外乗を楽しむ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

裸馬外乗 馬に乗れば、人が歩くのに難渋する深い草原でも楽に行ける。しかも、人が歩いたり走ったりするよりも何倍も速く。坂道もぐんぐん登れて、簡単に高いところへも登れる。こういう馬に乗るメリットを体感できるのが外乗。

 しかし、馬で走り回っても他人に迷惑をかけないというと相当な原野、山中、海岸以外には日本ではそういう環境がない。で、外乗を楽しもうと思うと、かなり遠い施設に行かなければならないのがつらいところだが、その分 景色ときれいな空気は満喫できる。

 小鳥の声を聞きながら緑の中をゆったりと歩けば心身ともにリフレッシュ。爽快に風をきって駆ければ蹄の音も心地よく、、、なかなか機会が無いが やってみればやみつきになるでしょう。自然も美しい春秋は特にお勧め。

外乗の形態と予約のポイント 2015.6.26更新
 外乗にもいろいろな形態(みんなで行列して、あるいは、てんでにバラバラ勝手に、など)があるので、どのような形態の外乗を提供しているか確かめておかないと、期待外れになったりする。
外乗のリスクについて 2015.6.26更新
 外乗は楽しさが大きい分、リスクも大。どんなリスクがあるのか知りつつ乗るのと、知らずに乗るのでは大違い。
外乗技術と馬場技術 2015.6.6更新
 外乗技術という特殊な技術がある訳ではないが、外乗特有の注意は必要。
外乗での乗り方 2015.6.6更新
 平坦で邪魔者のない場内馬場と違い注意しなくてはいけないことがいろいろあり。
裸馬外乗 2015.6.6更新
 裸馬外乗は究極(?)の自然志向。病み付きになるかもしれない。

外乗の形態と予約のポイント このページ先頭へ 外乗のリスクについてへ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る
・外乗の形態

 おおざっぱに分けて、下の表のような形態がある。ただし、それほどガチガチでもなく、オーナーと親しくなったりすれば、通常は「完全規制型」でも頼めば「完全自由型」で乗せてくれる場合もある。

 ここでいう「完全規制型」というような名前はこのWebページ内で勝手につけた呼び方。問い合わせのときに「完全規制型ですか?」などと聞いても通じないのでご注意を。

完全規制型
 勝手に走ったりできないが、初心者にはもっとも安全な形態で、初めてでも安心。

(1)必ず先導馬が付く。
(2)進む順番なども決められ、一列になって進む。追い越しなども禁止。先導の係りの馬の横に並んでもダメ。
(3)歩様も自由には選べず、速歩や駈歩はコースのどこでやるか決まっている。

部分規制型
 自由に乗れる牧場(草原)あるいは海岸などまでは行列で行って、牧場(草原)や海岸についたら自由にという場合が一般的。

(1)先導馬ないし、先導のバイクなどが付く。
(2)進む順番なども固定だが、「自由に乗っていいですよ」などと自由に乗れるところが用意されている。
(3)歩様は決まっているが、自由に乗れるところでは好きな歩様で乗れる。

完全自由型
 馬を時間貸しするような形態。駈歩などもできるし、気ままに乗りたい人にはとても楽しめる形態。

(1)先導馬は付かない。(道が判りにくい場合は、途中まで先導車やバイクでの案内あり。)
(2)コースはおおむね決まっているが、脇道にはいったり、同じところを巡り回ったりと好きにできる。当然リスクは全部自分で負う
 外乗コースが人目に触れ易い場合、馬糞(ボロ)を施設側で回収しなければいけない。このため、ボロを回収するためにも案内が付くことがあるので、まったく自分だけで自由に乗れるコースは非常に限られている。乗馬クラブ主催の外乗会などでは自由に乗れることが多い。

 アメリカでも昔(1980年頃の話です)は、「はい、いってらっしゃい(あとは知らんよ)」と勝手に乗るスタイルが多かったように思うが、落ちた人から訴えられることでも多くなったのか、自由に乗らせてくれないようになってきているように思える。ヨーロッパでは乗ったことがないが、スペインあたりだと自由にどうぞというのが多いらしい。

 完全規制型では、ここでは速歩ね というところでは、馬が賢くそういうところを覚えているので、乗り手の指示がなくても適当に走ってくれる。広い自然の中で自由に馬に乗って走るようなことを期待しているとストレスが溜まるが、初心者でも安心して乗れる。

・外乗予約時の確認ポイント

 外乗に行くときは、予約が必要。飛び込みで行って乗れる場合もあるが、一般的には予約なしでは乗れない。予約の際には外乗の形態などを含めてよく確認して、自分の希望をはっきり伝えておくことが大切。特に初めて行く施設はどんなところかよく判らないので、「こんなこと聞いていいのかな」というようなことでも遠慮無く確認しておくべき。

 以下のような点について確認しておくとよい。

ビジター受け入れの可否
ビジターで乗れるかどうか?ほとんどの外乗コースはビジターもOKだが、まれに外乗は会員だけというクラブがある。
先導の有無と自由騎乗の可否
先導馬は付くのか?、必ず先導馬の後をついてゆく形式で自由に走らせたりして乗ることはできないのか・できるのか?
先導馬が付くことが普通なので、自由に乗りたい場合は「ガイドなしに自由に走らせたりして乗りたいのですが、ガイドなしで乗れますか?」と露骨に訊くのがよい。
 逆に、初めてで不安な場合は、「初めてですけど、先導は付きますね」と確認。

 要は自由気ままに乗れるのか、ひたすらガイドのあとをついて歩くだけなのかを確認。
用意されているコースの概要
上と関連するが、所定のコースを一巡りしたら終了なのか、所定の時間内であればコース(道順)不問なのか?
時間制の場合は最長どのくらいの時間までOKなのか?
コースは農道、山道、原野、海岸(海中も込み?)、どのようなところなのか?海中深く乗り入れて良いなら、乗り手も水着。
人数
一人だとダメな場合もある。一人の場合は「一人ですが、乗れますね?」と確認。
複数人の場合も念のため「○人ですが、乗れますね」と確認。
一人ではダメでも、たまたま同じコースに出るに客がいるから、一緒にならOKということもある。
乗馬技術レベル
技術レベルについては経験鞍数をいうよりも外乗の経験(初めて、あるいは、どこそこで乗ったことがある)や、駈歩をしたい・怖いから駈歩はしたくない、などを伝える。
自分に合った馬を用意してもらうために、正確に伝える。
最初に馬場で乗せてレベルを見定めてから適当な馬を決める施設もある。
使うの種別
普段乗りなれた鞍が良いので、使用する鞍の希望を伝える。
ウェスタンとブリティッシュのどちらか一方しか用意していない施設もあるが、こちらの希望に応じた鞍を付けてくれる施設もある。
乗る馬の種類
馬はだいたいが施設側のお仕着せだが、「どんな馬がよいですか」と聞かれることもある。希望の馬種があれば伝えても良いが、「大人しい馬」「反撞の小さい馬」「多少鈍いくらいの馬」などと希望を伝える方が、施設側が馬を選ぶのに役に立つ。
なんどか乗ってなじみになれば、あの馬に乗りたいと個別の馬を名前で指定できることもある。
施設で借りられる装備の有無
ヘルメットやブーツを持っていない場合などは、レンタルできるかどうかを確認。
装備の予約も必要なら、しておく。
保険の有無
障害保健など当日現地で加入可能かなど確認。
特殊な依頼
裸馬で乗りたいなど、特殊な希望があれば可能かどうか、確認。
希望は遠慮なく伝える。
金額の確認
馬運車で馬を外乗場所まで運ぶなどの場合、人数によって一人当たり費用が変わったりする。レンタル装備や、保険なども含めて個々の費目ごとの費用と総額を確認。


海岸外乗(伊豆下田乗馬クラブ 弓ヶ浜での海岸外乗)
この外乗は完全規制型。「必ず先導馬の後ろについてきて、前に出たり、横に並んだりは絶対にしないでくれ」と言われたが、馬はたった二頭、「こんなに良い景色で乗るのに、前の馬のケツしか見えないのは情けない」と言ったら、「それじゃあ横に並んでもいいが、絶対に前には出てはダメ」となった。たぶん通常はこれも許してはいないのでしょうが、この日は他に客無し、お目こぼしでしょう。



カントリーロッジ森の四季の2時間外乗
田園を通って森にはいると、狭い森の中の道を進む、しかも道があちこち枝分かれしているから先導の後をついて進むしかない。完全規制型だが、一人だったこともあり一人で走っているところをビデオ撮影してもらった。

外乗のリスクについて 外乗の形態と予約のポイントへ このページ先頭へ 外乗技術と馬場技術へ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

 外乗は、大変面白く楽しめるが、場内とは環境も違うので、それなりにリスクがある。外乗にヘルメットは必須。文字通りこれで命拾いということもあるでしょう。

 しかし、「場外だから危ない、場内だから安全」と言い切れるものでもない。リスクがあるからと外乗に出ないとすれば、大変もったいない。それに、先導馬についてゆくスタイルの外乗ならかなり安全。「駈歩はどうも、、」とか言っておけば、みんなで暴れん坊将軍をしましょうということにはならない。

 外乗施設を選ぶことでも安全性は高まる。「大自然の中をゆったり馬で歩いて、、、」というようなうたい文句の施設なら、走ったりしないのでかなり安全。

 「思いっきり駈歩できます」が売りの外乗コースでは、馬はここでは走るんだとか憶えていて、猛烈に走り出して抑えられないことがあるが、そういう区間を過ぎれば勝手に走るの止めるからさほどの心配はいらない

注意しておかなければいけないリスクは以下のようなもの。

暴走落馬
リスク内容:
 脇から野鳥が飛び出したとか、馬がパニックになる可能性が場内よりも大きいので暴走落馬のリスクは大きくなる。

 先導馬について行く場合は、このリスクは単独の場合よりもはるかに小さい。

対処法:
 暴走の予兆をとらえて走らせないのが一番。暴走を始められたらなかなか止められない。
 ひたすら落ちないように姿勢を安定させ馬が疲れるのを待つ。余裕があるなら、手綱の片方を無理やり引いて馬の首を捻じ曲げるなどして速度低下を試みる。(ただしやりすぎると馬が転倒する恐れがあるので、慎重に)

 野鳥の飛び出しなどの場合、乗っている人が馬と一緒にパニックになるのが最悪
転倒落馬
リスク内容:
 路面の穴や、滑り易いもの(マンホールの蓋、凍結路面など)に足をとられ馬が転倒し、乗り手が放り出されたり、倒れた馬の下敷きになる。
 馬が疲れてきて足取りがおぼつかなくなって転ぶ可能性もある。
対処法:
 危険なものは踏ませないように馬を導く。

 路面の崩れやすいところや、滑りやすいところ、急傾斜地、馬の肢に絡みそうなツルやロープなどがあるところ、穴ぼこだらけのところ、石がごろごろしているところ、ぬかるみになっているところなどは避ける。氷の上は踏ませてはいけない。
横っ飛び落馬
リスク内容:
 脇から野鳥が飛び出したとかで、暴走しなくても驚いた馬に横っ飛びされて振り落とされる。
対処法:
 野鳥の飛び出しなど予想して急な横っ飛びなどに備えて体勢を整えておく。
ビビル恐怖する
リスク内容:
 横っ飛びをしないまでも、見慣れないものを恐怖して、バタバタを落ち着かなくなり、乗り手の言うことを聞かなくなる。

 恐怖が極まると、暴走、立ち上がりの原因となり、結果馬から振り落とされる。
対処法:
 恐怖の対象物よりも、乗り手に注意を向かわせることで対象物から注意を逸らせる。たとえば、片一方の手綱を急激に引いて首を捻じ曲げて乗り手に注意を向けなければいけないことを教える。(ただし、手綱を引くときは前かがみにならず、肘・肩を後ろに引く。決して前かがみになって腕を伸ばして、下にさげて引いてはイケない。落馬する。これは、外乗に出る前に予行練習をやっておくこと。)ウェスタンだが具定例はこちら。
物見
リスク内容:
 特に臆病な馬の場合、見慣れぬものがあったりすると、先導馬が進んでも、脅えて動かなくなることがある。
 何をしても前に行かなくなって、ぴたっと止まってしまう。
対処法:
 前進させようとしても後ずさりするだけとかの場合、崖際の道や橋の上などではとても危険。
 鞭や拍車を過剰に使って通らせようとすると暴走することもあり危険。
 無理をしないよう(引き返すなど)にする。
思ったコースを進んでくれない
リスク内容:
 単独だと、乗り手の技量や馬の気分によってか、乗り手が進ませたい方向に馬を進ませられないことがある。
 これをリスクと言って良いかどうか疑問だが、外乗が楽しいものでなくなってしまうので一種のリスクだろう。
対処法:
 先導馬付なら、先導馬が通れば、だいたいのところは後を付いてその方向に進んでくれるので、この心配はほどんどない。

 乗り手をバカにしている場合は適当に鞭や拍車で叱って進ませる。馬の我儘ばかり聞いていると、馬がますます乗り手の言うことをきかなくなる。
道草
リスク内容:
 乗り手が馬にナメられると、道の脇に生えている草に首の伸ばして歩きながら食べる。

 甚だしい場合は、草を食べるために止まって動かなくなる。
対処法:
 道草を許しておくと それはしても良いことだと馬が思うようになるので、草を食べようとしたらすかさず叱って止めさせる。
 物見などと違い、鞭などで叱れば道草はやめるから、遠慮せず叱らなければいけない。
野外活動一般のリスク
リスク内容:
 日射病、熱中症、虫刺され(スズメバチや毒毛虫など)、水難(川に落ちて溺れるなど)など
対処法:
 水分補給や日差し対策、虫よけなどをしておく。

暴走 いろいろリスクを上に挙げたが、外乗での一番の心配事はやはり馬に暴走されることだろう。

 暴走されたら 「絶対に疲れて停まるはず」と信じて、落ちないことに専念。6−700mも走れば必ずスピードは落ちる。輪乗りに持ち込んでだんだんと輪を小さくして止めろというが林道などを通る外乗では輪乗りに持ち込むことはできない。

 途中にちょっとした邪魔物や水溜りなどがあったら障害を跳ぶようにジャンプされてしまう可能性が高いので、そのようなものが前方に見えたらジャンプされても良いように体勢をつくっておく。

  「馬は賢いから、車や他の馬、人などにぶつかることは避けるだろう」と考えてはダメ。バカなのか急には曲がれないのか、他の物にぶつかることがある(YouTubeに画像がいろいろアップされている)から、必ず回避するだろうと期待して乗っているとひどい眼にあう。馬は他の物体に体当たりすることがあると想定しておくべき。馬の体当たりの衝撃力を考えれば、騎馬隊の突撃というのが大変威力があったのも解るような気がする。

 「馬場の中で他人の乗っていた馬が暴走した。暴走馬の進路に自分の馬を入れて暴走していた馬を止めた。しかし、暴走馬に乗っていた人に、礼を言われるどころか、睨まれた」、という話が2chにある。暴走馬を止めるためにその進路に自分の馬をいれると、暴走馬は自分の馬に体当たりしてくる可能性もある。馬と馬がぶつかれば乗っている人も馬もケガをする。暴走するだけなら、落ちたりぶつかったりしない限り、ケガはしない。運よくとまってくれたから良いようなものの、暴走馬の進路に自分の馬を入れて、暴走馬を止めるというのは危険行為。

馬は臆病 よく整備された場内と違い、外乗ではいろいろなものに出くわす。臆病な馬は、なんでもない物を怖がってパニックになったりする。道で新聞紙が風に吹かれてガサガサと動いて来たりすると、とんでもない怪物が現れたように怯えたりもする。こういうときは、馬はちらちらと乗り手の顔色を伺ったりする。なかなか可愛いもの。 馬が怖がってバタつくのにつられて乗り手が慌てたりすると、馬はますます怖がりバタつく。乗り手が安心している顔を見せて、落ち着けと声を掛けてなだめれば、馬も落ち着く。

 カラスなどがカアカアと上空を飛んでも、ビビッて動かなくなる馬もいる。このような場合も乗り手が落ち着いて、馬に「大丈夫だよ」と話しかけてやれば馬も落ち着く。

 観光地などでサイクリング客と同じところを通ったりする場合も要注意。「うゎー 馬だ」などという子供の大声で馬がビックリしてしまうこともある。何かあっても他の人を巻き添えにしないように 他の人(自転車、車も)には近づかないようにする。馬になれている車はクラクションを鳴らしたりはしないが、馬が臆病だと知らない人が運転していると 後方から来た車にクラクションを鳴らされたりするかも知れない。ちゃんと馬上から振り返って車を見て、運転手に「車には気がついているよ」と教えて脇へよけて クラクションを鳴らされないように注意する。


外乗技術と馬場技術 外乗のリスクについてへ このページ先頭へ 外乗での乗り方へ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

 外乗で馬に乗る技術と、馬場で馬に乗る技術に本質的な違いはありません。騎乗姿勢の安定や脚や手綱による扶助など基本は同じ。

 外乗の楽しみは場内と違って、自然と一体になって馬を駆る、あるいは、馬上から自然の景観を楽しむというところにある。だから、馬の脚の動きを細かくコントロールするような技術はいらないし、それに反応するような敏感な馬もいらない。というか、外乗にはむしろいろいろなことに驚かない、過敏でない馬が適している。

 非常にいい加減な把握だが、 外乗技術 = 馬場技術 ー 細かい動作のコントロール技術 + 急傾斜やデコボコ道での乗馬技術  ではないかと思う。これにエンデュランスなどでは馬の疲れ具合や体調を観察・把握する技術が加わる。「急傾斜やデコボコ道での乗馬技術」といってもそんなに難しいものでなく、例えば、急な登り坂では後ろにずり落ちないように体を十分前方に預けるとか、急な下りでは手綱を充分譲って馬が足元をしっかり見ることができるようにしてやるといった程度のこと。ガイド付きで外乗に行けば、この程度のことは場面場面に応じてガイドが注意してくれる。

 馬場内でのレッスンのように外乗技術をレッスンしてくれるところは無いように思う。これは外乗の体験回数を積んで経験的に習得してゆくしかない。ただし、やみくもに経験だけによるよりも、ガイドの話や体験者のいろいろな話を聞いて、馬はそういう環境(悪路や野鳥の飛び出しなど)でどのように反応するかなどを知識として知っておくことは役に立つ。


外乗での乗り方 外乗技術と馬場技術へ このページ先頭へ 裸馬外乗へ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

 先導馬と出かける外乗では注意することはあまりありない。先導馬の後をついて行けばほぼ安全で、あとは傍らから鳥や動物が飛び出してきたりすることを警戒すれば済むが、単独での外乗はいろいろ注意をすることがある。

・経路選択

経路選択 どこでも平坦な馬場と違い、外乗路では路肩が斜面になっていたり、部分的に石ころだらけだったり、大石がころがっていたりする。馬任せではなく騎乗者がどのようなところを通るかを選択して、馬に指示を与えなくてはいけない。

 基本的には、平坦で、乾いていてしっかりした土の部分を選んで歩かせる。草原を走るような場合も地面の固そうなところを選んで走らせ、いかにも下がジクジクと水気があり柔らかそうなところは避ける。

 地面が凍っている所では滑って馬が転ぶ可能性が高く大変危険。蹄鉄は氷の上ではつるつるに滑る。鉄製のマンホールの蓋なども滑りやすいので、これを踏ませてはいけない。

 急傾斜地も要注意。人馬の体重が小さい蹄に掛かるから、一つの蹄には相当な荷重がかかる。このため地面が一見しっかりしているように見えても蹄が地面にもぐり斜面は簡単に崩れてしまう。このため土の傾斜地は、このくらいは馬の馬力をもってすれば登れるだろうというようなところも、斜面に脚をとられてひっくり返る恐れがあって、登れない。

 傾斜が、登れる程度にはゆるいが それほど平らでもない場合は 馬は歩いて登るよりも一気に駆け上がった方が楽なのか 駈歩を指示しなくてもダッと駆け上がる場合がある。駆け上がられてもよいように体勢を整えておかないと、放り出されて落ちる。

 上り坂は駈歩をさせても比較的安全だが、下り坂では勢いが付きすぎ、馬がつまずいて転ぶ恐れがある。下り坂では駈歩はさせないほうが良い。また、馬房へ帰る方向には、ちょっと急がせると、馬が帰りたがって走り出すこともあるので、帰り道方向への駈歩は慎重にやったほうが良い。駈歩は、止められる自信のあるときだけにした方が無難。

 馬があるていど疲れてくると、暴走っぽく走られてもわりあい短い距離でスピードダウンして止まってくれるが、疲れた分、足元があやしくなって躓いて転ぶ可能性も高い。転ばれると人馬ともに大変危険なので、馬に疲れが見えたら駈歩は控えて、ゆっくり歩かせて休ませるか、馬房へ引き返すべきです。


・障害物

思いがけないジャンプ 外乗では路面や通り道に障害物があることが普通だから、障害物がある場合には馬がどういう動作をするかあらかじめ心と体勢の準備をしておくことが必要。水溜りや山道の土留めの横木などは速歩や駈歩をしていれば馬はこれを越えるためにジャンプする可能性がある。初めて通る道の真ん中に岩があったりすると物見をして急停止する場合もある。 急に止まられたり、急にジャンプされても良いように体勢を整えておく必要がある。

 また障害物ではないが、馬によっては走っていて疲れてくると 急に横っ飛びしてわき道や路側に飛び込んで止まろうとする場合がある。こういうことをされる可能性があると知らないで乗っていると危険。そのような素振りが見えたら、急に経路を変えられてもよいように体勢を整えると同時に、そういうことをしちゃいかんぞ、と扶助を与える。

・脱水症状

 夏の暑いときは、人も脱水症状対策が必要だが、馬にも注意が必要。場内は平坦地で一鞍45分程度だからよほど無理をしないかぎり問題にならないが、外乗では上り坂もあり、時間も長く注意が必要。また多少駈歩などさせると大量に汗をかき、脱水症状になる可能性がある。馬が脱水症状を起こすと、水を飲ませるくらいではダメで、点滴をしないと馬の命に関わるそうだ。

  首や胸、汗取りゼッケンの下、脚などには多少の汗をかいてもさほど心配は要らないが、尻尾の付け根と鞍の後橋を結んだ線の回り(尻の上 真ん中部分)は普段汗をかかない部分なので、ここに大量の汗をかくようだと危険サイン。この部分に汗をかいていないか常に注意して、もしこの部分に汗が目立つようなら要注意。

  馬の平常の体温は38度弱で高いのだが、体温変化の許容範囲は極狭く、人間よりもずっと体温上昇に弱い。そこで、体温があがっているときは、洗い場で脚から(心臓の遠い部位から)水をかけて、徐々に上体まで水を掛けて、馬の体温を下げてやる必要がある。水を脚や血管が体表面に浮き出ているところなどに掛けてやると効果的。水も飲ませてやるが、水分が体から相当失われているはずなのに水を飲まないということもよくある。水を飲まないで大丈夫かいなぁを心配になるが、そういう性質の馬もいるのであまり心配する必要はない場合もあるらしい。

・心臓麻痺

 馬のスタミナについて先生と話をしていたら「馬を殺すのは簡単だよ、1時間でも殺すことはできるよ」という話を聞かされた。死ぬほど疲れたらその前に「疲れた、ちょっとストップ、休憩休憩」といって止まってくれる(走るのをやめる)もんだと思っていたら、「そんなことはない、死ぬまで走り続けます。馬はそれほど忠実なんです」という話。考えてみれば、走って逃げるしか防御手段のない動物だから、「走るのをやめる=捕食者に食われる」ということで、「疲れて止まる(=食われる)」よりも「(死んでも)走り続ける」を選んでいるのかもしれない。

 で、どのくらい走り続けることができるかというと、西部劇などで見て思うほどは走れない2−3Km走ったらもう危ないかもしれないという。危険信号の目安は上記の尻の上の発汗。ちなみにクオーターホースというのは名前の通りクオーターマイル(1/4マイル、約400m)を最も早く走るように作り出された馬で、この距離ならサラブレッドよりも速く走れる。ところがそれ以上の距離は走れない。それくらい馬が連続して走れる距離は短い。競走馬でも全力疾走は800mしかできないそうだ。

 「馬=スタミナがある・走るために生まれたような動物」のイメージでいると馬を殺してしまうことになる可能性があるという話だった。発汗や息遣いなどに注意をして普通と違っていたら外乗を中止するなどの気配りが必要。先導つきで集団で出かける外乗ではこんな心配はまず無用だが、一人で出た場合にはやはり注意しておくべき。

・前進拒否

前進拒否  馬の我儘や多少疲れてもう帰りたい、ということで前に進まずUターンして戻ろうとすることもある。こういうときは馬場の中で使うやさしい扶助では言うことを聞いてくれない。多少ハミに強く当たっても馬を進ませたい方向に向けなければいけない。ただし、いくらハミという強力な道具を使っても馬とまともに力比べをしては勝てない

  馬それぞれに個体差があり左右どちらかには誘導しやすいのが普通だから、右回りにUターンさせようとしてダメな場合でも、左回りにUターンさせることはできる。左回りが無理な場合は右回りできるはず。両方だめな馬にはであったことがない。こうして馬を進めたい方向に向かせたら、すぐに拍車や鞭を使って前に出す。ぐずぐずしているとターンを続けられて帰る方向に向かれてしまう。多少強引だが、こうして乗り手の意図を厳しく伝えると我儘は言わなくなる。(馬場内で上手に乗れるようになれば外乗でもこんな強引なことをせずに済むのかもしれないが、今はそこまでの技術が無いので、力任。)

  脚や鞭を使っても後退するだけで前に進まない場合もある。平坦地なら多少後退されても危険ではないが、路側が崖になっている場合は大変危険。尻が崖を向いているのに後退されると崖から落ちる可能性がある。馬自身が危険を察知して崖から脚を踏み外すことは無いだろうと考えてはいけない。後肢の足元は見えないのか、実際に脚を踏み外さない限り、それ以上さがれないとは思わないようだ。という訳で、大変危険だから、こういうときはなにはともあれ頭を崖の側に向けるようにする。

・ビビる(恐怖する)

  外乗コースでは乗っている馬が初めて目にする・あるいは嫌いな対象物(鹿や牛、あるいは、放置バイク、道路標識、切り出された材木など)がある可能性がある。馬は極端に臆病な動物だから、こういう対象物を恐怖して、対象物から逃げようとする。そのため、バタバタとバタつく。これで乗り手がパニックになったりすると、ますますバタついて、最後は立ち上がったり、暴走したりと良い結果にはならない。
  対処法としては、恐怖の対象よりも、乗り手の方に敬意を払わなければいけないことを知らせる。たとえば、リスクの項で説明したように、片一方の手綱を強く引いて首を捻じ曲げて(乗り手の足に口が近づくくらい)、馬を対象物から逸らす。これでだめなら、捻じ曲げたあと左右交互に強く手綱を引いてハミに強い不快感を与え、その後対象物の方を向けてハミの不快感を取り去る。これでバタつきが取れたら褒めて、まだバタつくようなら同じことを繰り返す。
  もっとも、あまり無理して馬にキレられても困るから、やりすぎないように。

  馬が乗り手を信頼して(この人が乗っているなら自分は安全と思って)いる限り、馬がビビることは無いから、乗っている間に信頼感を勝ち取っておく(適格な扶助を出して、馬の我儘を許さない)ことが一番。とはいえ、こちらはつたないからなかなかそうはうまくいかない。


裸馬外乗 外乗での乗り方へ このページ先頭へ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

 裸馬での外乗は「究極の外乗」。外乗が自然に触れる乗馬なら、鞍無しで馬に直接跨る裸馬で外乗に出ることはより一層自然と一体になれるように思う。鞍が無いから自然だというのは短絡的だが、そんな感じがする。やってみれば病み付きになる。

 ただ残念なことに、外乗はやっていても裸馬でということだと「いいですよ」というところは限られている。オーナーと親しくなったりすれば「OK」が出るかもしれない。ダメモトで頼んでみよう。ただし、飛乗れないと、落ちたり、下馬したあと、再び乗ることができなくなってしまうので、飛乗れるようになっていることが必須。マッ平らなところで飛乗れなくても、ちょっとした段差利用で飛乗れればOK

  南方のビーチでの観光乗馬では、裸馬で海に入れるようなものもある。海にじゃぶじゃぶ入るのだと鞍を付けることはできないので、当然裸馬、乗り手も水着で「面白そー」という感じだが、試したことがない。海中乗馬(?)のためだけに海外へ行くのはちょっと予算的に手がでない。

 紅葉もいいが、緑の中を駆けるのは最高。
 爽快というのはこういうときのためにある言葉か。
 緑の中の外乗駈歩は心地よいですねぇ。とくにこの馬のように反憧が少なく、ゆったり走ってくれると快適。
 先生のクラブの外乗コース。山の畑の脇やヘリポートの脇を通って進む。林間の尾根道、アップダウンが結構ある。ここは完全自由型、先導も付かず、思うままに乗れる。
新緑の中をゆったり常歩で進む裸馬外乗はとてもさわやか、最高位に気分が良い。

裸馬外乗へ このページ先頭へ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る