駈歩 かけあし  ( Canter ) 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

駈歩アニメ ゆったりとした駈歩は走る馬の姿も優美で、乗り心地も素晴らしい。これを見れば、自分でも乗ってみたくなるし、実際快適な乗り心地にハマるだろう。

 「駈歩」に相当する英語「canter」は、イギリスのカンタベリー(Canterbury)に向かう巡礼者が馬をゆっくりと走らせていたということが語源らしいから、canter はゆっくりとした走りが理想的。「lope」という英語も駈歩を意味するが、厳密には違うという解説があるが、何度見ても違いが判らない。この解説でも「多くのライダーが同じだと思っている」と言っている。

駈歩の歩様 2017.6.8更新
3拍子の肢運びで、常に右か左か片側の肢が前方に着地する。
駈歩での馬体と鞍の動き 2017.6.8更新
「これぞ乗馬」というダイナミックで快適な乗り心地。大会に出るとかいうのでなければかっこいい駈歩がサンデーライダーの到達目標。
駈歩の発進と継続 2017.6.8更新
「なんでとまっちゃうんだー」ちゃんと駈歩をしてくれなくて困った経験は誰にもあるだろう。
踏歩変換と曲がり方 2015.6.9更新
結局は踏歩変換ができないと曲がれたことにならない。
駈歩でのハミ受け 2015.6.9更新
上体がぐらつくいて手綱が不安定だと、ハミを受けてくれない。
駈歩の練習 2017.1.23更新
こりゃ気持ちいいと延々と駈歩をやっても練習にはならない。
立ち乗りでの駈歩も体勢の安定にはとても役立つ。


駈歩の歩様 このページ先頭へ 駈歩での鞍の動きへ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

裸馬で駈歩
 駈歩はいわゆる パ カ ラッ パ カ ラッ という3拍子の肢運び。人がスキップで進むときのように、左右どちらかの肢が常に前方に着地する(出ている:leadする)という左右の肢が非対称に動く肢運びをする。

 左右どちらの肢が前に出ているかを「手前」で示す。左手前というのは左肢が右肢よりも前方に着地する肢運びで、このときの左肢のことを「手前肢」と呼ぶ。

 馬が駈歩をするときの肢運びは、この絵のように着地の順を示す矢印が交差する「交差歩法」で走るので、前肢の手前肢と、後肢の手前肢は同じ側になる。
 つまり、この絵のように左前肢が右前肢よりも前方に着地する左手前の駈歩では、左後肢が右後肢よりも前方に着地する。
 このため、進行方向と馬体の向きは一致せず斜めに進む。左手前なら、馬体の向きよりやや斜め左を向いた青い矢印方向に進行するので、真正面から見ると馬の左側が見える。
 反対に馬の右側が見えるなら右手前の駈歩をしていることになる。

 駈歩は片側の肢に負担を掛ける歩様だから、ながく同じ手前で走っていると、片側の肢だけが疲れる。そこで、適当なタイミングで手前を換えてやる必要がある。競馬でも、最後の追い込みのときにはそれまでと手前を換えることで脚力がぐんと伸びるらしい。競馬の騎手には直線を走っている最中に手前を換えさせるような技術も必要。

 正しくない肢運びに、cross firing lope あるいは disunited canter というものがある。
たとえば最初に左後肢が着地して、次に右後肢と右前肢が同時に着地、次に左前肢が着地して、左前肢で踏み切って空中浮揚期( suspension )という順の回転歩法(肢運びの順を示す矢印が交差せず、ぐるりと一周する肢運び)。これは馬にとってよくないので、もしこの脚運びになったらいったん止めて、再度駈歩を始めさせるのが良い。どうしてこういう脚運びをするのかは説明がない。このビデオでも馬の自由意思で脚運びを変えているように見える。

flying change をするときは瞬間的に回転歩法が現れる。

 この絵は右手前駈歩での一完歩の歩幅(水色の矢印)を示したもの。

 後肢の歩幅は一番狭く(青の太線)、前肢の歩幅は広い(黄色の太線)が、緑の太線よりも長くない。この緑の太線の長さは、右後肢と左前肢がほぼ同時に着地するので、それほど長くならない。

 空中に浮揚している区間(赤の太線)の幅は歩様の収縮・伸長度合いによって大きく違う。やや速い駈歩では左前肢の踏み跡のやや前方に着地(左の絵の赤線の長さは短い)。ゆったりした駈歩では赤線の長さはずっと短くなり、黄色い線側に折り返されて、左後肢は左前肢の踏み跡の前でなく、そのやや後方に着地する。

 この絵はこちらを参考にして描いた。馬の走りについて非常に詳しい解説がある。
 馬の肢運びについては、こちらにの説明が詳しい。


 下の絵は左手前の駈歩。

@右の後肢が着地。

馬体は沈み込みを始める。





A左後肢と右前肢が同時に着地。

騎乗者の体も沈み込み、浮いていた尻は鞍に着く。

沈み込みに合わせて脹脛で馬体の圧迫開始。
実際の圧迫はBの段階で行う。
騎乗者の前後位置は、最も後ろ寄りになるので拳が馬体に対して静定していると、拳は腰からやや遠い位置に置かれることになる。


B左前肢が着地。

騎乗者の腰は鞍の前方へ押し出される。
このとき体を空中へ跳ね上げられないようにするつもりで脹脛による圧迫はグッと強める脚扶助により、後肢の踏み込みを促す。
馬の胴体の一番横幅の広いところよりも下の馬腹を脹ら脛下部で下から抱え上げるようにすると、馬が背を丸めて後肢を踏み込むようになって良いらしい。

拳は、腰が前にスライドするに応じて、腰近くに引きつけるようにして、拳の馬に対する相対位置が変わらないようにする。


C四肢とも空中に浮く。(空中浮揚期)

馬体が起き上がり、鞍の前橋が持ち上がる。

騎乗者の尻も鞍から離れるから、体が鞍から大きく浮き上がらないように、脹脛の締め付け継続。
馬体が降下し始め、後肢が着地したら脚による馬体の圧迫は止める。

 歩様がゆっくりしていると、空中浮揚期が無い場合がある。
駈歩なんだから、空中浮揚期が無いと言うことは推進力不足でダメだろうと思っていたら、オリンピック級の競技でもゆったりした駈歩の場合は、空中浮揚期が無い。左前足が踏み切って馬体が浮くよりも一瞬先に、右後肢が着地するのも可らしい。


 非常にゆったりとした駈歩というのが傍から見てなかなか恰好が良いが、どんどん前にすっ飛んでゆくような駈歩になることがある。どうも馬の背にドスドス不快感を与えたり、乗り方が悪いと、ゆったり駈けてはくれないらしい。「ゆったりとした駈歩は乗り心地がとてもよい」ということは馬も気持ちよく走っているからこそだろうから、馬が不快を感じては気持ちよくゆったり走らないということらしい。


駈歩での馬体と鞍の動き 駈歩の歩様へ このページ先頭へ 駈歩の発進と継続へ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

 駈歩は馬にとってはかなり疲れる走り方。馬はスタミナがありそうだが、意外と長くは駈歩を続けられない。

 このアニメは右手前駈歩での馬体の動き、ちょっと上下動を強調してある。

 反撞は速歩よりもゆったりしている(速歩での上下動が一完歩に2回なのに対して駈歩では一完歩に1回)。

 反憧の高さは、上下動の非常に少ない馬から、大きく上下に動く馬までいろいろ。一般的には反撞の高さは、馬が遅いほど上下に大きく、速度が増すほど馬の重心の上下動は少なくなる。普通の駈歩では重心の上下動はおよそ10cm、競馬のレース速度(襲歩)では、わずか4cmほど。

駈歩のときの鞍の動き 駈歩では鞍は直線運動に対して相対的に左のアニメのように動く。実際はこれほど大きくは動かないが、左右の振れが加るので、乗りなれないと大変。馬がゆっくり走れば前後の動きは小さく、上下動が大きくなる。馬の速さが増すと、上下動は少なくなり前後動が主となる。

 CRによれば、駈歩では乗り手を乗せる仕事をするのは馬であって、人ではない、乗り手の仕事は馬が人を乗せて走るのを邪魔しないこと、だと言う。鞍の上で腰を振って漕いだり、じたばたするなということ。鞍(馬体)の動きで自然に脚や騎座が動くに任せるのが大事。太腿の前部を十分下に落して、膝を下げて柔らかく、股関節は馬の動きで開閉するままにする。股関節が自由に動くということが駈歩を安定して乗るための必須要件。

 ゆったりと走らせる技術があれば、速歩などよりもずっと気持ちの良い乗り心地を楽しめる。裸馬でも比較的楽に乗っていられる。ただし、馬によっては非常に反撞の高い馬もいて、そんな馬の場合は裸馬ではバランスを保つのはけっこう大変。裸馬での駈歩は、面白いので機会があれば「裸馬で乗せてくれ」るよう頼んでみるとよい。

 ところで、先生が言うには駈歩もちゃんと馬に教えないとできない(馬が!!)と。たとえば、右回りに走るときは馬の首は回る方向である右側を向いているのが自然だと思っていたが、先生が言うには、野生の馬は曲がるときに回転外側に首を向けて曲がるのだそうだ。(これは右回転なら右手前で走るために馬体は自然に外を向くからか?)そういえば野生馬などを描いた絵では外側に首を向けて走っている絵をよく見る。あれはかっこよく(元気よく)見せるための描画テックニックではなくて本当に外側を向いていたのだ。以前あるクラブで裸馬に乗せてくれと頼んだら、馬車を引くような馬に、「これでいいならいいよ」と乗せてくたが、「駈歩はまだ教えていないから速歩までにしてね」と言われたことがある。そのときは「(馬に)駈歩を教えてない」なんて変なことを言うなぁ、馬なんだから教えなくても走れるだろうにと思った憶えがある。


駈歩の発進と継続 駈歩での鞍の動きへ このページ先頭へ 曲がり方へ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

 「駈歩がうまくいきません」「駈歩発進ができません」とうのは、乗馬の悩みベストテンに必ず入っている。いろいろな乗馬サイトのFAQはこうした悩みであふれている。たしかにちゃんと手前を合わせて最小限の扶助でスッと駈歩をだすのは難しい。

 しかし、馬術じゃないと叱られそうだが、尻に強く鞭を入れればまず100%駈け出すし、外乗などでは場内よりも簡単に駈け出してくれる。駈歩発進にあまりに悩むようなら、とにかく鞭を使ってでも駈けさせて、駈歩の馬の動きに体を慣らすことを先にしてもよいのではと思う。駈歩の馬の動きに体を慣らしておけば、せっかく走り出した馬の手綱をバランスを崩して引っ張ったりして駈歩を止めてしまうようなことがなくなる。

・駈歩の発進

 上体をしっかりと立て(馬上で背伸び)て、体重はやや後ろに掛け気味にして、手綱で馬に内方姿勢をとらせて、やや前にだした内方脚、あるいは、後方に引いた外方脚で、馬腹を軽打。

脚による扶助
 内方脚をやや前に、外方脚を大きめに引いて、引いた外方脚で馬腹を軽打。
 ダメなら、内方脚による軽打。
 それでもダメなら尻に鞭。

手綱による扶助
 内方手綱を控えて馬の顔をやや内方へ向ける。
 外方手綱も緊張を保つ。

 脚を使って馬がぐっと前に出ようとする動きを手綱で受け止め、前にでる力が溜まった感じになったところで、手綱を譲る。

 左回転あるいは左に曲がるときは遠心力に対抗するために左手前で駈歩をすることが自然で、左に曲がる隅角などで駈歩発進すれば、だいたいは左手前の駈歩を始めてくれるが、正しく手前を合わせて発進することが難しい馬もいる。左回転なのに右手前で走ることを「反対駈歩」といって、反対駈足で小回りをすると、歩様がぎくしゃくして異様な反撞を感じる。

 だから、「馬が駈けだした」というだけでは駈歩発進ができたとは言えない。意図したとおりの手前で発進してくれて初めて駈歩発進が出来たといえる。隅角を利用したり、輪乗りで回転していることを利用して、その方向の手前で走らすのは、最初の練習としては可だが、駈歩発進の技術習得のためには、たとえば馬場の中央直進状態から、直線運動をしたまま思い通りの手前で駈歩発進ができるように練習しなければいけない。

 このためには、正しい扶助をすればスッと駈歩がでるような軽い馬で練習する必要があるように思うし、そういう馬で練習すれば駈歩発進の習得も早いと思う。しかし初心のうちは、多少鞭でも入れなければ走らないような鈍い馬をあてがわれがちなのは残念だなぁ。

 ところで、右手前で発進するためには左脚を後ろに引いて圧迫という発進のやり方だが、なぜこうしなければいけないか?という理由はどんな教本を読んでもピンとこない。「右手前駈歩の第一歩となる左後肢を踏み込ませて体重を支えさせなければならないから、左脚を使って左後肢の踏み込を指示するのだ」というのがかろうじて、そういうものかと思わせられる説明。
 これをこちらのビデオではとても分かり易く説明している。 つまり左脚を引いて使うことで馬の尻を右横へ誘導、馬の尻が右へ誘導されると必然的に右斜横歩の要領で右手前になる。ただし、左脚で尻を右へ誘導したとき馬が左に回らないように(尻が右へ行って、前肢がそのままだと馬は左を向く)手綱で馬の首を右へ向けておく。まあ、こんな文章を読むより絵を見た方がずっと納得できる。

 駈歩をさせるためには前肢が浮き上がらなければいけない、このため手綱を控えて前方に壁を作って馬が前方に出ようとする勢いを前肢を持ち上げる力に変換するのだという解説がある。手綱を控えるというのは、そういう役割も持っているのだろう。

 しかし、今の先生は手綱を控えて前方に壁を作れというようなことを言いわない。普通に両脚で合図を送れと言う。手綱も素直に譲って馬を前に出せと。たしかに今のクラブではそういうやり方で駈足をさせることができる。ただし、手綱をじわじわとゆっくり譲れば速歩で発進、駈足発進のためにはパッと譲れと言う。

 なれないうちは駈歩で発進せずに、速歩で走り始めることが多々ある。こうなってからもっと強く脚を使っても速歩のスピードが上がるだけで、駈歩に移行しない。こういうときは一旦馬を止めて 最初からやり直す。何度やり直しても駈歩が出ないときは鞭を使って出す。

・駈歩の継続

 前進気勢を強めたい時、あるいは、速度が落ちた時は半減却を使ってから、脚で馬腹を圧迫する。馬体が沈んで次に体が跳ねあげられる寸前から両脹脛で馬体をギュッと絞める。体が降下するときには緩める。
 速度を落とすときは、半減脚を使ってから、やや手綱を控える。

 同じ速さを継続する場合は、馬が前進気勢をもって走っているなら、脚による扶助は不要。脚でぐいぐいやらずとも、馬の動きを邪魔しない乗り方をしていれば、脚による扶助を送り続けなくても気持ちよく駈歩を継続してくれる
 
 駈歩が続かないという問題はだいたいが以下のようなことに原因がある場合が多い。

手綱を引っ張る
 駈歩が続かない原因のナンバーワン。
 ・駈歩に慣れないときは、駈けだした瞬間慣性で上体が後ろに引っ張られ体勢が崩れる。このとき、手綱も後ろに引っ張ってしまい、せっかく走り出した馬を止めてしまう。
 ・多少駈歩が続けられるようになってからは、馬の動きで上体が振られて、そのため腕も大きく振られて、腕が振られるたびに拳が大きく動いて、拳が動くたびに手綱を引っ張り、馬に止まれと指示してしまう。
 駈歩の反撞で、拳が2−30cmもバタバタと動いてしまう場合は、ハミには止まれという手綱の扶助が伝わっていると思って良い。
 >> 上体を安定させ、腕を肘から固めて(拳の握りは柔軟に)ぐらぐらしないようにして、馬の動きで腰が前に押し出されるときに、拳を自分に引きつけるようなつもりでいると、馬に対して拳をグラグラさせずに一定位置に保てる。

スピードに負けまいと前屈み
 駈歩では、馬のスピードに置いて行かれない様にどうしても前かがみになりがち。発進のときも、「さあ、これから駈歩だ。おいてかれないように」と前かがみになって加速に備えがち。ところが、前かがみになって人の重心が前に掛かると、駈歩をするために馬が前肢を浮かせることが難くなる。
 また、前屈みになると馬の動きにスムーズに随伴することが難しくなる。
 >> 上体はしっかり起こして、胸を張って膝を真下に落とし、深い騎座で座る。
 
尻でドスドス鞍に餅つき
 ・馬の動きに遅れて、鞍の後方に尻をつけていると、駈歩の反撞で上体が大きく上下して、鞍にドスンドスンと尻餅をつき、馬の背に不快な刺激を与える。馬はこれを嫌がって駈歩を止めてしまう。
 ・ある程度駈歩を継続できるのだけれど、駈歩を続けていると駈歩を止めてしまう場合は、この餅つきが原因のことが多いように思う。
 >> 鞍に尻が着地するときに、鞍の後方へドスンと尻を下ろすのでなく、鞍壺よりやや前に、CRで言う洗濯ばさみの要領で、前方下方へ股間を押しつけるようなイメージで体重扶助を使う。
 ところで、駈歩の推進のために坐骨で馬を押せ、という説がある。先生に訊いたところ「それは昔の説で、いまはそういう方法はやらない。鞍の上で腰を動かしたり、坐骨で前方へ押したりはせずに、普通に脚(脹脛)で馬体を圧迫して推進の扶助とするのが主流だ」という。馬上でボートをこぐようなことはするな、常に坐骨で鞍ツボをとらえて安定に座れという指導。CRでも、鞍の上でボートを漕ぐように押せというような指導は一切していない。

・駈歩の停止・速歩への移行
 半減却を使って、手綱を控える。
脚による扶助
 両脹脛で馬体をグッと絞める。筋力で絞めてはいけない。洗濯バサミの要領で絞める。

 速歩への移行の場合は、移行したら、圧迫を緩める。停止しそうになったら、脹脛で馬腹を圧迫。
 停止の場合は、完全に停止するまで脹脛での圧迫は継続。

手綱による扶助
 拳を腹の前で強固に控える。(拳を引くというより、腹を前に出して、グッと固定した拳に近づけるイメージ)

 速歩への移行の場合は、移行したらすぐに手綱を譲る。停止しそうになったら、脚による圧迫と同時に、手綱をより大きく譲る。
 停止の場合は、完全に停止するまで手綱を控え続ける。

 前進気勢の強い馬だと、手綱を引っ張って止めようとすると、「痛てえ、引っ張るんじゃねぇよ」とばかりますます走り出して止まらない。
 姿勢を正しく、脚を使い、強固に両手綱を控えることができないと止まらない。
 乗り手の意思通り「きちんと止める」というのは、走り出すりも難しい。


踏歩変換と曲がり方 駈歩の発進と継続へ このページ先頭へ ハミ受けへ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る
 右へ曲がるときは右手前でなければいけない。ということは、右手前で走っていたら右へはそのまま曲がれば良いが、左へ曲がるときはそうはいかない。右手前のまま左へ曲がれば肢運びの手前が曲がる方向と一致しない反対駈歩になってしまう。

 馬によっては「あー今度は左回りになった、それじゃ左手前に変えよう」と、回転方向から判断して勝手に手前を変えてくれたりする。馬も反対駈歩では走りにくいのだろう。私のような低レベルな乗り手には大変ありがたい馬で、何にもしなくても手前を合わせてくれる良い馬だが、馬術的にみると、こんな風に乗り手の指示(曲がれとは指示したが、手前を変えろとは指示していない?)によらずに馬が勝手に運動するのはNGらしい。

 という訳で、曲がる方向によっては事前に手前を変えておく必要があり、これを踏歩変換と言う。これができないと駈歩で曲がる技術があるとは言えない。

 その前にまずは、手前を変える必要のない単純な曲がり方について紹介。

 右手前の駈歩をしていて、右に曲がる例。
駈歩のときの曲がり方
 黒で示した蹄鉄だけが地面についていて、他の薄い色の蹄鉄は地面から離れているとする。

 騎乗者はちょうど馬の尻があがることで前上方へ跳ね上げられている。

 右足のももを時計周りにわずかにねじり踵をやや前にだし、出した位置で脹脛の内側で馬腹をリズミカルに圧迫。

 左脚はやや後ろに引いて軽く馬腹を圧迫。(これをしなくても右足だけで右回りをする馬もいます。そういう調教をされているのでしょう)

 手綱は開き手綱。右手を右に開いて馬の首を右に誘導。

 反対の左手は馬の首の曲がりに応じてやや前方へ出して引っ張り過ぎないように注意。

 「左の手綱で壁を作れ」と教本には書いてあるが、左の手綱で馬の首をギュッと圧迫する必要はなく、手綱が馬の首に接触している程度でよいらしい。


 さて、踏歩変換( lead change )には、駈歩をいったん常歩に落としてから別の手前で駈歩発信するシンプルチェンジ( simple change)と、駈歩の歩様を続けたまま手前を変えるフライングチェンジ(flying change)の二通りがある。

 「simple change」ができないのに「flying change」が出来るわけがないということで、まず「simple change」から。

・simple change

 この方法は静岡の先生に習った方法だが、このページをご覧になった方から、練習方法として不適とのコメントをもらった。中央クロス部分がX字になって図形がきたなくなる、「あー左回りになった、それじゃ左手前に変えよう」という馬の自主判断に助けられて手前が変わるのは馬術的にみて評価されないということがその理由。

 以下は静岡の先生に習った方法だが、上に書いたようにこれは、必ずしも良い練習法ではない(回る方向が変わったから手前を変えようという馬の自主判断を排除できない)と割り引いてご覧ください。


 絵のように馬場のほぼ中央にコーンを二つせまい間隔で並べて、このコーンの間をとおるようにして輪乗りをする。

 コーンの間を通ったら右回りなら馬の顔をやや右を向けて馬の体勢を右回り用にする。すぐに左脚を引いて右手前駈歩発進の扶助を行って駈歩で赤い矢印のように右回りの輪乗りをする。

 一周してコーンの前まできたら、歩度をおとして常歩にする。今度は左回りのために馬の顔をやや左向きにして、常歩で数歩あるいたらすぐに右足を引いて左手前駈歩発進の扶助を行って左回りの駈歩輪乗りをする。歩くのは絵の青い矢印の部分。

 慣れてきたら駈歩の間にいれている常歩の歩数を減らす。徐々にへらして駈歩から常歩1−2歩、すぐにまた駈歩が出せるように練習。ここで肝心なのは、常歩の間に次の回転に向けて馬の顔を回転方向に向ける体勢を作ってやること。これがうまくいかず、たとえば反対を向いていたりすると、反対駈歩が出たりする。

 という訳で、手前が変わる前に曲がるのは不適切、手前をきちんと変えてから曲がるべし、ということで、練習では直進部分を設けて、この絵のようにD字がふたつくっついたような図形で練習する。

 この青い直進矢印部分で駈歩から常歩に下方移行して、直進している間に次に曲がる方向の手前で駈歩発進する。慣れないうちは直線部分は数歩あってもよいが、常歩区間はできるだけ短く、1−2歩で駈歩発進できるように練習する。

 直進では左右に曲がらずに蹄跡に平行(垂直)に真っ直ぐ進んで手前を変えることが大事。

 常歩区間が長いと馬の前進気勢が衰えるので、常歩に落ちたらデレデレ歩かせずにすぐに駈歩の扶助を与えて走らせる。

 この方法の方が、静岡の先生に教わった方法より良さそうだ。

 シンプルチェンジというのは結局、駈歩からの常歩移行、移行後ただちに任意の手前での駈歩発進の組み合わせだから、練習方法は上のような図形に限定されない。

 斜め手前変えの斜め蹄跡での変換、蛇乗りや3湾曲の直線部分での変換、巻乗りの巻き終わりに蹄跡へ戻る直線部分での変換、などなどあらゆる運動(図形)を利用して練習するとよい。上に説明した8の字や、D字の練習を延々とやるよりも、馬が飽きないように、いろいろな運動の折々に練習するのが実際的で良いように思える。また、大前提として、駈歩から常歩へのすばやい滑らかな下方移行ができないと、練習にならないから、踏歩変換の練習の前に、しっかり下方移行を習得しておく必要がある。

・flying change

 まだ完全には教わっていないが、そのイントロを教わったのでご紹介。コースはsimple changeと同じ図形で練習。

 最初は収縮駈歩。収縮駈歩は歩様のつまった駈歩で前に進むというより上方へ躍動するような歩様の駈歩。

  (1)通常の駈歩で輪乗り。
  (2)ブレーキを通常の2倍(手綱を普通より力強く控える)でアクセル2倍(脚での推進を倍増する)で輪乗り駈歩を継続、
      この(2)を、歩様が跳ねるように高くなるまで続ける。高くなったら(1)に戻る。何回かこれをやったら、今度はアクセル3倍、ブレーキ3倍でやる。

  (1)と(2)を繰り返して収縮した駈歩を体得。ブレーキは手綱をしっかりと臍の前に据えて少しも譲らないようにする。上体はしっかり起こして背伸びした姿勢を保つ。先生は「もっと脚で推進して!!もっとしっかり控えて、もっともっと、臍の前から動かさない」と叱咤してくれます。馬上で思いっきりエラそうにふんぞり返った姿勢をとるつもりが良い。

  馬が反応してくれると、単に上下動が激しくなっていただけのものが、あるところで気持ちの良い乗り心地にがらりと代わる。普通の駈歩では味わえない感触。繰り返しこれを練習することで短縮駈歩にスムーズに移行できるようにする。「ほら、今後肢の手前が変わったの判りますか?」と先生が言うが、私には判らない。意図的に手前を変えようとしたわけではないのだが、バランスの崩れで馬は手前を変えようとしたようだ。中途半端だったので、後肢の手前だけ変わって前肢の手前は変わらなかったらしい。

  ふつうには馬は駈歩の手前変換をするときは、前肢だけを先に手前変換して、次の一歩で後肢の手前変換をする。いっしゅんだけ回転歩法(たとえば、右後肢、左後肢、左前肢、右前肢の順の足運び)をして、馬体が進行方向に真っ直ぐ向いてから、全部の肢の手前を揃える。


 「次に手前の変換までならったらまたアップします」と言ってから flying change をきちんと習う前に時間だけ経って、読者の方からsimple change の練習方法につきコメントをもらったりしているうちに、flying change 固有の練習方法というのはいらない(そんざいしない)のではないかと思えてきた。上の flying change で言っていることは結局移行のまえに半減却・収縮をしっかりやれ、ということだし、simple change でも半減却をしっかり使って前進気勢を保ったまま移行せよと言っているのだから同じこと。常歩が一歩しか入らない simple change ができたら、その練習を押し詰めて行けば flying change ができるのではないかと思う。それとも、そんな話じゃないよ、まったく別技術なんだからということあるのかなー。


駈歩でのハミ受け 曲がり方へ" このページ先頭へ 駈歩の練習へ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

  馬がハミを受けるという状態は常に作っておくことが好ましく、本来は鞍にまたがったときからハミ受けをさせておいて、走り出してもハミを受けた状態を保つのが良いと静岡の先生には言われた。しかし、乗った直後、あるいは常足でハミ受けをさせることができても、駈歩をさせると歩様の変化で乗り手の態勢が崩れるのか、あるいは、手綱に頼ってなにかやらかしてしまうせいか、ハミ受けをつづけさせることがなかなかできない。

  そこで、ハミ受けをせずに駈歩をしている状態からハミ受けをさせる方法を教えてくれた。

  この方法は静岡の先生が調教した馬にだけ通用する方法かもしれない。今の先生のところの馬には通じなかった。もっとも今の先生のところの馬には常足でのハミ受けもさせることができてないから、ハミ受けのさせ方が違うというようなこと以前の問題かも。

  静岡の先生に教わった方法は以下の通。

(1)輪乗りで駈歩。(以下、右手前と仮定)
(2)脚の位置は通常の輪乗り駈歩と同様、右脚をやや前に馬腹を圧迫して推進、左脚は後方へ引いて馬を抑える。
(3)右の手綱は一定の位置に控えておいて馬の首を回転内側(右)に向けて保っておく。
(4)左の手綱を一完歩毎に、1、控えるー1、控えるー2、譲るー2、譲る と1,1,2,2,1,1,2,2、と繰り返す。
するとあるタイミングで馬がぐっと首を下げてハミを受けてくれる。(うまくゆけば2−3回繰り返すだけでハミ受けをさせられる)

  馬の首がぐっと下げがると同時に乗り心地が格段に良くなる。まるで自分がすごく上達したかのような乗り心地になるので、ハミを受けてくれたかどうかは乗っていてすぐに解る。ハミ受けは乗り心地改善の手段ではないのだろうが、反撞が柔らかく緩くなるのが感じられる。

  馬がハミを受けてくれたら手綱を適当に控えてハミとの拳とのコンタクトを保つようにする。

  ハミ受けをさせて駈歩をさせることができれば、ぶっ飛んだ駈歩になって落馬という駈歩でのトラブルはなくなると静岡の先生は言う。乗り手に対する従順性もハミ受けによって生じるのかもしれない。というか、ハミを受けてくれるということは馬が素直に乗り手に従っているということのようだ。


駈歩の練習 ハミ受けへ このページ先頭へ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

 乗馬クラブによっては駈歩をさせてくれるまでに相当鞍数をこなさないとダメで、なかには、駈歩の個人レッスンを受けたあとでないと駈歩をさせてくれない、その個人レッスンもなかなか予約がとれない、というようなクラブがあるようだ。

 駈歩はそんなに危険なものじゃないから初級からどんどん駈歩もやって、駈歩の反憧に体が対応できるようにしておくべきだと思う。習うより慣れろで、常歩から駈歩、駈歩から常歩を繰り返しおこなうことで駈歩発進の要領が判ってくる。常歩から駈歩の方が、速歩から駈歩よりやさしいという説もあるし、駈歩から常歩は、駈歩から速歩よりも難しく練習の価値がある。

 ところで、駈歩ができるようになると反憧がとても快適、気持ちよく乗っていられることから、できるようになったうれしさも手伝って延々と駈歩を続けたりしてしまいがちだが、これはよくないらしい。

 駈歩は10歩程度で下方移行をするという駈歩ー>速歩、あるいは、駈歩ー>常歩を頻繁に繰り返した方がずっと学ぶことが多く、練習効果も高いとCRは言う。

 理由は、
(1)駈歩の最初の数歩で体を固くしてしまい勝ちで、そんな固くなった体で駈歩をしては馬にも人にも良いことはない、
(2)下方移行の時に、駈歩には理想的な深い騎座が得られる、
ということだ。体が柔らかく、駈歩の動きに充分ついていけるなら歩数を伸ばしてもよいが、ちょっとでも馬の動きについていけないと感じたらすぐに下方移行して、再度駈歩をやり直すのがよいと言っている。

 下方移行のときは、大腿を回して(右の太腿は左回り)太腿内側前上部で鞍の鐙革托鐶近傍を覆うように膝を下げろ(太腿は縦に伸びる)と言うことで、これで馬が背を丸める余地を鞍下に作り、下方移行のための後肢の踏込を行えるようにする。で、この下方移行の練習が駈歩にも役立つ。

 駈歩発進して駈歩で半周から一周したら、手綱を控えて常歩にして、数歩あるいたらすぐに駈歩発進の扶助をして駈歩を出す。最初は扶助に苦労するが、馬がこちらの意図を理解してくれるようになるのか、なんどかやっていると素直に駈歩を出してくれるようになる。乗っているほうはなんとなく駈歩発進の扶助がわかったような気になる。(馬の賢さに頼って、こんないい加減なことでいいのかしら?)

 輪乗りが速さも適当にコントロールできるので 輪乗りで練習。最初は 調馬索で練習すると簡単に馬(鞍)の動きに慣れる。



山中湖乗馬クラブ 馬車道で駈歩を楽しむ
何頭かいるうちの2頭に乗ったが、このクラブの馬は素直な良い馬だった。



山中湖乗馬クラブ 馬車道で駈歩を楽しむ
この馬はもとは東大馬術部にいたことがあるそうで、20歳は軽く超えているが、気持ちよい駈足を楽しませてくれた。


このページ先頭へ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る