上達の秘訣 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る
 初めて自転車に乗ったときは、倒れないようにバランスを取るのに精一杯で、自転車を思い通りあやつるなどできるはずもない。馬も似たようなもので、まずは動き回る馬から落ちないようにバランスを取るだけでも、高度感から来る怖さも手伝って肉体と神経を使う。

 そして、落ちないことに全神経を集中し、肉体を総動員しなくてはいけないということでは、馬に対して、ああしろ・こうしろという扶助(ふじょ)を出す余裕などでてこない。

 だから、馬上でバランスを保つことが余裕をもってできることが馬術を習う基礎能力として絶対に必要。だが、これには自転車や一輪車と同じで慣れが必要。身体をこんな風にすればバランスを崩さずに済むんだ、というようなことは、慣れてしまえば自ずと身につく。身体が慣れてしまえば、緊張や怖さで身体がこわばることもなく、余裕をもって馬に扶助を出せる。

 けれども「慣れ」という位だから、当然時間が必要。「慣れなければだめだ」と言われると、サンデーライダーにとっては何年も掛かることを覚悟しろと言われているようなものだ。

 だが、ここに「慣れ」のために取っておきの練習方法がある。もともとは慣れさせるための練習方法ではないのだろうが、この練習は「慣れ」のためにも特段の効果がある。

それは「棒立ち乗り」、鐙の上に真っ直ぐ立ち上がって前後左右のバランスを取って乗る
この棒立ち練習が「慣れ」には一番効果があると思う。

 だが、レッスンの合間ごく一時的に「ちょっと立ってみましょう」と言って棒立ちをやることはあるが、これを集中的にみっちりやってくれるクラブは少ない。肉体的にもかなりきつい、単純で面白くない、ということで棒立ちの練習は、はなはだ不評。こればかりやると生徒がみんな辞めるという話もあるくらいだ。

 しかし、嬉しいことに、M先生のところでは、棒立ちの練習をみっちりやってくれる。先生の指導原理の背景には、

(1)非常に多くのアマチュアライダーが、『基本的な慣れ=三種の歩法で普通に乗り回す事ができる』を欠いている中で、ハイレベルな事をできるようになりたいとの望みを抱いており、実際には非常に単純な事、即ち『慣れの欠如』という問題を、『馬術理論について考え、その実践を意識する事』 や『レッスンで馬術的な指摘を受ける事』で補おうとしている、
(2)早い段階から正しい指導を受ける事はとても良く、また大切なことだが、(1)は「頭でっかち」になりがちで、 意識や努力の割には非常に成果が少なく、大変不毛。
(3)そういう初級の生徒に上達してもらう道は、詰まる処「早く慣れさせる」という事だけ。だから、最善、最良のレッスンというものは、あらゆる手段を講じて「安全に、沢山速歩、駈歩をさせてあげて、早く『馬』や、『馬を乗りまわすという事』に 慣れさせてあげる」、「一通り、普通の馬でなら、駈歩まで普通に乗り回す事ができる」ようになって頂くという以外にはない、

 という認識がある。だから、初めのうちからどんどん駈歩を体験させてくれるし、棒立ちもみっちり(しばしば、「もう止めてくれ、ギブアップ」と言いたいくらい)練習させてくれる(2016年現在)。

 早く上手くなりたい人はぜひ棒立ちの練習をすると良い。常歩、速歩、さらには駈歩でも棒立ちで乗れるようになると、かなり姿勢が安定するし、なにせ棒立ちという不安定な体勢で走る馬の上に乗っていられるということで自信も付いて、何があっても大丈夫的な感じさえ持つ。低いクロスバー障害を棒立ちで跳び越すと、「えっ、跳んだの」と感じるくらい滑らかに乗れるのが判る。

 ところで、おおよそでいいから馬を自由に操って、たとえば外乗などで思うがままに乗る技量を身につけたい、というならおかしな癖馬でなければ、鞍数をこなして乗り慣れさえすれば一通り乗れるようにはなる。

 外乗では、真っ直ぐ進まそうとしても路面が凸凹しているとか、石などの邪魔者があるとかで、例えば前肢の蹄跡を後肢が踏むように左右にぶれないように馬を真っ直ぐ進めるとかそんな細かいコントロールは意味がない。馬なり(馬自身好き勝手に選択した走り方・速度で)に走っているのに落ちずに乗っているという馬任せでも、思った方向に、思ったような歩様でおおよそ進むことができたら、それで充分楽しめる。

 ある日、M先生に「どうですかあの馬は」と、レッスンで乗った馬のことを尋ねられた。「なんか、他の馬よりも乗り心地がいいですねぇ。素晴らしい乗り心地で良かったです」というようなことを言ったら、「私たちはそんなことは思いませんね」と言われた。どうも「あの馬の乗り心地はいまいちだけど、この馬は良い」というようなことは、馬なり(その馬の好む走り方での駈歩)に乗っているだけで、積極的に後肢を踏み込ませるとか、馬体の収縮を求めるとか、きちんとハミ受けさせるとかをしていないから、馬次第で乗り心地が良くなったり、そうでなかったりしているということらしい。

 馬術的技量が上がると、馬の脚の動きや躍動を思うままにコントロールできるようになって、個々の馬の生来の走り方での乗り心地というのは無意味になるらしい。で、こうい技量を身に付けるための練習をするには、馬術的調教がなされている馬で練習することが必要。馬術的調教がなされていない馬で、こういう練習をしようとしても、自分が悪いのか、馬に問題があるのかが判らず、悩んで無駄な時間を費やすことになる。

 だから、馬術的レベルで上達するには、きちんと馬術的調教をされた馬で練習することが必須。もっと言えば、そういう調教を施した馬がいる乗馬クラブで練習することが大切。


このページ先頭へ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る