受け売り乗馬教室 アクセスカウンター 山おやぴの自然観察に戻る since July, 2011
powered by google

駆足アニメ 数十年の間、乗馬クラブ会員になることもなく、勝手気ままに乗馬(主に外乗)を楽しんできたが、どうもマンネリ。ビジターにも障碍を教えてくれるというクラブをネットで見つけ行ってみると、初日から跳ばせてくれたが、低くて物足りない。
 次の回に「今日はもっと高いのを」と意気込んでいったら、「これやってみましょう」「はい、こうやって、、、」と一向に跳ばせてくれない。どうやら初日を見て「こりゃぁ基本がダメだ」と思ったらしい。

 「いまさら基本から?」と思ったが、新しい世界に踏み込むのも面白いかと自己流を捨てて、乗馬クラブの会員になって基本を教えてもらうことにした。このページは、初心者を前提とした先生の教えをそのまま受け売りで紹介する「初心者乗馬教室」。ただし、私の乗馬経験やWebや本などで調べたことも付け加えている。また、2016年から別の乗馬クラブの会員にもなって乗馬を習っている。以下では、この新しい先生を、最初の先生と区別する必要があるときは、M先生と表記しています。

 本文中 CRでは あるいは <CR> と記した部分は Centered Riding(英文)の受け売り。CR2は「センタードライディング2(和訳本)」からの受け売り。
また<RR> あるいは RRによれば、という部分はリアルライディングからの受け売り。リアルライディングは初心者にもとても為になる馬術書。


 下のリストの、受売り度が大きいものほど 教わったことの受売り程度の甚だしい項目。100%のものは先生の教えそのままだが、間違っているところがあれば、それは私の解釈間違いや聞き間違いが原因。メール等でご指摘くださればありがたく存じます。受売り度0%のものは 全部私の勝手な思い込みに基づいている。

 太字部分をクリックすれば、それぞれの説明ページへリンクする。


上達の秘訣 受け売り度 80% 2017.4.11更新
かっこよく乗りたい。自由自在に馬を乗りこなせるようになりたい。それも、出来るだけ早く、と思うのは人情。上達の秘訣ってなんだ。
乗馬クラブの選び方 受け売り度 5% 2017.4.7更新
安全な良い馬に乗れるかどうかは、クラブの所有馬やその馬をどう割り当てるかというクラブの方針で決まるのでクラブ選びは大切。
服装 装備 受け売り度 5% 2017.1.9更新
楽しく乗るだけならそれほど大金を掛けずに済む。
落馬について 受け売り度 5% 2017.4.9更新
馬に乗るのはよいが、落ちたらいやだなー、大けがなんかしたくないし、、、、
やってはいけないこと 受け売り度 95% 2017.4.9新規
安全のために絶対してはいけないということから、それくらいのこといいじゃないと思うようなことまで、人にも馬にもよくないということが沢山ある。
乗り方・降り方 受け売り度 10% 2017.2.10更新
乗り下りの途中は不安定な姿勢なので舐めてかかると、意外と危ない。飛び乗りも紹介。
鞍の跨り方 受け売り度 90% 2017.4.26更新
乗馬の基本は騎上の姿勢の安定。姿勢がダメだと適正な扶助が出せず、きちんと馬を動かせない。
脚と鐙と拍車 受け売り度 90% 2017.4.9更新
踵を下げろ、下げろと言われる。なるほど踵を下げて乗れればいいことがある。
手綱の持ち方 受け売り度 90% 2017.4.25更新
鞭の持ち方・使い方・左右の持ち替え方などにつても説明。
馬上からどこを見る? 受け売り度 100% 2016.3.6更新
「馬乗りにとってこれが一番大事。見るところが悪いと姿勢が崩れる」と先生は言う。
歩かせ方 受け売り度 90% 2016.11.18更新
常歩を極めることが上達の近道という説もある。前肢旋回、斜め横歩なども解説。
速歩と軽速歩 受け売り度 90% 2017.1.22更新
鞍に尻を付けたままの速歩、イチニイチニと立って座る軽速歩、どちらもそれなりに難しい。
駈歩(かけあし) 受け売り度 70% 2017.1.20更新
馬に乗ってみたいと思った最初のきっかけは「かっこよく駈歩で走ってみたい」でしょう。
襲歩(しゅうほ) 受け売り度 0% 2015.11.23更新
馬の最も速い走り方。まっすぐ走る限りは、意外と安定して乗っていられる。
障碍の飛び方 受け売り度 90% 2017.1.15更新
障碍を飛び越した爽快感はなにごとにも代えがたい。ツーポイント姿勢も紹介。
練習方法 受け売り度 95% 2017.1.20更新
こうい乗り方では落馬するという悪い乗り方や、悪癖を矯正するための練習を紹介。
早期上達の近道、立ち乗り練習も紹介。
裸馬での乗り方 受け売り度 20% 2015.6.25更新
馬の体温・動きがじかに尻や内股に伝わって、馬との一体感が楽しい。
外乗を楽しむ 受け売り度 5% 2015.6.26更新
森や海岸を馬で行く外乗は究極の乗馬の楽しみ。その分リスクもあるが、、、
馬装と手入れ 受け売り度 95% 2016.10.17更新
乗るよりも馬の手入れの方が楽しいという人もいる。調馬索の使い方なども紹介。
柔軟体操・ストレッチ 受け売り度 0% 2015.5.30更新
乗馬には股関節の柔らかさとか必要。安楽なストレッチをご紹介。

 以下は乗馬技術を紹介しているWebページや、馬に関する動画サイト(YouTube)へのポータル。馬の調教に関するポータルも用意した。自分で馬を調教する機会はないだろうが、馬を知るうえでとても役立つ。

動画と乗馬技術サイトへのポータル
乗馬技術・乗馬関連Web ポータルへ 乗馬技術を紹介サイトや乗馬に関するWebページへのリンク 2017.3.13更新
乗馬技術書ポータルへ 技術書から学ぶことは沢山ある。 2016.11.11新規
乗馬動画ポータルへ 「えー!!そんなことがあるんだ」というような驚きの動画など、とても興味深い動画 2015.6.9更新
調教動画ポータルへ 馬の調教方法とそれに馬がどう反応するかは、乗馬には欠かせない知識 2015.7.17更新


MAILコメントやご意見・間違いのご指摘は、ここをクリックしてメールください。


コ ラ ム乗馬や馬に関するいろいろな思いを勝手気ままに以下に綴っています。
ご意見、コメント大歓迎
馬に好かれる 馬に好かれる乗り方なら、安全に、気持ちよく楽しく乗れる。 2015.7.3更新
馬の性質・臆病さ 馬は、調教して人が乗るのに不思議なほどピッタリ。 2015.11.12更新
馬に乗ること・調教 馬の動きはすべて調教の結果。その馬が教えられた扶助を忠実に再現できれば上手く乗れる。 2016.11.23更新
新馬に乗る新馬に乗る 新馬に乗せてもらった。調教とはこうやるものかと納得。 2015.7.3更新
誰がボスか誰がボスか? 馬が乗り手をボスと認めなければ思い通り動かせない。 2015.7.3更新
教わるレベル教わる内容と上達のレベル 前に言ってたことと違うじゃないかというのは、ありがたいことかもしれない。 2015.7.3更新
極意書乗馬と極意書 名人の悟った秘訣を素人判りさせろとは虫が良いが、 2015.7.3更新
馬のレベルと人のレベル馬レベルと乗り手のレベル オリンピック級の馬に乗ったらどんなことになるのなぁー。
高レベルの人が低レベルの馬に乗れるかというとそうでもないらしい。
2016.6.15更新
馬の違い人の違い馬の違い・人の違い 人それぞれ、馬それぞれ、能力・知識・経験に違いあり。人同様同じ馬でも日によって調子が違う。 2017.1.22更新
こらっ いうこと聞かんかい どうもうまく行かないというとき、必ずしも乗り手が悪いばかりではないらしい。
馬にその気が無ければ上手くいかない。
2016.10.13新規
乗馬と力乗馬と筋力 達人は「力は要らない技だ」といいますが、嘘です。乗馬にだって力は必要。 2015.7.3更新
馬の体馬の話・馬と人 馬にとってみれば人に乗られるのは迷惑な話?
自分の馬を持ちたい、でも敷居は高い。生き物に責任を持つということも考えなくては。。
2015.7.3更新
こんな話あんな話 裏話やよもやま話をあれこれ。 2016.10.16更新
乗馬は腰に悪い?乗馬は腰に悪い? 鞍の上でドスドスと餅つきされて腰に悪い? 2015.7.3更新
悩 乗馬クラブの話 乗馬の普及のためには仕方ない? でも考えさせらる。 2015.7.3更新
落馬やトラブル落馬やトラブル 痛い目ひどい目にもいろいろあったが、まあほとんどが自業自得。 2015.7.3更新
相互リンク 相互リンクしていただいている他の乗馬サイトへのリンクです 2015.5.13更新

馬に好かれるように乗ろう 目次へ 馬の性質・臆病さへ 山おやぴの自然観察に戻る

1.馬は自分の意思で動く動物

 馬は自分の意思を持っている動物だから、どんなに鞭で打とうが、拍車で蹴いれようが、馬自身が動こうと思わなければ絶対に動かない。馬が止まろうと思ってくれなければ、どんなに手綱を引っ張っても止まらない。当たり前のことだが、馬に跨って鞭を入れて走らせたり、脚を使ってあれこれやらせていると、この当たり前を忘れて、馬の意思と無関係に、自分が馬を動かしている錯覚に陥る。

 ちょっと御しがたい馬に当たると、このことはすぐに思い知るのだが、御しやすい馬に乗っているとこの大事なことを忘れる。

 馬を思う通り動かそうと思ったら、自分の意思を馬に伝えて、馬にそのように動いてもらわなければいけない。「馬に好かれる乗り方をしましょう」と先生。

2.馬はバカじゃぁないから

 「馬はバカじゃあないんだから」と先生。ドスンドスン背中を痛めつけたり、拍車グリグリ、ハミで口を痛めつけたり、こんな嫌な乗り方をするヤツを、喜んで受け入れるほど馬はバカじゃあない。ごもっとも。意思も感情も持っているんだから、そんな乗り手に対して「なんて嫌な奴なんだ」と不快感、拒否感にあふれた動きをするのは当然。

 そんな動きをする馬に気持ちよく乗れるはずがない。はなはだしい場合は馬が乗り手に対して切れて、振り落とそうとするかもしれない。

 だから馬に気持ちよく乗りたければ、馬に嫌な思いをさせる乗り方をしてはいけない。うーーん、確かに。。。

3.馬に好かれる乗り方をすれば

 「あんたみたいに乗ってくれるとオレも楽だよ」と感じてくれて「そう動いてほしいの。あいよー了解」と、馬が気持ちよく滑らかに動いてくれれば、乗っている方も楽ちん快適だろう。こういう関係を築ければ、乗り心地も最高に素晴らしいものになるだろう。


4.どうやったら好かれるか

 好かれる乗り方はこれだと確信は持てないが、嫌われる乗り方は想像がつく。嫌われる乗り方をしないように気をつければ、好かれる乗り方に多少は近づいていると信じよう。

 思いつく嫌われる乗り方は、

 ①馬を肉体的に痛めつけること
背中にドスンドスン衝撃・苦痛を与える、手綱を無理やり引っ張って口に痛みを与える、拍車で腹を傷つける、などなどたくさん。

 ②馬を混乱させること
脚で前進を指示して走り出したら手綱に縋り付いて引っ張るなど矛盾した扶助を与える、手綱操作で右へ曲がれと言っておいて左へ曲がるように体重を掛けるなどして馬がどうしてよいか判らなくする。

 ③馬が飽きているのに同じ運動を延々と続ける
馬だって飽きていやになったりする。

 で、③は別として、「こういうことをするな」と言われても、未熟なうちは無理。速歩の正反憧に慣れていなければどうしてもドスドス餅つきをするし、走られたら怖くなって手綱にしがみつく。馬に好かれる乗り方ができれば楽に乗れるのに、初心のうちは馬に好かれる乗り方ができない、という困った事実。

 しかし、上手になろう、というよりは「馬に好かれる乗り方をしよう」と言う方が目標としてなんだか多少具体的なようで上達の役に立ちそうだ。

5.我儘か?

 ところで、普通は、嫌われたくないときには相手に文句を言ったり、叱ったりはしない。「いいんだよー」と相手を許し受け入れるのが良くある戦略。だが、馬はバカじゃあないの別の一面で、乗り手の品定めもする。馬が口先を斜め前方空中へ伸ばしていやいやをする。「ハミが強く当たりすぎてるんだ。こりゃあ悪いことをした」と思ったが、先生曰く「(ハミが強く当たっている訳でなくて)どこまで我儘が許されるか馬が乗り手を試してるんだ」と。

 馬に嫌われてはいけないが、我儘を叱ることができずにナメラレたら、言うことをきいてはもらえない。

 しかし、乗り手が悪くて馬がいやがっているのか、乗り手を品定めしようとしているのか、初心者には見分けが付かないのが困ったところ。こういうのは先生に見てもらってどちらなのか教えてもらうしかない。

馬の性質・臆病さ 馬に好かれるように乗ろうへ" 目次へ 馬に乗ること・調教へ 山おやぴの自然観察に戻る

1. 馬は臆病、危険からは逃げの一手:

 馬は「速く走って危険から逃げる」ことで生き残ってきた動物。逃げるのがほぼ唯一の防御手段で、何かあったら逃げるということがDNAに刷り込まれている。だから、耳慣れない音や見慣れないものからは、ひたすら走って逃げる。

 特に、突発的な出来事・対象物からは、反射的に逃げる。落ち着いて見定めるなど悠長なことはしない。外乗でゆっくり駈歩をしていたら、20m近く離れた横合いのベンチでお弁当を食べていたおじさんが、こっちを向いて被っていた帽子をとって頭上で振った。これに驚いた馬は横っ飛び、爆走し始めた。幸い5、6歩でふつうの駈歩に戻せたが、暴走落馬事故になっていたかもしれない。人間など見慣れているはずなのに、その人の動作がちょっと見たことのないものだと、強い恐怖の原因となる証。

 馬に乗っている間中、人にとっては何でもないことでも、馬にはとてつもない恐怖を与える可能性があると意識していることが必要。

2. 慣れさせれば動じなくなる:

 見慣れないものなら、紙屑が風で吹き寄せられてくるのにさえ怯える。乗り手の帽子が風に吹き飛ばされたことにさえ、驚いて跳ね跳んだり、暴走したりする。馬上ウェディングなどとウェディングドレスで馬に乗ることもあるが、これも大変なこと。慣れていない馬はドレスが風に翻っただけで怯えて暴走する。

 しかし、慣れさせさえすれば、馬の後ろから走り寄って跳び箱を飛ぶように跳んで跨ることも可能。馬上で銃を発射してもその音に動じないように慣れさせることもできる。「慣れさせれば」というのは、それが馬に危害を与えるものでなく、安全なものなのだと解らせること。ちょっとずつ、辛抱強く同じことをすこしずつ強度を上げながら経験させて、安全なものだと解らせる。こちらの動画でそうした様子を紹介

 馬がどんなことに慣れているかは、その馬を管理している乗馬クラブの調教内容によって決まる。一頭一頭に上で紹介したビデオのような訓練をほどこすのは大変だから、ふつうに私たちが乗る馬は、左側から人が乗り降りすること、あるいはブラッシングされることなど日常の手入れや乗り運動で経験することには慣らされているが、ほかのことには慣らされていなと思った方が無難。柵外の木立が風でざわつくなどには慣れていないと考えて、用心して乗るべき。

3. 論理的思考力ゼロ:

 馬は論理的に考える能力は皆無。人の3歳児程度の知能があるとか言われるが、どうなんだろう。

 ロープが肢に引っかかったとき、人間なら、こっち向きに引っかかっているからこちらへひっぱたら余計に絡む、あっちに足を動かせば外れる、と考えて行動するが、馬はそんなことは考えない。やたらともがくだけ。刈り取った木の小枝が沢山おいてあるところに肢を踏み込んでバランスを崩したりすると、パニックになって飛び跳ねて脱出しようとする。人間のようにいったん落ち着いて状況を見定め、こっちを踏んだら下へ突き抜けるかななどと事前チェックして足を運ぶなどはしない。馬任せだとめちゃくちゃにあっちこっち踏み荒らし転倒しかねない。

 危ない状況になったら「考えるよりまず逃げろ」というDNAで縛られていて、ちょっと状況を考えれば簡単に危機を脱出できる場合も、逃げだそうと暴れるあまり結局逃げ出せない。賢いんだから馬はなんとかするだろうと考えてはいけない。「馬はバカだからとんでもないことをしでかす」と考えて人間が助けてやる必要がある。ロープが足に引っかかった場合など、足が抜ける向きに馬の向きを変えてやるのは乗っている人がやらないと、馬の自分の知恵ではできない。

 また、乗っていた人が落ちて地面に這いつくばっていたりすると、それは乗っていた人(すくなくとも馬が恐怖する対象ではないはず)だとは認識できないのではないか?骨折転倒した馬が落ちた騎手を気遣ったという美談があるが、特殊な例。普通は落ちた乗り手は、普段見慣れぬ形状で地面に転がっているので恐怖の対象になる。もっとも、同じ人だとは認識できていても、落ちたということで乗り手は馬にとって安全ではなく危険な存在に変わったのかもしれない。なにしろ、落ちるときには手綱にしがみついてハミで口を痛めつけたり、鞍の上でドスンドスンやって馬を驚かせたりしてるからなぁ。そんな危険な乗り手は恐怖の対象でしかなくなってしまったのかも。

4. 記憶力はすごい:

 上のような意味ではとてつもなくバカだが、記憶力は抜群。この記憶力の良さが調教にはとても役立つが、調教以外でも影響がある。

 たとえば外乗コースのある場所で滑って転びそうになったりすると、以後その場所では非常に慎重に歩を進める。馬によっては、それまで順調に走っていたものが、その場所でピタッと止まってしまったりする。逆に、いつもの外乗コースで「ここからは走るところだ」などと覚えこんでいる場合は、乗り手の扶助に関係なく猛烈に走り出す。

 馬場内でも特定の位置で同じ運動をしていると、それを覚えてしまい、扶助なしでもその位置で同じ運動を始めてしまう。これを許してはいけない。馬にこの場所ではこうするんだ、と覚えこまれないように、同じ場所では同じ運動をしないといった工夫が必要。駈歩がうまく継続できず、途中で止まってしまうような場合も、同じ場所で速歩に落ちてしまうことがよくある。これを何度か繰り返していると、馬はその場所では駈歩から速歩に歩様を変えるのだと覚えこんでしまうから、鞭を使ってでもその場所で駈歩を続けさせる必要がある。

 馬が「ここではこうするという記憶」に頼って動くのでなく、瞬間瞬間の乗り手の扶助に従って動くようにしないといけないのだが、かなりの技量がないと馬の記憶力を上回る扶助というのは難しい。馬がここではこう動くんでしょという記憶に頼って運動するのでなく、ここではどうするんですかと乗り手の扶助を頼りにするようになれば一人前の馬乗り。

5. 馬のDNAを上回る乗り手の技量:

 乗り手がしっかりしていれば、馬はつまらぬものにビビったりしない、ちょっとしたことに驚いて暴走などしないとか言われる。「イヤー、馬は臆病だねぇ、蹄跡に落ちていた木の枝にビビッて枝を迂回して行くんだよ」などと馬術部にいたという友人に話したら、「それは馬が乗り手をなめているからだよ」と言われた。乗り手に敬意を払っているなら、つまらぬものにビビらないと言う。

 この手の話はよく耳にする。実際、初心者が乗った場合よりも、上手といわれる人が乗った場合のほうが馬はバタつかない。それに、初心者は馬がバタつくと自分も慌てて馬のバタツキを助長してしまう。RRによれば、絶対に馬に狼狽や不安を見せてはいけない・(自信がなくても)自信があるように振る舞うことがとにかく大切だという

 何か見慣れぬ怖いものがあっても、そんなものより乗り手のほうが怖い存在で、乗り手に集中し従わないとえらいことになると思わせるのか、あるいは、なにか見慣れぬ怖いものがあるが、この乗り手がなんとかしてくれる、この人が乗っている限りは乗られている俺は安全だと思わせるかのどちらかであれば、見慣れぬものに驚いて暴走という危険は回避できる。いずれにしてもDNAに刷り込まれた「見慣れぬ怖いものからは逃げる」という馬の性を抑え込んでしまえるというのだから大変な技量。いつになったら、こういう強大な力、あるいは、馬からの全幅の信頼を得ることができるのか。道は遠いが、もしそうなれれば、今より格段に安心して乗れることは確かだ。


馬に乗ること・調教 馬の性質・臆病さへ" コラム目次へ 新馬に乗るへ 山おやぴの自然観察に戻る

 「馬に乗る」という場合、当然野生馬に乗る訳じゃあない。

 人に乗られてこうされたら右へ曲がるんだよ、などと教え込まれた馬に乗る。

1.全ては調教の結果

 乗馬の教本にあるような扶助で馬が教本通りに動くのは、すべて馬にそのように動けと教え込んであるから。手綱で首を右に誘導して右にやや体重を移せば右に曲がるのも、そう調教した結果。調教によっては、いくら片一方に乗り手の体重がかたよっても、馬は何の問題もなく真っ直ぐ進むということはYouTubeに出ているtrick ride などを見れば判る。乗馬のHow-to本などで右に曲がるときはこうしなさいと説明されている扶助で馬が右にまがるのは、そういうことをされたら右に曲がるんだよと馬に教え込んであるから。決して馬の天然自然の性質で右にまがっているのではない。前に進めるときは両脚で馬体を圧迫するといっても、調教しだいで脚で馬腹を圧迫などしなくても馬は走ったりとまったりなんでもできる。

 この「教え込んである扶助」を乗り手が再現できれば、馬は教え込まれたとおりに動く。だから、馬を自由に操れるかどうかは、揺れ動く馬に安定して跨って、その馬が訓練・調教された扶助を忠実に再現できるかどうかに係っている。

2.先生は上手い:

 馬はとても記憶力が良く、特にいやなことはよく憶える。この記憶力の良さと「嫌なことからは逃れたい」という性質を調教に利用する。調教をするときは基本的に馬にプレッシャーを与えて(馬の嫌がることをやって)、人が馬にさせたいと思った動作をしたら、プレッシャーから解放し(嫌がることをするのを止め)馬を褒める。これを根気よく反復して、こうやればいやなことから解放されるんだということを馬に憶えさせて扶助の意味を理解させる。だから馬が扶助にしたがっているのにグイグイとその扶助を続けるということは、そういう意味の扶助じゃないぞ、と馬に言っているようなもの。扶助にはメリハリが必要だということはこういうことが理由。

 調教専門の人がいない小規模なクラブでは、私たちに乗馬を教えてくれる先生がこうした訓練をほどこす。先生が馬に乗って見本を見せてくれる。大仰な動きをせずにちょっとした動き(扶助)で馬を思うがままに動かす。私が乗ったらちっとも動いてくれないのに、先生が乗ったらなんでこんなにスイスイ動くんだろうと、先生の技量をうらやましく思うと同時に自分の下手さが嫌になる。

 だが、「その馬は先生が調教をしたんだ」ということを思えば、自分の技量のなさに落ち込んでしまう必要もない。自分は先生の動きを忠実には再現できないだけのこと。こっちの足をこうして、こっちはこう、体をこうして手綱はこうと先生に教わる。しかし、その通りやったとしても、馬に伝わる刺激としては先生のものと同じではなく、微妙に違う。力を入れる方向や鞍への重みの掛かり方などもそう簡単に再現できるはずがない。この微妙な違いを馬が感知して、先生の場合のようには動いてくれない。そこで、いろいろやってみて先生が動かしたように馬が動いたときに、「ああ、先生の扶助はこうやっていたのか」と知ることになる。乗っている人が馬に調教されて扶助のやり方を知るようなもの。

3.だれでもが調教者:

 先生は同じことを繰り返して馬に教え込むわけだが、馬に教え込むのは先生ばかりではない。私のような初心者も馬にいろいろ教え込んでいる。「走れ」の扶助で走り出した馬の手綱にしがみ付いて「走れなんていってないぞ、止まれといってるんだ」と教える。馬が扶助に従っているのにぐいぐい同じ扶助を続けて「そういう意味の扶助じゃないんだよ」と教える。乗っている間中なにか(多くは良くないこと)を教えている。

 先生が乗ろうが、初心者が乗ろうが馬にとってはいやなことをやられたら、そのいやなことからは逃れたい。逃れることができたら「これは、そうやれということだったんすね」と学習する。誰が乗っていても同じ。しかし、先生の場合は「これ」がいつも同じだから、しっかり正しく学習できる。初心者の場合は体勢はいつも不安定、同じことをきちんと再現できない。しかも馬が扶助に従ったとしても、手綱に縋り付いたり、脚でしがみ付いたりして馬にプレッシャー(不快感)を掛け続けるので、馬は扶助に従うことのメリット(プレッシャーからの解放)を見出せないので、学ぶというより混乱する。けれども何かを学習する。

4.初心者練習馬:

 こういうわけだから、初心者をオリンピックにでるような馬には乗せられない。せっかく軽い扶助でパッと動くようにしてある高級馬に初心者を乗せたら(調教させたら)馬がダメになってしまう。第一、ちょっと触っただけでパッと走ったり、さっと曲がったりしたら乗っている初心者は、あっさりと落とされてしまう。危なくて乗せられない。

 初心者には、過敏な反応をしないちょっと鈍感なくらいの馬を使う。これなら安全。多少鈍感だということは、軽い扶助ではダメだということで、両脚で馬体を挟んで前進を指示する場合も、軽く挟んだくらいでは動かない。力いっぱいギューっとやらなくては前進してくれない。はなはだしい場合は「蹴って、蹴って」とインストラクタに言われてドカドカと蹴らなければ動いてくれない。だから初心者練習馬に乗るには力が必要。

 「馬に乗るのに筋力はいりません。馬体を脹脛で絞める力が必要なら、オリンピックに非力な女性がでられたりしませんよ」など教本は言うべきではない。オリンピックに出るような人は鍛えているから力が強い。本人は力をこめていないつもりでも無意識にしっかり力が出る。もっともオリンピックに出るような馬はぐいぐい力を入れなくても動いてくれるだろう。しかし、初心者(初心者練習馬向け)には、力は絶対に必要。教本は「力は必要です。でも、乗っているうちにその力は鍛えられますから、今非力だからといって心配する必要はありません」と言うべきだ。

5.鞍の動きを知る:

 脚とともに重要なのが体重による扶助。しかし、先生は体重を右にかけろ左に掛けろとは言わない。まっすぐ真上に乗れとだけ言う。真っ直ぐ乗れていない段階で、右だ左だといっても意味がないということだろう。常に真っ直ぐ乗れることは基本中の基本。CRでもこれを強調している。

 馬の動きによって乗り手の尻は上下左右に揺すられて安定しない。常に真っ直ぐに乗れないと、この安定しない尻の動きで体重もあちこち移動して、馬にとって体重移動による扶助は「右へ行け、いやいやそうじゃない、左だ」「進め、いや違う止まれ」と言っていることになる。脚で右に行けと言われ、尻(体重)では左に行けと言われたら、馬は何をしてよいか解らない。

 姿勢を真っ直ぐ安定して乗れるということは扶助が安定して出せるということで、脚による扶助のためにも必須。そして、姿勢を真っ直ぐ安定に保つことができると、安定した尻の位置(坐骨の位置)が解る。これには調馬索による練習が好適。調馬索なしでは乗り手は馬の方向、スピード、などいろいろコントロールしないといけないから、尻がどうなっているかなどに構っていられない。しかし、調馬索ならたとえ手綱を持たなくても馬は一定の速度で動いてくれるから、乗り手は自分の尻が鞍とどのような関係にあるのかに神経を集中できる。先生は調馬索で馬の回転半径などが変わったときに鞍の感触が変化することを尻で感じろと言う。神経を集中すればたしかに微妙な動きが解る。


6.試して見よう:

 ちょうど真ん中のまっすぐした尻の位置が判り、これに安定して座っていられるようになると、これを意図的にずらすことができる。手綱や脚の扶助と合わせて尻の位置に変化を加えてみる。扶助をだして「おっとそうじゃない」という動きを馬がしたときに、尻の位置の変化も加えてみると馬の動きが変わってくる。反応がよくなったかのように感じる。うまくゆくと自分が上手になったようにすら感じる。


 最近ある指導者に教えてもらった「わたしたちは馬を作るのではなく乗るのですから、その馬がどのような調教を受けてきたのか、どこまで出来るのかを把握し、自分の実力を勘案し、折り合いをつけることが、どんな馬でも楽しむ秘訣ではないか、と思っております」という言葉が心に沁み込みます。


新馬に乗る 馬に乗ること・調教へ コラム目次へ 誰がボスか?へ 山おやぴの自然観察に戻る

 静岡の先生のクラブが2歳半の若駒を買った。鞍を置ける程度から先生が調教を始めて3か月、一応三種の歩様はできるまでになった、というお話で、乗せてくれた。父親がハフリンガー種で見かけは小さいが、背幅も広く乗ってみると結構大きな馬に乗っているようなしっかりした感じ。

 乗る前に、調馬索による調教を見学。先生の「速歩」「駈歩」「ほー」という声で走ったり歩いたり止まったり。調馬索そのものや追い鞭をごちゃごちゃやっている様子はない。純粋に声だけで動いているようだ。賢い馬です。

 そのあと「では乗ってみましょう」ということで、乗った。馬に跨ったら先生は「気を付けて」と言う。何に気を付けるかというと、馬がちょっとしたことに驚いて跳ねたり走ったりすることに対して。埒外の草が風に吹かれて揺れたら、ビクッとして横跳びしそうになったが、なんとか抑えた。少し前には何かに驚いて隅角から反対の隅角までぶっ飛んだりしたそうだ。

 馬上から声をしっかり出して、「駈歩」と大声をだしてから駈歩の扶助を与える。素直に走ってくれた。「ほー」と声を掛けて半減却・手綱を控える。ちゃんと止まってくれた。「はい、ほめてー」と先生。ポンポンと首をたたいてやって「よしよし」と褒める。なーるほど。声にはしっかり反応するので、「駈歩」といって駈歩の扶助を行って走らせることで、「この扶助は駈歩しろということなんだ」と判らせるようだ(素人のあて推量)。

 乗せてもらう前に先生が「馬に乗っているとき寡黙すぎる。もっと声を出さなきゃぁ」と言った。「なにをいっているのかな?」という感じだったが、こういうことだったのかな。脚や手綱でごちゃごちゃやるよりも、声で乗り手の気迫を伝えるのが大事だ、気迫というものは馬によく伝わるんだと言う。「走れ」という気迫を伝えて走らすというのは、馬という生き物に乗っていればこその話。

 「はい、両足を開いて蹴る真似をして」と言われ、両足を広げたら、馬はバッと走り出した。「ほらぁー、だめだめ」と先生。「蹴って合図を送っていないのに、勝手に走り出したら抑えなくちゃぁ。勝手なことをやらせちゃダメ。」と言う。なーるほど、そうやって一つ一つ覚えこませていくのか。

 50cm程度の障碍の真似も跳ばせてくれた。乗り心地の良い飛越をしてくれる。「3か月で素晴らしいですね」と言ったら、「最初は大変だったんだ、障碍だって跳ばずに体当たりして柵をはね飛ばしていったんだから」という話。跳びこせるような障害物があったら、馬なら自然と跳びこすだろうと思っていたら、そうではないという。跳び越えるんだよ、と教えないと跳ばない。

 どうやら障碍に限らず、人が馬に乗ってやる(やらせる)ことは全部「こうやれよ」と教えたことらしい。

 ちょっと動かしたら、「はい、それで充分。褒めてやって」と言う。次はこれをやってみてと先生。これも素直に動いてくれる。ちょっと動いたら「それで充分。はい、褒めてー」と先生。うーーん、こうやって根気よく、すこしずつやらせていって扶助の意味を理解させて育てるのか。人が楽しく乗れる馬を作り上げるのはほんとに大変なこと。


誰がボスか? 新馬に乗るへ コラム目次へ 自分では判らないことへ 山おやぴの自然観察に戻る

誰がボスか  馬に乗るときは「人は馬のボスでなければならない」ということが乗馬教本には書いてある。しかし、私がボスだとは認められていないことは明らか。

 馬場で先生に教えてもらっている。私は馬に乗っていて、先生は地上。先生が「そこはこうやって、なんちゃらかんちゃら」と言いながら近づいてくると、馬は勝手に先生の方へ行って止まってしまう。いくら蹄跡を進み続けさせようとしてもダメ。馬はあきらかに、乗っている私の指示でなく、先生に従うべきだと思っている。乗り手がいくら脚を使おうが手綱を使おうが、それよりも先生の存在の方が効く。

 馬にしてみれば、毎日調教、給餌と面倒を見てくれる先生と、たまに来て乗るその他大勢の一員の私とどちらがボスか言うまでもないのだろう。でもこちらは背に跨って手綱を持って、鞭さえ持って、脚でああだこうだとやってるんだからねぇ。乗られているときぐらいこっちに敬意を表せよと思うが、未熟ゆえ馬にとっては「ボスはあっちにいるのに、なんかこいつうざいなぁー」程度なのだろう。

 もっと情けないというか悔しい話。ある夏の日先生が乗って見せてくれた。大した運動もしていないの10分ほどで馬は汗だく、腹から汗がしたたり落ち始めた。私が一鞍乗っても、当然汗はかくが、腹からしたたり落ちたりはしない。「なぜでしょうか」と先生に訊いたら、「馬も気をぬけないと運動量が違う。同じだけ動いても、絶えず乗り手から次にどういう指示が来るのか神経を張りつめていると運動量が多くなるのだよ」という話を聞かされた。

 要は、先生が乗ると「乗り手の指示に従わなくてはいけない、次は何をしなければいけないのか」と緊張して運動するのに、私が乗ったら「別にこいつの言う通りしなくてもいいんだ。マイペースで、適当に流しておこう」と気楽に運動するので汗も大してかかないということ。そういいえば隅角も「ここで曲がろう」と思ったところでないところで勝手に曲がられたりしてたなぁ。相当に舐められてたということ。こういう勝手は許してはいけないのだが、悲しいかな、許さない技量がない。

 この話を聞いてから、馬が汗をかいても「すまないねぇ」と思わなくなった。馬が、乗り手の扶助に従おうとして暑い中一生懸命運動してくれていた訳ではなく、乗り手を軽視して軽く流していたのだと知ったから。乗り手がヘボいと、馬はケナゲさなど示さないのだ。まあ、馬からしてみれば「何でへぼい乗り手に一生懸命従わなければいけないんだよ。冗談じゃない」ということで、しごく当然の話なのかもしれない。

 どうやったら私がボスだということになるのか? 「練習を積んで上達しろ」というのは王道だが、あと何年かかるか分からない。言うことを聞かなかったらすぐに懲戒というのもあるが、残念ながら鞭や拍車といった過激な方法しか知らない。馬が先生の方に近づいたからといって鞭を入れて叱ったりしたら先生には「おいおい、何すんの!!??」と顔をしかめられそうだ。静岡の先生は、馬を右にまげようとしているのに左に行った時など、「ほらぁ、そんなの許しちゃだめですよ。捻じ曲げてでも右に行かせなきゃぁ」と言う。今の先生は「だめだめ、そんなことやっても」と無理やり捻じ曲げるようなことは許してくれない。どちらも正しいことだと思うが、あまりに言うことを聞いてくれないと「コノヤロウ」と鞭でも使いたくなる。ただし、こちらのビデオを見ると、ボスだ、鞭で懲戒だとか言わずに馬と人とはとても良い信頼関係を築くことができるのかなぁと反省させられる。しかし残念なことに、サンデーライダーはこのビデオのようなことができる環境にないことも確かだ。

 まったくの余談だが、「ボス」という言葉は実は日本語の「坊主」が起源だという話をどこかで読んだ。宣教師が日本に来始めたころ当然在来宗教と衝突した。昔は熱烈な仏教者が大勢いたようで、宣教師の本国への報告に「ボンズ(坊主)というのがとんでもない悪者だ」とか書いてあったということで、これから坊主ー>ボンズー>ボス となって西欧にボスという言葉が定着したとのこと。「和をもって貴しとなす」という日本にそぐわない「ボス」という言葉が日本語オリジンだなんて愉快な話。
(註釈)このページを読んでくださった方から、「ボス」について、船乗り用語の「ボースン」(英語のboatswainで、甲板長、兵曹長という意味)が語源だという説、また、オランダ語baas(ご主人様)が語源と言う説もあるとのとコメントをいただきました。


自分では判らないこと 誰がボスか?へ コラム目次へ 教わる内容と上達の段階 山おやぴの自然観察に戻る

  どうも自分ではこうしているつもり、というものほどあてにならないものはないようだ。「左がちょっと長い、左の手綱をもっ短く持って」と言われても、左右の手綱の長さは、自分からは同じ長さに見える。「ほら、右に傾いている!」と言われても、自分では傾いたという覚えがない。

 ところが、馬はこちらの思い通りには動いてくれない。乗り手の姿勢が悪くて意図が馬に正しく伝わっていないのか、あるいは、扶助が間違っているかのどちらかだが、先生は「姿勢が悪い」と言う。いくら自分では傾いていないと思っても、先生は傾いていると言うし、馬も思ったようには動いてくれていないのだから、姿勢が悪いに違いなかろう。

 なにごとも上手くなろうとすれば、自分では判らない欠点・悪いところを第三者に見てもらうことが必須。そういえば、昔自分のゴルフスイングの分解写真を撮ってもらったことがあるが、自分が想像していたフォームとは全く違ったひどいものでがっかりしたなぁ。


教わる内容と上達の段階 誰がボスか?へ コラム目次へ 乗馬技術書と極意書 山おやぴの自然観察に戻る

  教本には、脚の位置を通常よりXXcm後ろに置いて、、、、とか書いてある。先生は、姿勢が安定せず脚も定位置に安定しない私のレベルでは本に書いてあることを実践するのは無理と見抜いているようで、そういう細かいことを、ほとんど言わない。

 背筋を伸ばして馬の背骨に真っ直ぐ乗れ、などをやかましく言うが、曲がるときには内側の坐骨に体重を移動させてとか、馬が外側に逃げないように外側の脚で抑えて、などはほとんど言わない。基本姿勢もできていないのに、右の坐骨に体重を移して、などと教えたら体を捻じ曲げる悪い癖がついて、背を伸ばして馬には真っ直ぐに乗るという基本が崩れてしまうという配慮だろう。

 ところが、最近のスラロームの練習で、「上体は曲げないでまっすぐのまま、右腰だけ少しだけで出して。右の鐙に体重が乗って右ひざも緩むでしょう」ということを教えてくれた。初めの教えとはずいぶん違う。「上体はまっすぐそのまま、腰だけ動かして」などは最初にやれといっても姿勢をおかしくさせるだけだが、近頃になって、もう次の段階へ進んでもよいと判断したのか、あるいは、すこしは本格的なことも教えておかなければと考えたのか、以前と違うことを教えてくれる。

 まだまだ本に書いてあるようなことは教えてもらっていないが、そのうち「あっ、それってあの本に書いてあったことだ」ということを教えてもらえる段階に進めるかなと楽しみ。しかし、一方では、最初に教わった基本が100%できるようになっていないのに次を教わっていいのかしらと心配にもなる。もっともこんなことを心配して次へ進まないと、「2年通っていますがまだ駈歩をさせてもらえません」、ということになってしまうのだろうが、、、


乗馬技術書と極意書 教わる内容と上達の段階へ コラム目次へ 馬のレベルと乗り手のレベルへ 山おやぴの自然観察に戻る

  武術の極意書というのがある。ところが、書いてあることはだいたいは訳が判らない。訳の判らない理由の一つは、読み手のレベルが解読・理解できる技量に達していないこと。乗馬の技術書でも、こういうものが多い。

 乗馬ライフのツーポイント解説記事もそんな極意書のように読めた。「ツーポイントでの推進の扶助は(脚で馬体圧迫によるものでなく、脚の)関節をつなげて体重によっておこなう」というような説明は、私のような初心者にはどんなことか解らない。「関節をつなげて」と言われても、私の脚の関節はちゃんとつながっているし、それ以上どうやることを「つなぐ」というの?と訳が判らない。体重を掛けろといっても、普通に鐙に乗っていたって体重は鐙に掛かるのにそれとどう違うようにしろというの?とこれまた訳が判らない。

 むかし、千葉周作が北辰一刀流の道場を開いたとき、それまでの道場主のように禅問答のような指導をするのでなくて、竹刀の持ち方はこう、小指で握って人差し指などはそえるだけ、とか非常に具体的で判りやすい指導をして大評判になり大いに繁盛した。しかも指導を受けた人は実際に大変上達が速かった。乗馬界にも千葉周作のように素人判りする教えをしてくれる人はいないものか。

 乗馬ライフの解説を書いた人は、長年の研究の結果一番大事なのは「関節をつなぐ」ことだったんだ、と悟ったのだろう。でも、せっかく、発見した秘訣を紹介しているのに、これで解る人はごく少数だろうからもったいない。今一歩噛み砕いて素人判りする説明になっていれば、もっと多くの人が上達できるのではないか、私も上手くなれるのではと夢見てしまう。

 ただ、こうした先達のご好意(苦心の末発見した秘訣を開示してくれる)に文句をぶーたれて、ほんの聞きかじりの初心者の分際で「極意を素人判りするように解説してくれ」とかいうのは、とんでもなく虫がいい話をしているとは承知はしている。私には難解な解説も、私より高レベルの人には「なるほどそうか」という判り易い説明なのかも知れないし、私ももっともっと上達すれば、「あ、なるほどこういうことを言っていたのか」と次の段階にステップアップする助けになるかも知れない。だいたい、こんなぶーたれ文句は相手にぜず放っておけば、多少上手くなってそれまで難解だと文句を言っていたものが判るようになって文句を言わなくなるか、こりゃやっぱり難しいと上達をあきらめてしまって文句を言わなくなるかのどちらか。馬術関係者からは無視されて当然な訳だが、そうは言っても乗馬界の千葉周作が出て欲しいものだ。

 ところで、私の先生は難解なことをまったく言わない。私のレベルが低くて高級なことを理解できないとご存知ゆえか、「あんたの姿勢はこうなっているでしょ、すると体重がこう馬に掛かって馬はこう動いちゃうよ」と非常に具体的に教えてくれる。


馬のレベルと乗り手のレベル 乗馬技術書と極意書へ コラム目次へ 馬の違い・人の違いへ 山おやぴの自然観察に戻る

馬のレベルと人のレベル Webに掲載されていた速歩のビデオをある先生に見せて技術的質問をしたら、先生いわく「これは参考にならない。このビデオの馬も人も相当高級なレベル。初心者に乗馬を指導するには練習用の馬を使うので、高度な馬場馬術ができるような馬を前提とした指導は意味がない」とのこと。

 「初心者用の練習用の馬!?そんな低レベルの馬じゃあ情けない」と一瞬思ったが、高級技術を仕込まれた感度の高い馬なら、バランスを崩して脚で馬体にしがみ付いたのにパッと反応して乗り手が予想もしなかった動きをするだろう。馬は指示に従った、乗り手はそんな指示はした覚えがない(単にしがみ付いただけ)というわけだから、乗り手も困るが、馬にとっても大迷惑。

 ということは、馬のレベルと乗り手のレベルは合っていないといけないということ。初心者レベルでは初心者用の馬にしか乗れないわけだから当面は、初心者用馬でも高級馬でも共通であるはずの騎上でのバランス これを習得することを最大の目標にして練習するのが良いと思えてきた。

 しかし、次のようなことを最近ある指導者から教えてもらった。

 「出来る馬は3歩毎の踏歩変換くらいなら誰が乗ってもできる、まず馬に習い、その運動を体験し、慣れることが重要。初心者の頃、乗った馬にいきなりパッサージュを始められ、ビックリしたことがある。勿論、馬が勝手にやったのです」ということで、馬に高度な動きをしてもらって、その動きに体を慣らして、馬上でどのようにふるまえばよいかを馬に教えてもらって上達する方法もあるのだ。レベルの高い馬にレベルの低い乗り手が教えてもらうという訳だ。

 すると、初心者を高級馬には乗せられないというのは、「危ないから」という一面もあるが、初心者に高級馬を壊されて(高度な動きについてゆけない初心者が怖がって手綱を引っ張ったりして、馬にそういう高度な動きをするなと教える。)しまうので、その馬を再調教しなければいけなくなる、「初心者のためにそんな手間暇掛けていられるか」というのが本音の理由のような気もする。

 ところで、逆に高級な乗馬技術を持っている人が低レベルの馬に乗れば、問題なく上手く乗れるかというと、必ずしもそうではないらしい。ハミ受けも訓練されていないような馬に、おれの言うことをきけとばかりにぐいぐいやっても、馬に自分の扶助を了解させることはできず、馬を御すことができないという。もちろん、自分の技術(高度な乗り方)を押しつけるのでなく、「あなたはそこまで訓練されていないのですね、じゃあこうしましょ(この程度にしておきましょ)」とその馬に了解できる範囲で乗れば、高度な技術の人は拙い低レベル者よりも、ずっと上手く乗れる。


馬の違い・人の違い 馬のレベルと乗り手のレベルへ コラム目次へ こらっ 言うこと聞かんかいへ 山おやぴの自然観察に戻る

 股関節の固い人もいれば柔らかい人もいる。人それぞれに、得意な動きと苦手な動きなど全部違う。それを一緒くたにして、こうやって乗らなければいけないと一律に押し付けるのは間違いだ、という話をどこかで読んだ。

 馬それぞれにも違いがあって、乗り手のちょっとした動きを扶助と勘違いするような敏感な馬に、「脚で推進が肝心」とグイグイやっても、馬はビビってパニックになるだけ。馬術的調教を受けていない馬に、強いコンタクトを取ろうとしても、馬は「何をするんだ、口が痛いじゃないか」となって扶助に従ってくれるどころではない。それに、調教の違いによって、こうやればこう動くというのも違っている。馬それぞれに違った「特性」がある。
 だから、講談に出てくる馬術の名人曲垣平九郎(まがきへいくろう)が、それまで乗ったこともない馬に乗って神業のような馬術を見せるというのは絵空事。「どの馬に乗っても、正しく~すれば~なる」ということはあり得ないという。
 また、同じ馬でも、疲れ具合や気分によって、その時々で違いがある。昨日は上手く乗れたのに、今日は全然ダメだというとき、乗り手が悪い場合もあるが、その時の馬の調子による場合だってある。そんなときは自分の技量だけを反省するよりも、馬の具合を感じ取って対応(単にだれているなら気合いをいれる、疲労が募っているなら切り上げるなど)しなければならない。
 特に初めての馬なら、それがどんな馬なのか感じ取って、「この扶助にこういう反応をするんだ。じゃあ、これなら理解してくれるよね」と、お互いがコミュニケーションをとれる折り合いをつけることが大切。

 この「馬の特性」が把握できないと、うまく行かないときに「どこまでが自分の問題で、どこからが馬の問題なのか?」 という、決定的に重要な問題が解らない。多くの人が、馬の問題を 自分の問題として不必要な反省をしたり、または自分の問題を馬のせいにして、「するべき反省」をしない。 だから、「上手だ」という事は、 乗った時に 「どんな性格の馬が」 「現在どういう状態にあるか」 がまず分かる事であり、そして、その情報に基づき 「その馬とコミュニケーションを取るのに有効な手段で」 「最大限有効なコミュニケーションを取る事ができる」 という事。こういうことができるためには、できるだけ多くの馬を経験することが必要。たまには違うクラブや環境(たとえば外乗など)で乗ってみるべき。(この段落はオリエント馬事センターからの受け売り)

 最近教えられた「わたしたちは馬を作るのではなく乗るのですから、その馬がどのような調教を受けてきたのか、どこまで出来るのかを把握し、自分の実力を勘案し、折り合いをつけることが、どんな馬でも楽しむ秘訣ではないか、と思っております」という言葉は実に肝に銘ずべき言葉。


こらっ 言うことを聞かんかい 馬の違い・人の違いへ コラム目次へ 乗馬と筋力へ 山おやぴの自然観察に戻る

 いろいろ教わったことを、あれこれ試しても「なあーんか上手くいかない」「思うとおりに動いてくれないなあ」「これで良いはずなんだけど、この扶助のどこが悪いんだろう」ということがあるけれど、これは必ずしも乗り手が悪いばっかりではないらしい。馬は生来怠け者(出来る事でも、やらずに済むならやらない)だから、「ああー面倒だなぁ、はいはい、走るのね、じゃあ走りますよ、これでいいんでしょ」的な状態では、乗り手の扶助に的確に反応はしないらしい。
 こんな時には、「こらっ 言うことを聞け!」という厳しい鞭の一発が効果的。これで、「あっ、これは言うことを聞かないとヤバい」と思ってくれると、その後全ったく反応が違って、馬が見違えるようになる。もちろん、この鞭でバッと走りだそうとしたり、ちょっとした反抗をするかも知れないが、それはビシッと押さえ込むことができなければいけない。
 押さえ込めずに、乗り手が怖がってそこで引っ込んでしまうようだと、馬は「(鞭を入れられ)厳しく求められても、一寸反抗すれば言うこと聞かずとも無問題じゃん」となって、言うことをきかなくなってしまう。ある乗馬施設で「競技会に出ると、出だしで反抗。後退したり前には動かず、時間切れ失権になると、しゃかしゃか動いて帰ってくる」馬がいるという話を聞いた。これなんか、その典型か?鞭や拍車に反抗して跳ねる癖があるという注意書きの馬もいるが、これも跳ねたらそれで鞭や拍車から解放された経験が積み重なったのだろう。

 もちろん、乗り手の扶助が悪い場合もあるけど、ちゃんと教わったとおりやって、普段は通用している扶助が上手くいかない場合は、馬に乗り手の言うことを聞こうという気が無い場合が8-9割方らしい。ただし、馬の個性もあるから、自分のやっている扶助と馬の個性が合わないということもある。
 まあ上手い人が乗ると、馬は「これりゃあサボれない、いうこと聞かにゃあ」と思うらしいから、こちらに技術力が不足していることは確かだが、つたなさを反省するばかりでなく、鞭の一発で馬が言うことを聞く気になってくれるなら、鞭を使わない手はない。

 ところで、気合いを入れる鞭(あるいは懲戒の拍車)に反抗して、暴走を始めたらどうするのと元馬術部に聞いたら、「そんなときは止めないで、走らせる。すると、あれっいつもと違い乗り手がビビッて止めようとしない。なんか変だなとなって暴走を止める」という。似たような話はある乗馬クラブのオーナーからも聞いた。止めようとしても止まらず走り出したら、とことん馬がへばるまで走らせてやるんだと言っていた。どちらにせよ、馬から振り落とされないだけの技量がないと、力ずくで馬を押さえ込むのは危ないことは確かだ。トホホ。


乗馬と筋力 こらっ 言うこと聞かんかいへ コラム目次へ 馬と人・馬の話へ 山おやぴの自然観察に戻る

乗馬と力 「上手になれば力は要らない」と言うが まずこれは嘘。合気道や柔道の達人が「力じゃないよ」と言うが、これも嘘。達人になるまでに普通の人の及ばない努力(訓練)を積んでいるから、達人の力は普通人の何倍もある。彼らからすれば「力じゃない」が 鍛えていない者と較べれば大変な力。

 乗馬も同じ、脹脛で馬腹を圧迫したり 鐙に立ってバランスを取って乗ったりには普段使わない筋肉を使う。練習を集中的にすると、こんなところに筋肉があったかしら?というところが筋肉痛になったりする。しっかりした筋力がないとちゃんと乗れない。先生も「有名選手たちは、鍛えているから腹筋背筋に力があるんです。しかも、腹筋背筋に力を入れて乗る訓練しているから、力まなくても自然に力が入っているのです」と言う。「乗馬には力はいりません。オリンピックの女性選手を見てください。力が必要なら彼女らが好成績を取れるわけがありません」などとバカなことを言って、誤解を与えるのはいいかげん止めた方が良い。

 乗馬をする->>乗馬に必要な筋肉が鍛えられる->>それなりの筋力がついて楽に乗れる->>扶助が楽にできるようになる->>上達する というパスがあるのだろう。

 別次元の話かもしれないが、外乗などで乗り手がヘボイとみるとサボって帰ろうとする馬がいて、これを帰らせないようにするには相当腕力が要る。「こりゃ腕力のない女性では無理だろうなぁ」と思わせられることもたびたび。こういいう馬と力比べをするというのは邪道、というか、本来の乗馬にはまったく必要のないことだろうけれども、、、、

 ただし、相手の馬は基本的には倒すべき敵ではないから、うまく協力関係を築ければ バランスをとるなどに必要な筋力さえあれば それほど力は要らないだろうとは想像できる。ただし現状は一鞍も乗ればヘトヘトだから筋力も技術も無いことは確か。せめてその程度では疲れきらないだけの筋力と技量は早く身に着けたい。


馬と人・馬の話 乗馬と筋力へ コラム目次へ こんな話あんな話へ 山おやぴの自然観察に戻る

 ・馬と人

馬の体 馬はどうしてこんなに人が乗るのに都合よくできているのか不思議な動物。馬以外の動物は人が直接に跨って乗るのに適しておらず、馬だけが人が跨がって乗って活動するのにちょうどよい体の構造と性質をもっている。

 裸馬に跨ってみればこのことは一層実感できる。馬の背は細すぎず広すぎず、前後左右にかなり安定して跨っていられる。背は後方に三角形状に広くなっており背に跨った人は後方にはずれにくくなっている。前方にはき甲が隆起しており、前方にもずれにくい。しかも、前方にはちょうどよい長さ高さでしっかりした首がついており、これが馬上から見た安心感を与えてくれる。象やラクダも乗ることができるが、爽快さにおいて馬にはかなわない。

 草食で群れで生活(他動物を襲わず、リーダーに従う)しており、性質も辛抱強く人に慣れやすく記憶力が良く臆病という調教に適した性質を持っている。これらほぼ全部の性質が人が乗って思うとおりに動かすことに役立つ。馬繋場に何時間でもじっとつながれていたりするのを見ると、なんと大人しいことかと感動さえする。

 そういう馬に乗って楽しませてもらっている訳だが、「人を乗せるのが好きな馬なんかいないよ」という意見と「人を乗せてその人と一緒になにか達成することが楽しい馬もいるんだ」という意見があり、どちらが本当か解らない。馬に人と一緒に何かをすることの楽しさを与えるなどというのは、相当に馬と人との信頼関係が築かれていないと難しそうだとは想像できる。自分の馬を持たず、馬と接するのは乗っているときだけというのでは、こうした信頼関係を築くのは難しそうだ。

 自馬・半自馬を持っている女性のブログなどを見ていると、その注ぎ込む愛情の深さに女性の偉大さを思い知らされる。私は自分の馬を持ったとしても「(自分の)可愛い子」として接する気にはならないだろう。どうも愛情よりも「乗りまわして楽しみたい」という身勝手な思いが勝っているようだ。現状は「人は馬と対等であってはならず、乗り手は馬のボスでなければいけない」という教本を勝手に解釈して、この身勝手な思いを正当化したつもり。これで馬の方が「ボスの言うとおりに動けてうれしいなぁ」と思ってくれるようになれば、言うことはないのだが、、、、


 ・自分の馬が欲しい
 自分の馬を持っていれば、自分好みに調教することもできる。予約がいっぱいで乗れないということもないし、毎回の騎乗料など不要で乗りたいだけ乗れる。なにせ「自分の馬」だから馬との絆も強固なものになる。しかし、これは結構敷居が高く、簡単には手が出せない。

 まずは金銭的負担。自分の馬だといっても、乗馬クラブに預かってもらうことになるから、クラブに預託料を支払わなければいけない。預託費用は通常月10万円程度(格安だと6万円程度も)だから月給の3~5割り方を馬に費やしてしまうことになる。定額の預託料の他に、病気の治療代・予防注射代、蹄鉄の取り換え代、運動させたり調教してもらうための費用、はては日光浴代などといった名目で追加費用が沢山掛かる。だから、預託料10万円ならカスカスなんとかなる、という程度ではダメで、相当余力がないと馬は持てない。

 この金銭的負担をやや軽くするための制度として、「半自馬」という仕組みを用意している乗馬クラブもある。これは文字通り半分自分の馬ということで、自分が乗りに行けば優先して自分が乗ることができるが、自分が乗らないときはクラブの馬として他の会員の乗用に供するというもの。この制度であれば月5万円程度で自分の馬を持った気になれる。ただし、半自馬の持ち主に毎日馬を占用されてはたまらんということで、持ち主が無料で乗れる騎乗回数に制限を置くクラブもあり、そうおいしい話ばかりではない。

 自分の馬を持ったときの大きな問題は、その馬が年老いて乗れなくなったときにも面倒を見続けられるか?という問題。馬の介護 乗って楽しめている間はたとえ十数万円/月の費用を喜んで支払う人でも、乗れもしないのに馬が死ぬまでこの金を払い続けることができるだろうか?馬の寿命は二十数年だから買った馬が老齢化して(あるいは怪我で)乗用に耐えなくなる時が必ず来る。そして人が乗れなくなっても、そのあと数年は生きている。この間は役に立たない(乗れない)けれども医療費・預託料などはかかり続ける。
 乗って楽しんでいる分には喜んで負担できた費用を、乗れなくなったから払わないということは、その馬を処分(屠殺)することを意味する。乗っているときは自分の馬だと主張しておいて、乗れなくなったら老後の面倒はクラブが看るべきだなどと勝手なことは言えない。もっとも、これは生き物の命の重さという問題であり、自馬でなくてもクラブ所有の馬でもこの問題はある。しかし、クラブ所有の馬については、この問題をクラブに丸投げして他人事として見ないふりをできる。この問題に真摯に悩んで乗馬から遠ざかる人もいる

 自馬を持つなら、老化(あるいは故障)した自馬を苦痛と思わずに面倒見続ける覚悟が必要。この覚悟がないなら持つべきではないと思う。こちらの記事は競走馬の観点から書かれているが、よくまとまっている。

 ところで、馬自体を購入する費用は驚くほど安い。オリンピック級の馬は何億円もするが、乗馬クラブで適当に乗るための馬なら安価。乗馬用に飼育された新馬なら10万円も出せば買える。日本の乗馬クラブの多くは競馬上りの馬(レースを引退した馬)を格安あるいはタダで引き取って使っている。たいていの乗馬クラブには「この馬はxxxでレースに出ていたんだよ」とか「中央競馬で障害を跳んでいたよ」とかいう馬がいる。ただし、こうした乗用馬として未調教の馬を買うのは安価(運搬費の方が高い?)だが、乗馬クラブで調教してある馬を、気に入ったからと言って自分の馬にしたい(自馬や半自馬)というと、高額な値段(数百万円)を言われる。馬場馬術調教の手間暇を値段に上乗せすれば、売る側としては百万円でも安いということか。それに、買い手がなければタダ同然だが、買いたがる人がいれば高値になるのは経済原則。しかし、国体に出るような馬でなければ、そのあたりで初心者が乗っているような馬の相場はそんなに高い訳がない。


・馬の死
 先生のところの馬が一頭死んでしまった。21-2才だったようだ。駈歩の反撞がとても気持ちの良い馬で気に入っていたが、先だって「今日はあの馬でお願いします」と頼んだら、「あれ死んでしまったのですよ」というお話。「えー、どうしたんですか?」と聞くと、ようやく春になってとても暖かい日が数日続いて冬毛(この馬はとても長い黒い冬毛で熊のようでした)がどっと抜け落ちた後、また寒くなって(先生のところは標高6-700mの山奥にあるので、その頃にもバケツの水が氷ったりした)体調を崩して、いろいろ手当をしたのだけれども2週間ほどで死んでしまったというお話。儚いものです。

 人を乗せることができる健康状態だったものが、数日あるいは数週間で死んでしまうということは、よくある話。しかし、一方で、「この馬はどうしたのですか?」と聞くと、「これはもう足腰が弱っていて乗れないんですよ」という馬もよく見かける。よく見ると脚がぶるぶると震え気味だったりして、これじゃあ人の重さは支えられないなあという状況。人を乗せることができなくなってもう1-2年経つという話も聞いたりする。

 静岡の先生のところの上とは別の高齢馬(30歳)が死んだ(2013年7月)。この馬は人を乗せることができないほど衰えてから4年位は経っていたのではないか。初夏(2013年)にお伺いした時はもうがりがりに痩せて(歯が抜けてまともに餌が取れない)いて、先生は「夏までもたないのではないか」と言っていた。経営に役立たない(客を乗せられない)のだから、安楽死という選択もあったはずだが、人を乗せることができなくなった馬をよく面倒を見ておられるものだと、先生の馬を愛する姿勢に感銘を受けた。自馬を持つには、乗れなくなっても3、4年は面倒を見続けるという覚悟がいる。

 事故死というのも結構ある。以前よく通っていた外乗施設でも「今日はあの馬でお願いします」と頼んだら「あれ死にました」ということ。「どうしたのですか?」と聞くと、頸をどこかにぶつけて死んだ(事故死)だということだった。頑丈でたくましく見える馬だが、怪我の部位によっては実にあっさりと死んでしまうことがあるようだ。


・アラビアンに乗りたい
  カッコいい馬ということでいうなら、アラビアン。

アラビアンアラビアン アラビアンは姿と言い歩様の美しさといい、絶品。特に速歩や駈歩は独特の歩様で、重心の上下動がほとんどないのではないかというような走り方をする。裸馬で乗って駆けさせれば最高の乗り心地を味わえそう。ところが、このなんとか乗ってみたい美しいアラビアンというのは日本の乗馬クラブにはいないのではないか。値段も高そう。アラブ種というように範囲を広げても、アラブ種による競馬は日本では行われなくなり生産量は激減、競馬上りの馬に頼っている乗馬クラブにはアラブの血の濃い馬はそう多くない。乗馬用として繁殖された馬にはアラブの血が混じっているものがいるようだから、そのあたりで満足するしかない。しかし、純血のアラビアンには一度は乗ってみたいもの。現地(中近東)に行けば手軽に乗れるのだろうか。


・人懐っこい馬
 扱いやすい馬というと、人に対して好奇心を持ち、悪意を持っていないということがポイント。そのためには、馬が虐待・苛められていないことが必須条件。愛情をもって大事に扱われている馬は、人に対して素直。

 虐待やいじめを受けた馬は人に敵意をもったりするので、馬装しようとしたときに暴れたり噛みついたする。当然乗っても扶助に素直に従わないことも多い。甚だしい場合は、乗り手を跳ね落とそうとしたりする。反抗する馬を乗りこなすという楽しみ方もあるだろうが、普通は、人に対して敵意や反抗心を持っていない馬に乗ることが、乗馬を楽しく快適なものにする。江戸時代の馬術の達人が乗馬の秘訣を聞かれて「暴れ馬には乗らないことだ」と答えたという話は有名。

 先生のところの馬は、無口をつけようとすると自分から鼻面を無口に突っ込んでくるし、ハミもごく素直に銜えてくれる。楽ちんなもの。


・セン馬
  明治維新のころ日本に軍事指導にきた外国の武官は日本の軍馬を見て、「これは(馬ではなくて)猛獣だ」といったという。日本には馬を去勢する習慣がなかった(知らなかった?)ので、牡馬は気性が荒くてすごかった。発情期など危なくて、とても乗っていられなかったのではないか。

 遊牧社会では繁殖用以外の牡は去勢するのが普通で、去勢してある馬はセン馬(略してセン、英語では gelding )と呼ばれる。乗馬クラブで乗る馬はだいたいがセン。

 以前いきつけだった外乗コースのある乗馬施設で、「今ちょうど玉抜きが終わった馬がいるけど見る?」と言われて手術直後の馬を見せてもらったことがある。バケツの中に握りこぶし大よりちょっと小ぶりな白い丸い塊が二つ転がしてあった。「ああーあ、ほんとにタマを抜かれちゃったんだー」と見ていたらカラスが飛んできてあっという間に銜えて持って行ってしまった。もう戻せない。馬の方は手術あとから多少出血があったが何事もなかったかのように馬繋場につながれている。人間だったら「なんてーひでーことをしやぁがるんだ」と大いに怒り狂うところだろうが、何をされたか判らないというのは怖いもの、平然としている。

 世話係りの人が「同じオスとして複雑な感情ですけどね」と言っていたが、たしかに妙な感じ。安全に乗れるようにするには去勢はほとんど必須だが、オスとしては役立たずにしてしまうのだからねぇ。でもまあ、人間に置き換えて考えるから「とんでもなくひどいこと」なのだが、平然としている馬を見るとそんなにひどいことだと考える必要はないのかも。センなら、素人でも楽しく乗ることができるので、人を乗せられない馬として屠畜場送りにされてしまうこともないのだから、、、、、


こんな話あんな話 馬の話へ コラム目次へ 乗馬は腰に悪い?へ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

・馬を欲しがるろくでなし
 「〇○をやっている人に悪い人はいない」というが、これは大体が嘘。乗馬をやっている人にもろくでなしは居るらしい。

 乗馬クラブ会員の中には、オーナーに例えば「自分の馬が欲しいから40万円で探してくれ」という人がいる。オーナーがあれこれ探し出して、馬を取り寄せて「これが良いでしょう。希望通りの40万円」というと、「自分の希望していた馬と毛色が違う、思っていた調教レベルでない、なんだかんだ」とクレームをつけて、「これじゃあ30万円しか出せない」とゴネたり、あるいは、ためし乗りと称して散々乗って「もういらない」と言い出したりする人がいるらしい。

 取り寄せた馬を送り返すには、それなりの金がいるから、その分は安く値切っても売ってくれるだろうと見越して、最初から払う気の無い金額を言うらしい。

 しかし、さすがにこういう性質の悪い人の情報はオーナー間で広まっているから、最初はともかくこういう人が馬を買いたいと性懲りもなく言いだしても誰も相手にしなくなる。それにしても、こんなろくでなしが馬好きだとは思いたくないなぁ。


・やくざが~
  乗馬クラブの個人オーナーには変人が多いとかいう話があるが、馬に熱心なあまり変わって見えるというくらいなら問題ない。しかし、金銭面にルーズだったり、会員に金を無心するオーナーもいるようだから、こうなると問題。また、乗馬クラブの中にはやくざが経営しているクラブもある。金と権力は得たから次は世間に誇れるステータスだということで乗馬クラブのオーナーになったり、娘にせがまれて馬(競技会で好成績を残せるような高級馬)を買い与えて、さらにはその馬を飼育するために乗馬クラブを持つ、といったパターンがあるらしい。乗馬クラブオーナーの間では有名な話。

 自分が会員になった乗馬クラブが実はやくざの経営だったなどはゾッとする話だから、そんなことが無いように噂などには注意していた方がよい。


・客にも節度が
  乗りに来る人の側にも問題がある場合がある。たとえば、お金があまっているのか、クラブにナイター設備を寄付しようとか言ってくる会員さんもいる。これが、寄付してくれるだけなら良いのだが、次第に、クラブ運営にも口をだすようになったり、俺がやってやったんだとばかりこれ見よがしな振舞いをするようなことになると、オーナーとしては大変不快な気持ちにもなる。オーナーは自分の考えがあってクラブを運営しているのだから、そういったことに深入りはせず、馬に乗らせてもらう・触らせてもらう、ありがとうございました、さようならまた今度よろしく、という関係を保つ方が無難。

 会員同士で、こう乗った方がいいですよ、とか「これが上手くできないんですけど?」「それはこうやったらうまくいったことがありますよ」などという交流は結構なことだが、度を超すと嫌がられる。特にゴルフの教え魔ではないが、頼まれもしないのにああだこうだと助言すべきではない。下手をすると人間関係が壊れて、乗馬が楽しいものでなくなってしまう。クラブによっては、この問題を避けるために会員が会員にアドバイスすることを禁じていたりすりる。ただし、身体に危険がおよぶような危ないことをやっていれば、「それは、こうなって怪我をすることがありますから危ないですよ」と注意してあげるべき。知らん顔をしていて事故が起これば後味が悪い。


・馬におやつ やり方が大問題?
 馬にリンゴやニンジンなどのおやつを持っていくことはだいたいが歓迎されるが、馬をきちんと管理しているところでは、どうぞどうぞということでもないらしい。以下は某馬事公苑で馬にニンジンやリンゴなどをあげることについての注意書き。たかがおやつをあげることだけど、問題を引き起こすこともあるんだなぁ。

 ー 馬が前掻きをすると蹄鉄が減ったり、蹄鉄がひっかかって外れたときには蹄にひびが入ったりする。そうなると何ヶ月も掛からなければ元通りにならない。
 ー 馬がニンジンをもらえそうだと思っているときは、紙袋などのすれる音だけで前掻きを始め、馬房の中でまわりの馬も一緒に興奮して蹴り合いを始める。こういったことで馬が怪我をすることがある。
 ー 手から小さく切ったニンジンを与えることもじゃれることを憶えさせ、いずれ人に噛みつく事を憶えさせることになる。
 ー ニンジンやリンゴは馬の食欲をそそり、それ自体は良い餌なのだが、与え方に問題がある。


・ライセンスビジネス
 乗馬ライフなどはときどきライセンスを取ろうなどと特集記事を組んだりしている。ライセンスというのは、自分のレベルを客観的に評価するという意味があるが、尺度としてどのくらい信憑性があるのか疑問。というのは、コースをよく覚えている賢い馬なら簡単にコースはクリアできるし、御しにくい馬だとまともに合格するのは難しく、馬次第で合否がなんとでもなるという面があるから。難しい馬で合格点をとれれば相応の技量があることは確かだが、単に「ライセンス〇級に合格しているから絶対的にこのレベルにある」といえないところが悩ましい。

 他方では、乗馬ライセンスというのは、ライセンスビジネス(受験料で稼ぐ、ライセンス向けの講習会で稼ぐ)のために存在するように思える。乗馬に限らず、「これこれはxx級の認定をもっていないと教えません(できません)、認定を取るにはこれこれの講習を受けて、受験して合格しなければいけません」というシステムを創り上げて、受講料、受験料などで稼ぐビジネスモデル。この仕組みが上手く回れば、受講用のテキスト・教材を作る人、講師、ライセンスを管理する人、などなど一定の人々に金の流れができあがる。世の中はこのビジネスモデルであふれている。

 でも、「なんでも金儲けのネタにして」と捻くれて考えずとも、客観評価ができる基準・上達目標を設けてくれているのだからありがたい話ではある。「乗馬ライセンスxx級をとれたうれしいな、次はxx級に挑戦しよう」というのも乗馬の楽しみ方の一つで、これを無意味だなどと否定することはできない。なにごとにも、目標があるということは良いこと。


・乗馬世代昨今
 静岡の先生のクラブは海水浴場の近くにある。バブル崩壊前は、海水浴客や遊びに来た人がたまたまクラブの看板を見て、乗せてください・乗ってみたいのですがと大勢来たそうだ。今はそういう客は激減している。下田の寿司屋のオヤジも「最近は観光客が減ったよ」と毎年のように嘆いている。民宿もバタバタつぶれている。

 今は、昔の若い観光客に代わって、私のようなリタイヤした世代や年配の世代が乗りたいといってくるようになったそうだ。若い女性の乗馬人口が増えているかと思っていたら、そうでもないらしい。ネットの発達で、インターネットで見たのだけれどとか、大手乗馬クラブの会員だけれどここで乗れますか、という人が増えているそうだ。


・鞍の押し売り?
 クレインは会員に鞍を押し売りすることで有名だが、執拗に言われて買わされてしまったという人、断ったらそれ以上は言われなかった人、「買えなんていわれたことないですよ」という人など様々。比較的廉価に乗馬を提供するために、ほかのところで金を取ろうというのは企業としてはごくまっとうな活動。鞍を買えといわれるから悪質なクラブだとは言えない。買う義務はないのだから、いらない・買わないと強く拒否すれば良い話。

 専用馬制度という、特定の馬(会員に人気が高い馬)に乗りたいなら追加料金を払えという仕組みもある。これも大勢の会員がいるが、その全部の要求レベルに見合う馬の数を揃えられないという実情を解決するために適用している経済原則だと思えば納得。ただ、これも専用馬を頼まないと会員に荒い乗り方をされて人間不信に陥った馬にしか乗せてもらえないとなると、そのクラブには結局良い馬がいないのと同じことになるから、考え物。


・メリーゴーラウンド
メリーゴーラウンド  メリーゴーラウンドという言葉がある。多数の馬が狭い馬場で数珠つなぎになって、どこが先頭か判らないような環になった状態で練習(歩く、走る)することを揶揄した言葉。こういう状態になると、馬は乗り手の指示よりも前の馬に倣って動くという具合になる。それで、それじゃあ上達はおぼつかない、そんな練習はいくらやっても無駄だと言われることになる。

 けれども、これも最初は悪くないという話がある。馬が勝手に歩いたり走ったりしてくるから、乗り手は馬を推進するために一生懸命に脚を使うとか、手綱を必死で操るというようなことはせずに済む。脚も手綱も忘れて、ひたすら馬上での姿勢の安定を練習する、あるいは、馬独特の反撞に体を慣らす、ということを目的にすれば、ある意味とても効率的練習方法。

 よい馬になればなるほど馬上の人の体重移動とか体勢の変化に敏感に反応。だから、どんどん上達して上級馬を乗りこなしてゆくためにも、早い段階で馬上姿勢を正しく安定に保てるようになっておくことが、とても大切。メリーゴーラウンドも捨てたものではない。調馬索のない調馬索練習のようなものだから。

 ただ、このメリーゴーラウンドばかりだといくら経験を積んで姿勢は安定しても、馬を一人で動かすことができないかもしれない。馬は乗った人の扶助ではなく、インストラクタの掛け声と前の馬の動きに合わせて走ったりとまったりしている。乗り手の扶助が有効なのかどうかを確認できないから、実はまるで扶助ができていない可能性もある。そんな状態でほかのクラブや外乗で一人で乗ってみると、まるで馬が動いてくれないという情けないことになる。


・駆けさせてくれ~
駈歩 駈歩は独特の揺れも大きいので乗り手が体勢を崩しやすいと言える。このため、先生は基礎(馬上での上体の安定や基本的扶助操作)を練習しているときは駈歩はやらない方が良いと言う。速歩や常足での隅角通過や輪乗りができていたのが、駈歩後に馬がよれたりすると、「駈歩なんか入れるから、体がちゃんとした動きを忘れて体勢がくずれた」など注意される。先生からすると、「せっかく出来てたのに、駈足なんて余計なことをするから、また元に戻っちゃったじゃないか」ということで残念に思ったのだろう。

 クラブによっては、駈歩をさせてもらえるためには特別の講習をパスしないといけないなど金銭的、時間的ハードルを設けているところもある。でも、駈歩は乗馬の華だからなぁ。いかにヘッポコでもたまには颯爽と駆けてストレス発散といきたいもの。静岡の先生は基礎がおぼつかない私にも駈歩のことをいろいろ教えてくれる。

 あるレベルまで駈歩はさせない、初心のうちからどんどん駈歩をさせる、どちらも言い分はあるように思える。けれども、同じことばかりやっていると(下手なくせに?あるいは、へただからゆえに)飽きてしまうから、適当に駈歩もやらせてくれた方が生徒としてはありがたい。駈歩はそんなに危険なものではないんだしね。今の先生も、自由騎乗のときは私が盛んに駈歩をやっていることを知っているから、「もうちょっとしたら駈歩の練習もしましょう」などと言ってくれるが。。。。


・下乗り
 馬にも準備運動は必要。体を温めほぐしておく、あるいは、体力が有り余りすぎているとき適度に体力を消費させて初心者が乗っても飛び跳ねないようにしておく、怠けずに扶助に従わなければいけないという気にさせておく、などのために事前にトレーナーや先生が乗って運動させておくことを「下乗り」と言う。

 長雨でしばらく運動させていなかった馬に乗るとか、雪で馬場を使えずにいた後で乗るとかいうときは特に下乗り、ないし、調馬索運動を充分した後で乗る方が無難。雪の馬場などでは馬は興奮して跳ねまわる。こんなに跳ねられたら振り落とされるだろうなぁというほど。しばらく運動すると落ち着いてきて、これなら乗っても大丈夫と不安感がなくなる。

 ところで、ある乗馬クラブ会員の話を聞いたら、下乗り時間も騎乗時間に含まれるルールになっているということ。一鞍45分なのに下乗りと称してインストラクターが長々と乗るので、自分が乗れる時間はその半分もないというひどい話もあるようだ。こんなことだと騎乗料(時間当たり)は額面の倍ということになるから詐欺みたいなもの。あまりにひどいようなら、ほかのクラブに替わった方がよいと思うが、ブログなどを読んでいると下乗りしてくれたおかげで乗り易くなったとか意外と好意的感想が多いのに驚く。騎乗予定時間には乗れる状態の馬を用意しておくのがクラブの責任だから、会員が乗り易くするためだという名目でも、騎乗時間をこれで削るというのはクラブの怠慢だと思うが。


・万里を遠しとせず
  乗馬クラブ選びのガイドなどを見ていると「まず通えることが大事です」と負担にならずに通える距離・時間のところにあるクラブを選ぶことが一番大切であるとガイドしている。

  たしかに、通えないほど遠ければ乗馬を継続することは難しいが、私はこれにこだわる必要は全くないと思う。毎日行くなら別だが、普通は週一回、週末に行く程度だから、遠くても困ることはない。通うことの負担よりも、教え方が良い・良い馬がいる・乗っていて楽しい、といったプラス面が多ければ千里も遠しとせず。

  しかも遠い(辺鄙なところにある)クラブには、次のようなメリットがある。

(1)会員が少ないので土日でも込み合うことがなく、希望する好きな時間帯に乗れる、
(2)人が少ないので1日に2,3鞍集中して乗ることもできる、
(3)一人のインストラクター(先生)が同時に見る人の数がせいぜい数名、たいていは一人、で個人教授に近いレッスンが受けられる、
  生徒が少ないのでインストラクターは個々の生徒の技量・癖などをよく把握している、
  大勢で同じ練習メニューをこなす形式でない(個別指導)ので、個々の生徒のレベルに合った練習をさせてくれる、
(4)有給休暇を取って、平日にでも行けばクラブを貸切り状態にできたりする、
などです。

  遠いからといってクラブ選びの対象から外してしまうのはもったいない。遠くて月に1回しか通えなくても、土日泊りがけで集中して乗れば、月に5,6鞍は楽に乗れる。


乗馬は腰に悪い? こんな話あんな話へ コラム目次へ 乗馬クラブのことへ 山おやぴの自然観察に戻る

乗馬とゴルフ 馬に乗っているとドスドスと上下に脊柱が餅つき状態になって、椎間板に良い訳が無い。乗馬は腰(椎間板ヘルニア?)に悪いんじゃないか、と思えるが、どうだろう?日常生活ではこんなにどすんどすんされることはない。

 長年のデスクワークが祟ったのか、脚にしびれが出るようになり、どうも腰(椎間板)が原因ではないかいなと勝手に思ってた。ちょっと悪化した折に、ナショナルジョーバで腰をマッサージしようと二鞍続けて(30分)乗って、腰をぐにゃぐにゃとやったら、翌日からひどいことになってしばらくは歩くのにさえ難渋した。何でジョーバで腰をグニャグニャやって直そうと思ったのか今考えるとアホな話だが、これは腰には良くなかったことは確か。実際の乗馬でも、腰をぐにゃぐにゃとやれば、やはり腰にはとんでもなく悪いということは間違いない。

 先生は、「しっかり馬上で背伸びして、ドスドスという反撞を背骨を取り囲む筋肉でしっかり受け止めなければいけない、絶対にぐにゃぐにゃとやってはいけない、ぐにゃぐにゃやると腰をいためる」と言う。しっかり真っ直ぐ立つと確かに、背骨へのダメージは少ないようだと実感できる。

 ところで、腰痛が多少残っているときに、ゴルフを二日連続でやったら、二日目の昼飯時に足が動かなくなって手すりに掴まらないと歩けなくなった。なんとか、誤魔化して午後を乗り切ったが、これで乗馬よりもゴルフが何倍も腰には悪いと確信した。腰痛でゴルフに付き合えなくなったという人に、どうしたの?原因は何?と聞いたら、「ゴルフのやりすぎ」と言う人は私の周りにも多い。このことからも、ゴルフは腰へのダメージが(乗馬よりも)大きいと言えるように思う。


乗馬クラブのこと 乗馬は腰に悪い?へ コラム目次へ 落馬やトラブルへ 山おやぴの自然観察に戻る

 全国展開している大手乗馬クラブ「乗馬クラブクレイン」、会員数日本一とうたっている乗馬クラブだ。ネット上では「鞍を押し売りする」とか「専用馬をとらないと劣悪な馬をあてがわれる」とか悪評が高い。しかし、クレイン未体験だが、それほど悪く言うこともないだろうと思っていた。騎乗料などが安い分、他に収入を増やす道を考えなければいけない訳で、鞍を買う余裕のある人から集めた金で騎乗料収入を補うことも企業努力としては当然。それにクレインが乗馬を普及させた功績は大きい。

 そんなクレインのことを改めてここで話題にするのは、最近読んだ女性のブログが原因。この女性は大変明るい前向きな人(残念なことに2014年、癌で他界なさいました。ご冥福をお祈りいたします)のようで、ブログからは楽しい乗馬ライフを過ごしたことが窺われ、決してクレインに不平不満を漏らしてはいない。そんな楽しい乗馬ライフを過ごされた赤の他人のブログを読んで何を感じたか、、、

 まずはこの女性の乗馬鞍数。1500鞍(途中ブランクがあったようだが、10年以上)を超えている。1500鞍を超えている人のブログは他にもあるから、この鞍数だけではそれほど驚くことはないのだが、1500鞍を超えているのにレッスン内容が初級駈歩とか駈歩練習会などというもの。1500鞍を超えているのに「初級××」はないでしょー。でもブログでは、(楽しく)るんるんで駈歩できた、とか、まるでうごいてくれなかったとか綴っているだけで不平不満は一切もらしていない。

 次に、多くの馬が口かごを付けている事に驚かされた。人を咬むという悪い癖を持った馬がこんなにたくさん!!?? ブログ主も咬まれた傷の写真をアップしている。馬は虐待されたり過度なストレスを与えられたりしないかぎり意図的に人を咬んだりしないはずだから、そういう経験を多くの馬がしているという環境に驚いた。

 で、考えたこと、1500鞍も乗っている人に、もう少しましな馬をあてがえなかったものだろうか?ということ。もっと素直に動いて人を咬んだりしない馬をあてがえば、このブログ主の乗馬ライフはもっともっともっと楽しいものにできたのではないだろうか、ということ。ブログの中ではいっさい不満を出さず、せいぜい「この馬は(御せそうにないから)換えてくれくれ」というお願いをしたくらいのことしか書かれていないことが、その思いをいっそう強くさせる。すでにお亡くなりになっているだけに、ひとしお残念です。

  ブログ主のプロファイルの
         乗馬ライフ♪はマイペース。
        クラブに足繁く通って 少しは上達したのだろうか(^^;)
        颯爽と駈歩できるようになったかな(^^) 
  に涙が止まりません。

 ところで、「クレインってひどいじゃないか」と言えるかもしれないが、馬をそういう酷い目に合わせたのは日ごろ馬に乗っているクレインの会員とも言える。「もっと蹴って」「もっと拍車を入れて」というインストラクタと、拍車傷がつくほど蹴ったり鞭でシバキ上げる(一部の)会員がいっしょになって馬をそのようにしてしまったのだ。乗馬を楽しむ人にもいろいろいるから、馬を奴隷のように扱って快感という人がいても不思議はない。あるいは意図的に馬を虐めなくても、あやふや、間違った扶助で馬を混乱させダメにしてしまう会員も多いだろう。初心者が馬をダメにする乗り方をしていても、大勢の生徒にインストラクタ一1人では目が届かない。

 客は勝手だからあれをやらせろこれをやらせろ(跳ばせろ、駈けさせろ)と要求するが、こういう要求をする客のレベルと提供できる馬のレベルをうまく調整をつけて適宜サービスを提供するのは難しい。いつでもどんな客にも対応できるようにしたら設備(用意している馬、インストラクタ)が過剰にならざるを得ないので無理。結局、馬は知能・感情をもった生き物だから、バイクのようにアクセルをふかせば(蹴れば)必ず進んで、ハンドルを切れば(手綱をひっぱて首を曲げれば)必ず曲がるというものでなくて、馬に進もう、曲がろうという気になってもらわなければだめなのだ、乗馬は馬上から馬にそういう乗り手の意図を蹴ったり叩いたりせずに伝えるものなのだと客に解ってもらうことが必要で、そういう努力が足りないのではないだろうか?もっとも、そういうものなのだと客に伝えたとして、「そんな、まどろっこしいものなのか。乗馬なんてやーめた」という人と、「馬と意思疎通ができなければいけないのか、生き物相手は面白い」という人とどちらが多いか考えて、前者も逃がしたくないということで、そんな話はすっ飛ばして「ほら、もっと蹴って」という話になっているのだろうか。

 けれども、申し訳ないが前者には退席ねがって、後者だけを集めた方が、結局良い馬を増やして乗馬をより易しく楽しいものにし、乗馬人口を増やすのに良い結果をもたらすのでは、と思うのだが。。。。。


落馬やトラブル 乗馬クラブのことへ コラム目次へ 相互リンクへ 山おやぴの自然観察に戻る

  以下に落ちたり蹴られたり 私の沢山の失敗の中からいくつかをご紹介。全部 単騎外乗でのトラブル。何かのご参考になれば、、、。

以前「ボディープロテクタはどうか知りませんがヘルメットは必須ですねぇ」などと言っていたが、最近立て続けに落馬づいていて、ボディープロテクタは付けるべきだと思うようになった。安全については十分すぎるなんてない。


(1)暴走しても6-700mも走れば(現役の競走馬じゃないんだから)疲れてスピードダウンする。慌てずに馬の疲れを待とう。バンバンとお尻を跳ね上げられてバランスを崩して落ちそうなら、鞍の落馬防止用のバンドなどにつかまって、鐙に立って膝で反動を抜くことで跳ね上げられて落ちることを防ぐ。走り出してしまってからでは停まらない、暴走の気配があったらすぐに止めよう。とにかく手綱を全力で引っ張ってでも止める。引きっぱなしでなく、強く引いて、緩める、を繰り返す。

(2)馬の尻周り2m以内には近づかない。臆病な馬は得体の知れぬものが近づくと嫌がって蹴る。また夏場にアブなどを肢をあげて追い払っているときにも近づかない方が無難。


・急停止一本背負い落馬: 運よく怪我なし
 森の中を駈歩で爆走。道の途中に通行止めのロープを発見。止めようとしたが止らず、馬の胸がロープにぶつかっても停まらない。
 馬はロープを突っ切って行くと思った瞬間に急停止(ロープは切れず)。見事な一本背負いで、まっすぐ馬の頭越えに真っ逆さまに墜落。
 しかしヘルメットのおかげかまったくケガはなし、運が良かったとしか言いようがない。 

 暴走前にきちんとスピードコントロールするべきだった。


・暴れる馬から落馬: 引き摺られて肘と膝頭を擦りむき、治癒に3ヶ月

 地上の低いところ(地面から20-30cm)にロープが張ってある。常歩で跨がせて越させたら、後肢がロープに引っかかって、肢を外そうと暴れた馬から振り落とされる。
 地面に倒れている私を、何か得体の知れない物体だと怖がって馬は全力で後ずさり。馬が逃げないようにしっかり手綱をもっていたのでずりずり引き摺られ、肘と膝頭を骨が見えるのではないかというくらい擦りむいた。

 ロープや蔦、長い木の枝など馬の足に絡まる可能性のあるものが地上にあるときは要注意


・横っ飛び落馬: 怪我なし

 とつぜん草むらから雉が飛び出した。これに驚いた馬はよこっとびして走り出した。
 バランスを崩して落ちたが 思わず馬の首っ玉にしがみついてぶら下がった格好になったところ 馬が停まってくれて足から着地できた。ただし、首っ玉にしがみ付いても馬は止まってくれるとは限らないらしい。

 草むらや藪からの鳥の飛び出しはよくあること。いつも警戒しておくべし。


・横っ飛び落馬: 落ちたとき側溝に足を突っ込み脛に擦り傷

 真っ直ぐな道で駈歩、馬が突然道路脇の藪のちょっとした切れ目に横っ飛びに突っ込んで急停止。道の両脇は藪で、真っ直ぐ進む以外は想定外で、横っ飛びにまったくついていけず落馬。
 脇に飛び込んだあと馬はその場でハアハアやっていて、腹から透明な汗が大量に流れ落ちている。どうやらこれ以上走りたくないと、脇の藪の切れ目に飛び込んだらしい。

 馬の発汗状態などに無頓着に乗っていた。発汗に注意して、適度に休憩を織り交ぜるべし。


・暴走: 怪我なし

 走り出した馬が何をやっても止まらない。普通は一方の手綱だけを無理やり引いて首を捻じ曲げてやれば(馬が転ぶ可能性があるので危ないが)スピードは多少ダウンするのだがまったく効かない。
 砂地(海岸)なので落ちても死ぬことはないかと止めるのはあきらめ馬の疲れを待って落ちないようバランスにだけ注意。そのうち馬の速度がやや鈍ったところで止めることができた。

 暴走に入る前に前兆を捕らえて馬を抑えるべし。


・物見: 諦めて引き返し、怪我なし

 前回(一月前)は素直に通過したところで ぴたっと停止。
 とくに何かがあるという訳ではないが鞭でも拍車でもまったく進もうとせず、進めようとすると後ずさり。完全にお手上げ。あきらめて来た道を戻る。 

 こういうのには対策は無く、無理強いは危険。


・外乗拒否: 怪我なし

 馬は、外乗コースへ出る途中にある馬房に戻ろうとして、どうやっても外乗コースへ出ない。見かねたオーナーが曳いてもまったく動かない。オーナーでさえ前に出せず、馬の顔に圧力をかけて後退させることしかできない。
 しかたなくオーナーは、私を下ろして、馬をぐるっと回して馬の顔に圧力をかけて後ろに下がらせて外乗コースへ押し出す。50mほどこうやってコースを進ませて(さがらせて)から、こんどは馬の向きを直して曳いてコースをさらに進む。
 しばらく歩いた後、私が乗ったが何の問題もなく、馬房へ戻りたがったりもせず、暴走もせず、すなおにコースを動いてくれる。

原因はまったく不明だが、オーナーは決っして「今日の外乗は止めましょう」とは言わなかった。これで止めたら、馬は我儘が通ると思って、次にも同じことをやるからだろう。


・顔面を蹴られる: 歯が数本割れるなど被害甚大

 夏の暑い盛り、木陰で馬から下りて休憩していたら、汗で湿った馬の腹に巨大なアブが沢山たかってきた。
 馬が可愛そうだと、腹にたかっているアブを馬の腹を覗き込みながら鞭をハエ叩きにしてペチペチとつぶしていたら馬はアブを蹴らずに アブを追っていた私の顔面を蹴り上げた。

 馬が馬体の側方を蹴ることができるなどと夢にも思っておらず、まったく無警戒。顔面(顎)にもろに蹄鉄付の蹴りを喰らって、歯が数本割れて口の中はジャリジャリ、顎からも大出血。

 怪我にょる歯の治療は健康保険の対象外とは知らなかった。

 馬は体の横1m程度離れたところも蹴ることができるので要注意。


・曳馬で足を踏まれる: 足の甲を軽度の圧迫挫傷

 馬を曳いて歩いていたら 右足の甲を馬の前脚で踏みつけられた。

 腕の伸ばして馬から離れて歩くべし。


・鞍がずり落ち落馬: 怪我なし

 バランスを崩して片方の鐙だけに体重が掛かったら、腹帯が緩かったため鞍が90度ずるりと回転。鞍が回った側に落馬。
 馬は常歩に歩度を緩めていたので、幸いにも鐙を踏んでいない反対側の脚で着地できて転倒は免れた。

 出発前に腹帯の締め具合を確認要


・鐙が切れる: 怪我なし

 鞍の上に腰を浮かせて(立ち乗り)駈歩。止めるためにやや強く鐙に体重を掛けたところ右の鐙の金属が破断。
 鐙の金属部分が疲労破断らしく壊れたためにバランスを崩して落ちそうになるがかろうじて落馬は回避。

 鐙の金属部やつっている皮に傷などないか事前チェック要。


・手綱が切れる: 怪我なし

 馬から下りて 馬に草を食べさせていた。
 口の前から地面に垂れた手綱を馬が前脚で踏んで首をガツンと持ち上げたので手綱が切れた

 手綱を馬が踏まないように注意要。


・仮病?: 怪我なし

 駈歩で走っていたらときどき歩様がギクシャクする。道はさほど悪くないがやや凸凹のある固いダート道。速歩に落として様子を見るが、たまに前脚がカックンとなる。転ばれても困るし、馬が脚を本格的に痛めてもかわいそうなので馬から下りて引いて帰る。
 係りの人に事情を話して見てもらったら、なんにも異常は無いという。「サボりたいから仮病を使われたんじゃないか。わぁはっは」とのこと。そんなことあるのかしら?


・木の枝に突入: 顔面を擦過傷

 速歩をしていてちょっとよそ見をしていた隙に馬が枝の張り出した樹のしたに向かって走りこんだ。方向転換しようとしたが間にあわず。
 出ていた枝はたいしたことなさそうだったので被っていたヘルメットで押しのけて進もうと横着をしたら、親指の太さほどの枝が出ていて、この枝の先で顔面をいやというほど突かれて擦過傷。(目を突っつかれなくてよかった。)

 馬は通れるが乗っている人にはぶつかる可能性があるものの近くは要注意


・毛虫に刺される: 首筋にひどい腫れ

 道の脇から道路に覆いかぶさったもみじの下を常歩で通過。
 枝が顔に当たる高さに張り出していたが柔らかそうなのでそのまま顔で枝を押しのけるようにして通過。瞬間首筋に激痛。
 イラガの幼虫(とげとげの派手な毛虫)がもみじの枝にとまっていたのが首筋に押し付けられたらしい。

 木の枝には有害な毛虫などがいる。きちんと避けて通るか手で払おう。


相互リンク 落馬やトラブルへ このページ先頭へ 山おやぴの自然観察に戻る

当サイトと相互リンクしていただいている方のページです。

サイト 内容
うまうまねっとへ 初心者・乗馬を始めた方達のための乗馬用具・服装、馬装講座、本、乗馬上達論などをオリンピッククラブ会員である管理人の上達に併せて掲載。
ぷーの乗馬のページへ 老舗乗馬情報サイト。乗馬クラブガイド、乗馬FAQ、馬関係のリンク集、チャットルーム、掲示板も。

  このサイトで使っている画像は、相互リンクサイトのアイコンおよび以下のサイトからダウンロードして使わせていただいている馬のイラスト以外はこのサイト管理人 やまおやぴ のオリジナルです。

画像 サイト 利用形態
フリーイラスト集 【干支イラスト(午・馬・うま) イラスト】 オリジナル画像より馬の部分を切り抜き、加工(他の画像との組み合わせ、画像の一部変形、など)を行って利用しています。

(C)all right revserved, 2011, 2012, 2013, 2014, 2015, 2016 やまおやぴ
test