかもしれない。この結果メラニンの毒性により乳児が腎臓結石などの障害を起こし、死者も出たのだ。現在中国で30万人近い乳児の腎機能に問題があることが判っている。

  三鹿の株の43%はニュージーランドの会社 フォンテラ社が持つ。今回メラミン混入を知ったフォンテラ社の現地社員からの製品回収の訴えは中国側に無視された。自社に傷がつくことを恐れたフォンテラ社はニュージーランド政府に働きかけた。ニュージーランド政府は自国の農製品イメージ悪化を恐れ中国政府に連絡、これで中国政府も問題を認めたらしい。三鹿は倒産したからフォンテラ社は自社の投資を回収できず 補償問題にも追われることになる。これじゃ危なくて こんなむちゃくちゃな中国との合弁は組めない。

  三鹿の粉ミルクは中国政府「国家質量監督検験検疫総局」によって優良商品と認定されていた。検疫総局のトップはもちろん共産党幹部であり問題が発覚して検疫総局は辞めたが幹部としての待遇は格下げされず、栄転すらしている。三鹿の経営トップは例によって死刑(2009年判決)。民は罰して、官はお咎めなし は日本も同類だ。


  この毒ミルクの影響は中国国内にとどまっていない。安価な製品供給センターである中国はこのメラミン入りの製品を世界中に輸出している。日本でも国内の何社かの製品から中国のメラミン入り乳製品に由来してメラミンを検出したため自主回収などが行われた。



   ところでこの毒乳への対応だが、日本の厚労省などの対応ははなはだお粗末。国民の健康を守ろうという気概などまるでない。

  基本的には中国から乳製品を輸入している企業に「メラニンが入っていないか調べて 入っていたら使うな」という指示を出して 輸入手続きの保留をしているだけ!! 輸入禁止にしている訳ではない。みずから中国の乳製品の安全性を確認して輸入禁止にするなど 国民を守ろうという迫力や、中国にクレームをつけるという気迫もない。

  さっするに輸入禁止にしたり強いクレームをつけたりすると中国政府から仕返し(靖国問題や南京虐殺問題などを蒸し返される)をされることを恐れているとしか思えない。2006年には中国が日本の新輸入食品検査基準に報復して 日本の化粧品にクロムなど有毒物が入っていると宣伝し、販売店が暴徒に襲われるた。中国なら何でもやりかねないが 事なかれ主義で口をつぐんでいるべきではない。こんなにあきらかに中国側に原因があり日本国民の健康が脅かされている(国内でメラミン入りの菓子など見つかっている)のに文句をつけないというのはいったい誰が主権者だと思っているのか。いいかげん中国の顔色をうかがうのは止めるべきだ。靖国問題や南京虐殺問題などだされたらきちんと議論して自国の主張を通すべきだ。事なかれ主義が見透かされて中国にバカにされているのが賢い役人にどうして判らないのだろうか?

  今のこのでたらめな中国は必ず崩壊する。こんな国が存続できるはずがない。中国に対して確固たる態度をとっていれば、新中国となったときに中国国民に日本はきちんと見直されるだろう。しかし いまのような卑屈な態度でいたらな新中国に日本が見直されることはないだろう。

<この節終り>



2010年7月10日  むちゃくちゃな中国(その1)


エイズ村


  中国にエイズ村というのがあるという話はどこかで聞いていた。売血によるものだということも聞いていた。 それにしても村全体がエイズに罹るというのはひどい広がり方。 まあ輸血用の針の消毒なども不十分なのだろうなぁと漠然と思っていた。

  最近 大紀元という法輪功のニュース記事(http://www.epochtimes.jp/jp/2005/07/html/d95799.html)を読んでびっくり。というのは中国での採血は日本と違って「単採」というやり方で行っているという。「単採」というのは 採血した血液から血液製剤に必要な部分だけとりだして残りを人体に戻すやり方。戻すときには他人の血液を混ぜて戻すことになる。 これじゃ エイズも肝炎も広がり放題。一村全員が売血を何回かするなら もし一人でも感染していれば全員感染もあっという間だろう。たとえ 始めにはその村には感染者がいなくても ほかの村で使った器具を消毒不十分なまま使いまわすだろうから安全な訳がない。

  もともとは 1995年ごろ中国で血液不足となり血液ビジネスがブームとなり これに目をつけた役人が村民に売血を奨励した。村だけでなく工場、病院、炭鉱、人民委員会などみんなが血液販売に乗り出した。一回の売血で農民の年収の1割ほどのカネが手に入ったから10回も売血すれば1年分稼げた。だから村人みんなが血液ステーションに売血に押しよせた。売血で新しく家を建てた農民もかなりいるそうだが そうした家では誰かがエイズで死んでおり 家族も罹患している。また、今でも貧しい農民は売血に頼っている。売血がこんな良い金になるなら 売血を止めて普通に百姓しろよ というのは無理な話だろう。もちろん 農村だけでなく都市部でも売血でカネを稼ぐ集団が多数いる。

  役人(政府)は売血を奨励するにあたって、「単採」なら井戸水のようにいくらとっても血液が減ることはないと宣伝した。エイズが村全体に広まったのはこの「単採」と不完全な消毒にあったのだが、これはまずいから止めようということになっていないようだ。そもそも 中国政府はエイズ村の話を隠しており 反省の色もない。2005年に温家宝首相が河南省の現地を訪れて対策を約束したというが 無視できなくなっただけで 反省をしている訳ではなかろう。反省をしたのなら責任者の処分とか情報の開示とかあってしかるべきだが 一切ないのだから。

  反省するということは非を認めることだから 独裁者である共産党政府が「反省する」ことはあり得ないだろう。 中国のエイズ問題を調査し出版広報活動により このエイズ村のような問題に警鐘をならした中国人 高耀潔医師は政府から迫害を受け この問題について発言を続けるためには結局米国へ亡命せざるを得なかった。

  それにしても こんな問題を起こしておいて 政府は責任をとらず問題を隠し 警鐘を鳴らすものを迫害する。中国のこういうひどさは北朝鮮なみと言っていいのだろう。2009年の 国連エイズ合同計画(UNAIDS)と世界保健機関(WHO)発表では現在中国のエイズ感染者と発症者はおよそ74万人と推定されている。恐ろしい話だ。

<この節終り>




2010年6月17日  食い違い ないし 思い込み

食い違い ないし 思い込み

  人はなかなか相手の立場に立って考えてみることができないのはなぜだろうか?,,,,,,,,こんなことが数ヶ月前にありました。

  今流行りの職業訓練講座を受講しました。JAVAのアプリケーションとしてショッピングサイトを作れるようになること JAVAプログラミング能力検定2級の実力をつけよう というのがこの講座の目玉です。生徒数は30数名と教室一杯の人数からスタートしましたが2ヶ月ほどたつと10名以下に減りました。この講座は国の緊急人材育成事業の一環。だから受講者は一定の資産所得要件を満たしていると十数万円の給付金がもらえる。ただし 一ヶ月の出席日数が所定の日数に足りないと それ以後は給付金をもらえない。もらえなくなったら 出席してもしようがない ということらしい。どうも技術能力を身に着けるよりも給付金が主目的?この制度は早く止めて雇用を作り出すことにその金を使うべき。 が、問題はこの給付金でなく 講座の中であった 講師と受講者の以下のやり取り。


  A講師はJAVAなどWebまわりには数十年のベテラン、当然いろいろよく知っており、我々受講者とは雲泥の知識の差がある。講座内容は難しいから ちょっとした勉強で習得するのは無理 とA講師は考えている。B受講者はソフトウェアに土地勘はあるようだが このJAVAの開発環境などには習熟しているわけではない。だが講座に最後まで残っていた人だからそれなりの力のある人。

  B受講者:「マイクロソフトのデータベースからMySQLデータベースへの変換(移行)はどうやるの?」
  A講師:「そんなことなぜ聞くのか?そんなことを自分で解決できなくてどうするの?この講座が終わったらあなたはもう聞く人もいないんだよ。自分で調べて自分で解決できなくて どうしてこの世界で飯が食っていけるの?(私は教えないよ、自分で考えなきゃ、、)」


  これはある意味もっともだが ヒントも出さないのでは講師が存在する意味がないように思うが これはB受講者が引っ込んで収まった。
  こんなことやら その他のやり取りがあって ある日、


  B受講者:「(講師お勧めの開発環境を自宅のPCにインストールしていろいろやってみているが)Webサーバが起動できないのだが なぜか?」 
  A講師:「○○はどうやって設定してあるの?」
  B受講者:「△△はこうこうしてあるのだけれど 動かない」
  A講師:「□□は削除してあるの?」
  B受講者:「◎◎はこうしてあるんだけれど どうしてダメなのか?」

  ここで○○と△△、□□と◎◎とはほとんで関係がない、要は質問と回答がかみ合っておらず、「山の天気はどうでした?」と聞かれて「海は良い天気だったけど」というようなもの。

  こんなやり取りが若干続いたあと 突然A講師が切れて

  A講師:「あんたはどうしていつも人の言うことを聞かないの!! なんでも一人でできるんでしょうねぇ。あんたのような人とは絶対一緒に仕事はしたくないね。(そんなに人の言うことを聞かないのなら)一人で勝手にやってれば。さぞご立派な仕事ができるんでしょ。」
  受講者一同声もないが、、、こうまで言われては B受講者は憤然席を立って退席。



  A講師からすれば 問題を解決するのにいろいろ条件があるが そのうちこれはどうなっているのか?と聞いているのに B受講者はこの質問を無視して 自分の言いたい事だけ言っている、 なんでまともに応えてくれないんだ! ということだろう。
  一方 B受講者から言えば 自分が一番わからなくて困っているのは そこではなく これなんだ。 あるいは、それ(講師の質問)以前の問題として これが判らないのだ それを教えてくれたら前進があるはずなのに どうしてそのポイントを教えようとせず 別のことに話をそらすのだ ということかもしれない。

  お互いに言い分があるのだろうが どうしてこんなことになってしまうのだろうか?
  講師は受講者より判っているのだから「受講者はなぜ講師の質問にまともに応えないのか?こりゃポイントが判ってないな。△△よりも○○のほうがこういう理由でポイントなんだよ だからまず ○○ をどうしているのか応えてくれなくては話が進まない」と一歩引いて説明すれば受講者に非難を浴びせることにならなくても済んだろう。
  受講者は「どうして○○のことを聞くの?自分は△△の方が気にかかるのだけれど ○○って何なのか教えてくれ」と講師が受講者の心配ごとを判っていない可能性を考えて対応すればいきなり頭ごなしに非難されることもなくて済んだろう。

  相手は自分(の言っていること)を理解していない可能性がある、あるいは、自分は相手を誤解している可能性がある、とちょこっと思いいたせば やり取りに食い違い(すれ違い)があるということはすぐに気がつくはず。ちょっと相手の立場に立ってみれば良いのに。しかし 現実には相手のことを考えてみる余裕もなく 上のような喧嘩別れに終わっていることが多いのだろう。


  ところで A講師いわく「JAVAなんかできるようになってもそんなソフト技術者は掃いて捨てるほどいる。就職に有利なんてならない、なんせ技術者はあり余っているんだから。ところが優秀なSE(客とコミュニケーションをとってニーズを聞き出し これではどうか?と提案のできる人)がいない。まったくの人材不足でコミュニケーションの取れる人は引っ張りだこだ。」 今回の話はこれが裏付けられたということだろうか。

<この節終り>