いろいろな練習方法 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

 なにごとによらず練習・訓練は大事。先生は「オリンピックの選手などは馬に乗った瞬間から腹筋背筋に力が入って背筋がピシッと伸びている。でも訓練を積んでそうなったのだから、力をいれている積りなんかないんだ」と言う。力をいれている積りがなくても、しっかり力が入っている。無意識にそうなってしまうレベル。

 それくらい訓練したら確かにうまく乗れるようになるだろうが、サンデーライダーには無理。練習は単調なことが多かったり、鍛えていない筋肉はすぐに音を上げる。それでも繰り返していると徐々にはましになることは確かだ。

練習形式 2015.6.27更新
 部班練習と個別練習(個人指導)
調馬索と立ち乗り練習 2017.9.21更新
 基礎の基礎、鐙に立ってバランスを取り姿勢の安定、脚位置の安定を学ぶ。立ち乗りは、難しいがこれができると姿勢がグッと安定する。上達の近道だとか。
 こうやったら落馬するという悪い姿勢も紹介。
基本練習1 2015.6.11更新
 調馬策の次はこれ。時々斜めに手前を換えて回転方向を変える。
基本練習2 2015.6.11更新
 進路を規定する柵などがない平坦地で馬を真っ直ぐに進めるのは結構難しい。
基本練習3 巻乗り・輪乗り 2015.6.11更新
 簡単なようで意外と難しい。
 昔はきちんと輪乗りができるまで蹄跡には行かしてくれなかったそうだ。
基本練習4 2015.6.11更新
 両手で手綱をもつと、腕の操作が大きくなり、どうしても上体が傾いたり捩れたりしがち。片手で手綱を持つことで、上体を不動にする感覚を身につけようという練習。
基本練習5 2015.6.11更新
曲がるタイミング、曲がり方の精度を向上させる。
姿勢の矯正1 2015.6.11更新
 馬場の中央で馬が左右によれてしまうのは姿勢の崩れが原因。これを矯正するための練習方法。
障碍基礎練習1 2015.6.11更新
 地面に置いた横木を馬に跨がせたときに、尻を鞍から浮かせたり、手綱を握る拳を前に出したりする練習。
障碍基礎練習2 2015.6.11更新
 40cmほどの高さの低い障碍を飛び越える。馬がジャンプするタイミングを知り、障碍を注視しないようにする目の使い方を練習。
スラローム 2015.6.11更新
 馬場に一定間隔でおいたコーン(ビールケース)の間を順に左右に縫って馬を進める。手綱と脚で馬を左右に曲げる練習。
鐙上げ 2015.6.11更新
 鐙を鞍前方上に引き上げて、鐙に頼らずバランスを保つ練習。
雪中騎乗 2015.6.11更新
 雪の降り積もった馬場での騎乗。馬の脚の踏込が普段と格段に違う、ぜひ乗ってみる価値がある。



練習形式 このページ先頭へ 調馬索へ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

 多数頭の馬が同時に馬場に出て皆が同じことをする部班練習と、生徒と先生が一対一で練習をする個別指導という二つの方法がある。まったくの初めてのときは、調馬索(ちょうばさく)につないだ馬に乗る形だから、基本的に一対一で教えてもらえる。調馬索でちょっとした速歩などを経験すると、多くのクラブでは部班練習が主になる。

1対1(マンツーマン)練習
・調馬策練習:
 馬には調馬策をつけて、先生が調馬策の一端を持ち、馬をコントロール。馬は先生に指示された速さで一定円周上をぐるぐるまわる。

生徒: 馬の動きに合わせ、自分の姿勢を正しく保つことだけに集中できる反面、馬のコントロールは先生まかせ。
クラブ:安全を提供できる反面、経営効率が悪い。
・個別練習:
 生徒は騎上で馬を自由にコントロール。先生は地上から指導。一人の先生が同時に数人の生徒を指導することも可能。

 生徒は先生に指示された運動を行い、先生がそれについてその場で、悪い点の指摘・矯正。
生徒: 悪い点を詳細に先生にチェック、指導してもらえる。反面指導料が割高になり勝ち。
クラブ:生徒のレベル・癖などに応じた適切な指導ができる。しかし経営効率が悪い。

1対多数練習
・部班練習
 生徒が乗った多数の馬が同時に一つの馬場内で運動。先生は一人(補助の先生が付く場合もある)。
 馬は先頭と同じ運動を一つながりになって順次行ってゆく場合(「先頭より〇〇〇」の号令で運動)と全頭が同時に行う場合(「全体〇○〇」の号令で運動)の二通りがある。
生徒: 練習料金が安いが、馬のコントロールが出来ているかどうかが不明。(馬は、先生の声や、前の馬の動きに従っているだけ?)
クラブ: 経営効率が良いが、生徒一人一人に目が行き届きにくい。


 部班の人数が多いと多数の馬が蹄跡上につながって、メリーゴーラウンドなどと揶揄される状態になる。しかし、クラブの経営効率を考えると、部班練習が主になるのはやむをえない。一対一の練習しか提供しないなら、一人の生徒は一日一鞍、土日は予約もままならないとなる。一対一を望むとどうしても田舎の辺鄙なところのクラブになってしまう。

 部班練習の難点は、自分の扶助がどのくらい有効に働いているのかが判りにくいところ。馬は群れるから、先頭が走れば後を付いている馬も走ってくれるので、自分の扶助で走ってくれているのか、単に前の馬に付いていっているだけなのかが判らない。

 その反面、
先頭で無い限りどうやっても動いてくれないとか、走ってくれないというよなストレスを感じることはない。馬が勝手に走ってくれるから、上下左右に動く鞍の上で姿勢を保つとか、脚がぐらぐらしないように安定して鞍にまたがることに集中できる。先生は「部班練習をたくさんした人は余計なところ(回転内側の地面だとか)を見ない、きっちり前を見て乗ることができる人が多い」と言う。部班は、大勢が一度にやる調馬策運動だという説もある。

調馬索と立ち乗り練習 練習方法へ このページ先頭へ 基本練習1へ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

 まったく馬に乗ったことがない人が「はい、これに乗ってみましょう」と言われて乗るのがこの調馬索。馬に調馬索をつけて、調馬索の端をインストラクタがもって、馬はインストラクタを中心にぐるぐる回る。このグルグル回る馬に乗って練習。

 調馬策を使った練習では、馬の運動に伴う身体の揺れに慣れさせ恐怖心をとったり、基本的扶助(歩き始める、停止など)を実感させたりする。乗り手が馬の動きに追従できないあいだは、調馬索で練習することが多い。

 以下に紹介する立ち乗りも、調馬策で練習する代表的メニュー。これをみっちりやるのが結局上達の近道らしいが、この練習ばかりさせると、客が嫌がって来なくなってしまうとかいうほど(特に慣れないと)肉体的負担も大きく、乗り心地を楽しむどころではない。乗馬クラブ側は、「これをみっちりやれば上手くなるのになー」と思いつつ、客に逃げられては困るから、やらずにスキップしたり、さっさと次のステップへ行くらしい。それにこの練習は、調馬策を使っての練習だから客一人にインストラクター一人が必要で、経営効率が悪い。
 立ち乗り練習は、調馬策専用ではない。馴れないうちは安全のため調馬策でやるのがよいが、馴れたら単独で手綱をもって立ち乗り練習をするとよい。

・立ち乗り練習
立ち乗り姿勢 立ち乗りは、馬上で鐙だけに全体重を掛けて、棒立ちになって乗る練習。

体を前傾させたツーポイント姿勢も立ち乗りの仲間だが、ここで言う立ち乗りは、練習のために騎上にまっすぐ棒立ちになった姿勢で乗るもの。

調馬策で練習するので、手綱は持たない。
慣れたら、調馬策でなく手綱を持って、いろいろな歩様で練習する。

 体重は鐙の上だけに掛ける。
運動する馬の上で、ブラブラ揺れる鐙に立って、ぐらつかないように体を安定させろというのだから、かなり難しい。
 この絵では、両腕を背中に回して組んでいるが、最初は怖いし、立ってもすぐに鞍に尻餅をついたり、前に手をついたりするので、両腕を背に回すのは、かなり慣れてからでよい。
 最初は、たてがみをつかむとか、両腰につけるとか、安心できる位置で良い。

 お腹をぐっと前に突き出すようにしないと安定しない。

では、どのくらい出さなければいけないのか。
目安は、この絵のように、片方の手をお尻の後ろから手のひらを下に向けて前にだして、指先が鞍の前橋上端に触れるくらい。

 最初は体が前に倒れて転げ落ちてしまう恐怖感が付きまとう。けれども、片手で尻の下で前橋に触れるほどお腹を突き出すと、思いの外安定する。




立ち乗りの脚位置 この絵は立ち乗りのときの脚の部分を拡大したもの。
鐙に浅く足を掛けて、親指側に荷重する。絶対に、つま先は膝頭より前に出てはいけない。
 横からみて、靴の底が見えるくらいつま先を横に挙げて脹ら脛下部からアキレス腱のあたりまで(左の絵の赤い点線の楕円部分、この絵では見えない脚の裏側)が馬腹にしっかり押しつけられ(黄色い矢印)ていることを確認する。
 押しつけられていなかったら、脚をもっと後ろに引いて、つま先を外に回し、足全体を下方へ押し下げて、向こう脛あたりに絡みついてきている鐙革を押す力(小さな水色の矢印)の反作用で、脹ら脛を馬腹に押しつける(黄色い矢印)。


 膝で鞍を抱くことは厳禁。膝関節の内側と鞍の間には2−3cmの隙間があるのが良い。
 ずいぶんとガニマタで鞍に跨がる感じになる。これを教えてくれた先生は、馬には体の裏側で乗るんだという。

 立ち乗りの練習は、常歩から初めて、速歩、駈歩まで調馬策で練習する。駈歩で立ち乗りがしっかりできたら、かなり上達したと言えるのではないだろうか。

 この練習を多少かじると、脚が安定してぶらぶらしなくなる。軽速歩でも、立つ座るのたびに脚が前後にぶらぶらということもなくせるように思う。「筋力もない・コツもつかんでいない」から、へとへとになるし、筋肉痛にも悩まされる練習だが、これをしっかりやることはとても大切らしいと理解できる。

 ただし、立ち乗りは練習だから、常に脚による圧迫を確認しながら乗るのだが、通常乗るときは常時圧迫をしてはいけない。どんな扶助でも、のべつやり続けると馬はそれに慣れて無感覚になって、反応しなくなってしまう。通常では脚は軽く添えておく程度。

立ち乗りの留意点
- 膝が斜め前に沈み込む感覚を持つ
- 膝の力は抜いて、体重を受けるだけ、膝に力がはいると踵がぴくぴく激しく動くようになる。ぴくぴくしなくなるまで膝の力を抜く。
- ヘソ・腰骨を前に出す(座った状態から立ち乗りの姿勢に立つときは前に投げ出す感じで一挙に立つ)
- 腰を前後に漕がない(尻が前後しないように、体重は真下に落とす)
- 膝で鞍を抱いてはいけない。鞍と膝は隙間を空ける。

・より習熟するための立ち乗り練習
- 常歩で通常のスリーポイント姿勢と立ち乗りを交互に繰り返す。脚の位置を両者で同じ位置に保つようにする。
- 速歩で、静座速歩>立ち乗り>軽速歩>立ち乗り> と順繰りに繰り返す。脚の位置をすべてで同じ位置に保つようにする。
- 駈歩で、通常のスリーポイント姿勢と立ち乗りを交互に繰り返す。脚の位置を両者で同じ位置に保つようにする。
 この練習を行うと、脚が安定してきて、たとえば軽速歩でも立つ座る毎に脚が前後するとか、立つとき脚が突っ張るとかいう問題が解消する。静座速歩でぼんぼん上下に跳ね上げられても慌てずに姿勢の安定に注意できるようになるなど良いことが沢山ある。


自宅での立ち乗り練習
 ものすごくバランス感覚が良い人は別として、
初心者は数をこなさないとダメ。だが、立ち乗り練習だからといって
騎乗料が廉く済む訳では無い。
 だから、金に余力が無い身としては、たとえ効果が絶大と判っていても、
実際に数十鞍分の騎乗料を立ち乗り練習に費やすのは辛い。
 で、このアニメのようなトレーニングは、
自宅でやれる立ち乗りの練習として有効らしい。

 まず、家の柱ほどか、それよりやや細い角材(長さは20cm程度でよい)を2個用意する。
これを鐙に見立てて、足の母指丘を角材の上面に置く。踵は下げるが、角材の上面からやや下がっている程度でよい。膝をがに股に曲げて、足だけで角材の上に立つ。
 この姿勢から、足をさらにがに股にして上体を上下させてスクワットを行う。
やってみると、鐙に立ったのと同じくらいぐらぐらするし、角材への体重のかけ方が悪いと角材が前後にゴロッと転がってしまう。かなり習熟しないと安定して上体を上下に上げ下げできない。


 さて、ここから下の調馬策練習は、通常の練習とは違い、姿勢の大事さを知るための練習。どんな姿勢が危ないか、正しい姿勢だとどう安全なのかを教えてくれるもの。

・回転の内側を見る

 先生は「回転の内側に顔を向けるな。内側の地面を見るな」と厳しく言う。気をつけているのだが、ついつい見てしまう。この危なさを体験させようという練習。

 内側の地面を見て速歩をしているときに、先生が調馬索を使って馬をぐいっと曲げる。私が落ちそうになると、「このあいだ落ちたのはこれだよ」と言う。うーーーん、自分では判らない。しかし、内側へ傾いているはずなのに、簡単に外に振られて落ちそうになるのは驚き。

下をみると放り出される この絵のように回転内側の地面を覗き込むような姿勢で乗る。

 この姿勢で回転している途中で、先生が急激に調馬索を引いて馬をさらに内側に捻じ曲げる。

 すると、体は回転外側に大きく投げ出される。

 もともと内側を覗き込んで、内側に傾いているから外に振る力には強いはず。急激に馬が内側に曲がっても、内側へ行く分には大丈夫と思ってた。しかし、先生が調馬索を引くと、簡単に上体が外に振られて落ちそうになる。内側の地面を覗いても体の重心(?)としては内側には掛かっていないようだ。

 また、左に振られて落ちそうになると、落ちないように内側の手綱を引っ張りる。すると馬はますます内側に切れ込む。で、ますます落ちやすくなる、という先生の話。このときせめて左の手綱を引っ張れば馬が左に(落ちる方向)に来てくれて体勢を立て直せることもあるかもしれないが、素人は落ちたくないから右の手綱にしがみ付くからダメ。

外を見れば安定上と同じことをこの絵のように回転の外側を向いてやる。

 こんどは不思議なことに外側へ強く振られることがない。左側へ落ちそうになることもなく比較的安定して乗っていられる。

  うーん、不思議。地面を見ていないので馬の耳あたりが目にはいっていることも影響があるかも。先生は「馬の頭の動きがわかれば、次に馬がどう動くかわかるでしょ」と言う。

 先生が調馬索をぐいっと引いたときにまず馬の頭が動く、次に馬体が動くということで、頭が動いたときに準備ができるのということもあって安定して乗れるようだ。

・体の力を抜く

 「はい、体の力を抜いて」「ほらぁ 力がはいっているぅ」などと言われたことがあるかと思うが、以下で言う力とは腰と背骨を支える腹筋背筋の力のこと。この腹筋と背筋は馬に乗っている間は常に力を込めていなければいけない。体の力を抜いてと言われても、この力は決して抜いてはいけない。腹筋背筋の力は乗馬にはとても大切だと先生はなんどもなんども強調する。

 この力を抜いて乗ってはいけないということを教えるための練習。常歩で歩かせていて、先生が追い鞭を使って馬をいきなり駆けださせる。「走らすよ」などと言わない、いきなり走らせる。

力をぬいているとひっくりかえる 腹筋背筋に力をいれず、腰をぐにゃっとやる悪い姿勢で乗る(常歩)。

 先生が予告なしにいきなり追い鞭を使って馬を駈歩で走らせる。

 馬が駆けだすと、体は後方に取り残されひっくり返りそうになるので、腕を上げて手綱を引っ張ってバランスを取ろうとする。

 このまま後ろにひっくりかっえって落ちるということは、よほど馬がぶっとばなければ無いと思うが、この影響で姿勢を崩して落ちてしまうのだろう。

 調馬索があっても、この体験は結構怖い。思わず「わぁ」と声が出てしまったから、、、

腰がしっかりしていれば安全 上と同じことを腹筋背筋に力をいれて背筋をしっかり伸ばしてやる。

 急に走り出すから当然上体は後ろへおいて行かれるが、少しおいて行かれるだけで済む。たとえ体が後ろへおいて行かれても、不思議なことに腕や拳は上がったりしない。

 これだと怖さはまったくない。「いつなんどきでもどうぞ(鞭を入れてつっぱしらせてください)」という感じ。

・前かがみになる

 前かがみは駄目だよ、と先生は常に言う。この悪さをダメさを体験させる練習。

背中を丸めるな 腹筋背筋に力をいれず、鞍の前橋を手で掴む。すると背中もまるまって自然に前かがみの姿勢になる。

 常歩ですこし乗ったあと、先生が追い鞭で馬を速歩にする。

 馬が速歩になるとボンボンと跳ねあげられてとても乗っていられない。「止めて、止めて」と言いたくなる。そのうち上下だけでなく左右にも跳ねてどうしようもなくなり重心が馬の上からずれて落ちるというのは初心者の典型的落馬パターンだと先生は言う。

 この上体の形のままでは、腹筋背筋に力をいれても、跳ねあげられてどうしようもないという状況はあまり改善されない。

背筋を伸ばせば反撞は少ない 上と同じことを腹筋背筋に力をいれて背筋をしっかり伸ばしてやる。前橋はつかみにくくなるが、背筋にはあくまでも力を入れ、腕もいっぱいにに伸ばして前橋をつかむ。

 この姿勢でも上下の跳ねはあるが、体の制御不能というほどではない。跳ねても「止めてくれ」というほどではないし、「このままだとどうなっちゃうんだろう」という不安感もない。

 背中をまっすぐ乗るというのは、もろにどんどんと杭打ちになりそうだが、実際には衝撃は少ないというのは面白い。



 以下は良い姿勢・悪い姿勢と矯正方法

・手綱に頼ってはいけない

 なにしろ手綱は常に手に持っているものだから、体勢を崩したり、とっさの場合には思わず頼りにしてしまう。この手綱に頼る悪い癖を直す練習。

両手を腿に 手綱を完全に放して両手を太もものうえに置いて乗る。調馬索だから、手綱を放しても安心。

 手綱は放して両掌を太ももの上に置いて軽速歩。これでスムーズに立つ座るができれば良い。

 最初は、ちょっとぐらついた。手綱がないのでどの程度立つかの感覚が掴めない。少しやっているうちに手綱なしでも安定してくる。

 手綱があるのとないのではずいぶん感覚が違う。手綱をひっぱているつもりはなかったし、実際に引いている手ごたえはなかったが、やはり手綱に頼る乗り方にはなっていたようだ。

 この練習は馬上の姿勢改善だけでなく、安定した軽速歩の練習としてもとても良い。というか、軽速歩の練習は手綱を持たないで(鞍にもつかまらないで)やるべきだと思う。

・腰をはって背筋を伸ばせ

腰骨をつかんで背筋を伸ばす 「ね、腰グニャグニャだとだめでしょう。はい、今度はしっかり腹筋背筋に力をいれて腰をしっかりして」と言われて、ぐっと背筋も伸ばして腰もしっかりやったつもりなのに、「ほら、それだとだめでしょう」とダメだし。

 先生はこりゃだめだと気が付いたらしく、「はい、両手を腰に当てて手で腰骨をぐっとつかんで背伸びして」と言う。

  この絵のようにやれという。両肘を張って掌を腰に当てて、親指と四指(おもに中指)で骨盤の両脇を下横腹の肉も含めてぎゅーっと掴んで、同時にやや背中をそらせて背伸びする

 これでしっかり背を伸ばした正しい姿勢がとれる。

 自分ではちゃんとしていた積りなので、ダメだしをされたことは若干ショック。そこで、この練習を一人でする方法はないかと尋ねたら、手綱を放しているから万一を考えると調馬索でないと危ない、という。しかし、両手放しは危ないが、一人でやるなら片手ずつやってみたらという。一方の手で両手綱をもって、反対の手を腰に当てて腰骨をつかんで練習できる。

・坐骨で押す

坐骨で押す 上の良い姿勢で乗って、脚の力をいれて両脹脛でぎゅーっと馬体を圧迫しろと先生が言う。「もっと強く、強く、思いっきり」と、力いっぱいぎゅーっとやったら、「今坐骨が前に出たでしょう」と言う。自分では脹脛にばかり集中していたのでよくわからない。しかし、先生が見て坐骨が前に動いて見えた、ということは本当に坐骨が前に出たのだろう。

 「次は、自分で思うように坐骨で押してみて」と言う。坐骨で押すというのは本当はどうやるのか知らないのだが、左の絵のように腰をえいっと前に出して鞍壺のやや前あたりがぐいっと前に押されるんじゃないかなというように腰を動かしてみる。すると馬はぐっと加速した。なるほど。でも加速によって乗っている自分の体勢が前後に乱れてた。

 「ね、そうやって坐骨でぐいぐい押すのは馬は進むけど良くないんだよね」と先生。坐骨で押せとかブランコ(あるは舟)をこぐように押せとかいうのは昔の話で、今は坐骨を意図的に前に動かして馬を押すというのは、お勧めでないとの先生のお話。「坐骨で押す(坐骨で推進する)」ということに関しては、意図して坐骨で押すようなことはせず、姿勢を正して両脹脛で圧迫扶助を行うことで坐骨が自然に前に押し出されるのが良いようだ。

・膝で鞍を抱くな/膝で押せ

鞍に膝でしがみ付くな 膝で鞍を抱くなと言われる。膝で鞍にしがみ付くなとも言います。しがみ付くと実際に何が悪いのかやってみようという練習。

 調馬索で手綱は持たず、尻と鞍に集中するために目もつむる。

 最初は左側の絵のように両膝を鞍にぴったりと密着させて脚で鞍をしっかり包んで体を固定。この状態で、先生が調馬索で馬を常歩させると、馬が回るにしたがって鞍も回っていくなぁと感じる。真っ直ぐ前に動かしたときは、何も感じません。ずっと安定している。

 次に、右側の絵のように、回転内側の膝をゆるめて鞍と膝の間に少し隙間を作る。左の脚は馬体に軽く添えておくだけで、こちらは意図的に膝と鞍の間に隙間をつくるようなことはせず自然にしておく。隙間を作るときに腰を回転内側に回して膝が鞍から離れるようにするのではなく、内側の腰をやや前に踏み込み気味にして股関節を柔らかくして膝を鞍から離す。この状態で先生が調馬索で馬を常歩で回す。

 すると今度は、鞍がまわってゆくのが感じられない。馬がまるで回っていないかのように何のずれも感じられない。それだけ安定しているというお話。

 ということで、膝で鞍を抱くとまっすぐ進んいるぶんには大きな問題はないが、馬が左右に曲がると安定が却って悪くなる。こんなちょっとのことで不思議なものだ。

 で、鞍を抱くことの問題を知って、次は膝で抱くなというのとは反対に、膝で鞍を押すことで馬が曲がるということを習った。

 調馬索で運動中に片方の膝を鞍のニーパッド部分にギュッと押し付けて鞍を圧迫する。鞍のニーパッドの前方部分は丁度馬の肩甲骨の後縁あたりに位置するので馬はここを圧迫されると肩が痛いということで反対側にぐっと撚れこむ。

 ただし、この曲がり方は、普通は使ってはいけない方法だというお話。これで曲がると馬の体勢が崩れるので良くないという。

・回転外側の自分の肩を視野に入れよ

回転外側を見よ 落馬候補の悪い姿勢で紹介した回転内側を見ることの対策。自分の外側の手を見よと教わったこともあるが、今回はもうちょっと穏やかな対策。

 やはり調馬索でやる。手綱は持つが、ほんの緩く持って自分で馬のコントロールはしない。先生が速歩で馬を走らせる。

 この絵のように顔をやや外に向けて、回転外側の自分の肩(絵の黄色の矢印)が左目の視野の片隅に入るようにする。自然に上体もやや外を向きっく。回転内側の膝は、上の説明のように少し緩めておく。

 この顔の向け加減がものすごく微妙。ちょっと前をみると「内側を向きすぎ」、これぐらいかなと外をみると「やりすぎ」と言われ、許容範囲がものすごく狭い。なかなかOKが出ない。

 先生が「そうそう、その向き」と言ったときには、座りがものすごく安定して乗り心地もよくなっているように感じる。これも、ちょっとしたことでそんなに影響があると思えないのに不思議。先生に「そうそう、安定しているでしょぅ」と言われたプラシーボ効果か?そうでないことを祈る。


 上のような練習を何鞍かやって最後に調馬索を外して「じゃ輪乗りをやってみて」ということになった。

 ところが綺麗な円を描いてくれない。外へ外へ逃げたり、それほど曲がってほしくないのに内側へ切れ込んだりする。先生にお手数をかけて調馬索で手取り足取り教えていただいたのに情けない結果。先生は「日本人は几帳面すぎてダメなこともあるんだよ」と言う。綺麗な円を描くために、ここを通って、このくらい曲がってと几帳面にやりたくていろいろやりすぎる。上手ならまだましだが、下手なのにあれこれやろうとして馬の円運動を邪魔すると言う。


  ・片鐙での軽速歩

 「今日は変わったことをやってみましょう」ということで、回転外側の鐙を足から外して鞍のうえに上げて、内側の鐙だけに足を掛けて軽速歩で立つ座るとやってみなさいという。

 まずは止まっている馬の上での練習。鐙をはいていない方の足は踏ん張れないから、鐙に掛けてある足を踏ん張って立とうとするが、とても立てない。脚力がないのと、片鐙では不安定すぎる。「ほらね、鐙には立てないでしょう」と先生。

 鐙を踏んでいない方の脚の脹脛でしっかり馬体を抱いて両脚で馬体をしっかり挟んで立ってみてと言う。両方の脚に思いきり力を入れて立とうとするが立てない。もがいているうちになんとか数センチ尻が浮いたが、ほんの一瞬。けれども不思議なことに片方の鐙に踏ん張って立つよりもましだった。

 「まあそのくらいでいいでしょう」ということで、調馬索で先生が馬を走らる。馬の上下動の反撞があるから、じっと止まっている馬の上で立つよりも楽にたてるが、立つ高さも時間も両鐙に立つときよりはずっと少ない。膝で立てば少しは高く長く立てるが、先生は脹脛で言うので、脹脛で立とうと頑張ったが筋力がというてい足りない。

 片一方の鐙だけで軽速歩といっても、足を載せている鐙はほどんと頼りにせずに両脚で馬体を挟む力で立つ座るとやることになる。鐙を踏んでいる力で立つのでなくて、両脚の力を使う方が立つ座るとやり易いということを体感させるための練習だったようだ。


・体重の左右移動

 騎上で体重を左右に掛けることで馬がどう動くか体感する練習。

 背骨は真っ直ぐして体の中心線を右にずらせて立つ座ると軽速歩をする。

 この絵は後ろから見た絵だとして、立つときはやや右足加重、座った時は鞍の中心よりも右にずれて座る。

 こうすると、馬は右に動く。右手前の回転を調馬索でおこなっているとすると、馬が右に進むことで回転の半径が小さくなる。

 次はこの絵と反対に左側にずれて立つ座るとやる。これで馬は左に進むから、右手前の回転を調馬索でおこなっているとすると、馬が左に進むことで回転の半径が大きくなる。

 このように体重を右左に偏って掛けることによって馬を左右に動かすことができる。ただし、先生が言うには体はあくまでもまっすぐ真ん中に座るのが基本。

 この絵は悪い姿勢。背骨を曲げると正しい荷重ができなくなる。

 例えば、この絵のように体幹を右に曲げることによって、右に加重しても、体重は右から左へ押すように馬の背に掛るため、馬は右へは行かず、押された左へ行くらしい。

 たしかに、右に加重しているはずなのに馬が左へ行くことがあるが、それは荷重がまっすぐ下向きに掛らずに横に押す方向になっていたのだろう。


 このように、体重を左右にずらせて掛けることによって馬を曲がらせることができるが、乗馬姿勢の基本は鞍壺にまっすぐ座るということで、常にまっすぐ安定してすわっていられるようにすることが一番大事だと先生は言う。それができるようになったら、体重を左右に掛けることも扶助の一環として使ってもよいらしい。


基本練習 1 調馬索へ このページ先頭へ 基本練習2へ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

 馬を真っ直ぐ歩かせる(走らせる)、曲がらせるという基本の練習。調馬索での軽速歩の練習を経験したくらいで、だいたいはこの練習をする。

(1)コーナーを回るときは、回転内側の脚を強く使い馬腹を圧迫。コーナーがきついときほど強く圧迫して回る。また、体を回転内側に傾けないように注意。 

(2)曲がるときにコーナーにおいてある空きビールケース(赤い丸印)を見ないようにする。見ると姿勢が前のめり、回転内側に傾く。 

(3)重心を左右ずらさず真ん中に乗る

 ときどき回転方向を変える(手前の変換)。赤い矢印のように進んで方向を変える方法を「斜めに手前を変える」と言う。

 軽速歩をしているときは、赤い直線の矢印(実線および破線)の中央でお尻をトントンと2回続けて鞍に落として、手前を変える駆足のときは simple change や flying change で手前を変える

 隅角で曲がるときは体を内側に傾けないことが肝心。

 蹄跡部分を進んでいるときに、馬が蹄跡からずれたら、(だいたいは外側には埒があるので、馬場の内側の方にずれますから)内側の脚で馬腹を連続的に圧迫して馬体を横に(埒に向かう方向に)押し出す。


覚える ところで、同じことを繰り返していると、馬がそれを覚えこんでこちらが指示を出す前に勝手にうごいてしまうことがある。いつも同じ隅角から駈歩を始めるというような運動を何回も続けてやると、その隅角に来ると乗り手が駈歩の扶助を行う前に駈歩を始めたりする。「賢い馬だ。なにもしなくても思い通り動いてくれるぞ」と喜んではいけない。

 乗り手の指示がないのに勝手に走ったということに対して叱らなくてはいけない。勝手にやったことを叱ることで、馬が乗り手の指示に常に注意を向けるようになる。

 ある場所にくると馬が勝手に駈歩をやめてしまうこともある。これも何回かほうっておくと馬はその場所は止まってもよいところなんだと覚えこむ。このようなときも止まったら厳しく叱って駈歩を続けさせなければいけない。

 馬が扶助に反応しない(勝手に止まる、勝手に走り出す、など)場合は、「しょうがないなぁ」と放置せず、必ず乗り手の指示通りに馬が動くまで追求して、勝手にやってはいけないんだと馬に解らせなければいけない。


基本練習 2 基本練習1へ このページ先頭へ 基本練習3へ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

 この練習は障碍飛越の練習の一環。しかし、障碍専用の練習というのは跳ぶときに腰を浮かせるというくらいで、基本は馬を目標にまっすぐ進めることができるようにすること。結局基本ができていなければ障碍は跳べないということ。

 青い矢印部分は緑の△マーク位置に置いた葉っぱを目標に馬を進ませ、馬の脚で葉っぱを蹴って通ることができるようにすることが練習の目標。

 △マークを通ったあとは右に回って黒線の矢印を通って、また青い矢印に戻る。

 次は、△を過ぎたら左に回って同じことを繰り返す。大きく馬場いっぱいに、縦に押しつぶした8の字を書くように乗る。


 左側のコーナーを曲がって直線に入るときに、この絵のように、馬の首をまっすぐにして、馬の両耳の間に目標の葉っぱが見えるように馬の方向を定める。

 このまま進んで、馬の首に葉っぱが隠れればOK。





 蹄跡部分を走らせているときはあまりよれない。しかし、青い矢印部分は広いので正しく乗れていないと馬がよれてしまう。青の矢印部分では、脚の扶助を強めて速度を増すようにする。障碍を想定して、やや前傾姿勢をとる練習もする。

 最初のうちは、青い矢印の直線にはいってからこの絵の赤い矢印のようによれて進んでしまう。特に馬の首は左を向いているのに馬体はどんどん右へいってしまったりすると情けなくなる。先生は、直線に入るカーブで体が真っ直ぐでなく、馬上のバランスが悪いと言う。が、自分ではよく判らない。

 ときたまは上手くいくが、上手くいかないときに何が悪いのか判ってないから、次には前と同じ失敗を繰り返す。体がなにかしらずれているらしいことは確かだが、どうずれているのか判らない。

 練習を積むと、最近左右によれることが少なくなった、どうやら自分ではまっすぐ乗っていたつもりでも、「さぁ これからスピードアップだ」「ここで曲がらにゃぁいかん」とかいうことで知らず知らずに前かがみになっていたり、体がねじれていたようだ。


基本練習 3 巻乗り・輪乗り 基本練習2へ このページ先頭へ 基本練習4へ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

 馬に円周運動をさせる練習。円周運動中ずっと姿勢を崩さないでおくことが大切。

  円運動には、巻乗りと輪乗りの二つがある。厳密には回転半径も決められており、巻乗りは直径10m以下の円を一回描く。「大きく」とか特に直径の指定がないと6mの直径の円を描くのが普通。輪乗りは直径10m以上の円を描くもので、輪乗りをやめるように(「蹄跡に戻って」などの)指示がない限り回転を続ける。半巻乗りといって半回転して進行方向を180度変えるものもある。ここでは巻乗りや輪乗りのように少なくとも一周は円を描く運動を練習する。

 馬場の真ん中の直線コースに狭い間隔でコーン(ビールケース)が並べてあり、この間を通って右回りの巻き乗りをして、もういちどこのコーンの間を通ってから蹄跡に戻ってぐるっと大回りしてふたたび中央の直線コースに入る。

 赤丸の間を馬の頭が通った時点で脚を使って馬に曲がれの扶助をする。手綱は補助的に使うに留め、手綱で馬の首を曲げるような強い扶助は使ってはいけない。

 回転している間中同じ姿勢を保って馬がまんまるく円周の上を運動するようにする。

 2回目は左回りの巻き乗りのあと蹄跡に戻る。

 これを繰り返してきちんとした円が描けるようにする。歩様は速歩と軽速歩。

 回転中には回転外側の膝が視野にはいるように目線を回転外側に保ち、回転内側を見ないようにすること、体を回転内側に傾けないように注意し、同じ姿勢を保つこと、が大切。

 馬がよれて曲がってくれないこと減ってから、先生が曲がるときに、たとえば右曲りなら、
(1) 右腰を右前に押し出して、
(2) 顔を思いきり左へ向ける、
(3) 右の手綱を開いて、そのぶん左の手綱は前に出す、
(4) 前に出した右の脹脛で脹脛で馬腹をギューっと強く圧迫、お尻で鞍が回転して動いていくのを感じるまで圧迫は続ける、
  この(1)から(4)を曲がるとに同時にやれと言う。(1)は難しければ無理にやらなくてもよい。

 この練習は、どうしても回転内側に向いて体も内側に傾きがちな私の悪い癖を直そうという訓練。

 自然に顔が外側を向くようになったら、だんだんと外側を向く動きを小さくする。


 さて、うまく回れない悪いパターンは大きくは二通りあって、一つは小さく切れ込んで回転半径が意図したものよりもずっと小さくなるもの、もう一つは、馬が肩から外側に逃げて回転半径が大きくなったり、はなはだし場合は全く曲がらずに肩の方向へ直進してしまうもの。

 馬が肩から外側に逃げる場合の対策を先生が教えてくれた。

 馬体の曲がりだけを見れば、こんな風になっていて右に曲がるはずが、左の肩の方向へどんどん左前に進んで曲がってくれないない情けない状態。

 原因はいろいろならしいが、典型的なのは、
(1)遠心力に負けて体が外に振られて重心が馬体の外側に掛かる、
(2)回転の内側を見ることで尻が外へ振られて重心が馬体の外側に掛かる、
(3)重心は回転内側に掛かっているのだが体が内側を向くことで内側の尻で鞍を外に押し出す方向に力が掛かっている、
のどれからしい。

 この状態から「曲がれ!」と回転内側の手綱を引くと、ますます馬は外へ逃げる。回転内側の手綱を引くから体が回転外側に寄ること、回転内側に強く意識が働いて顔がますます内側を向いてしまい、尻が外に振られることになるからだということ。

 この絵のようになってしまったときの対策は、
(1)回転外側の足を鐙から上げて鐙に加重が掛からないようにする。−−− これによって外側に掛かっていた体重を回転内側に修正で。
(2)鞍の上で尻をジャンプさせて回転内側に座り直す。−−−直接に内側加重に修正する方法。
(3)いったん両手綱を引いて馬にブレーキをかけて、馬体がまっすぐになり、まっすぐになった方向へ進むようになってから、改めて回転を指示。ーーーこれはいったんリセットしてやりなおそうというもの。

 などだが、これらの方法によらずとにかく曲がってくれるまで内方手綱を引き続けても効果はない。だいたいは逆効果になる。(3)の方法が一番確実。先生は馬が外へ逃げ始めると「ブレーキ、ブレーキ」と言う。曲げようとするのをいったん止めて、姿勢を正して少し直進させてから改めて回転させるのが良い。


輪乗りの徹底練習

 輪乗りを徹底的に教えてくださいと先生にお願いして始めた練習。

 目印になるものや馬の進行を妨げるものは置かない。

 蹄跡あるいは中央線を速歩で走らせて任意の地点で輪乗りをかける。

 回る回数も場所も、馬が何回回ればよいと覚えないように、適宜変える。

 鐙に踏ん張って鞍に抱き着かないように鐙上げででも練習する。


 この絵は回転外側に体重がずれたときに即座に回転内側に体勢を立て直す方法。

 鐙があれば外側の鐙を踏んで体勢を内側に移すことができるが、鐙上げでやっているとすぐには移せない。先生は馬の上でお尻をジャンプさせて内側に移せと言うが、これが簡単にはできない。

 もたもたしていたら、外側の手綱を引っ張って良いからと言う。

 鞍の上下に合わせて尻が浮かされるときに外側の手綱を頼りに(やや引いて)内側の腰を前方回転内側に動かるす。こうやると簡単に鞍の上でジャンプして瞬時に体勢を回転内側に移せる。

  鞍の上で体重をぱっぱと左右に動かせてなかなか面白いものです。これなら「あれ、まずい」というときにパッと体勢を変えられます。


 引き続き輪乗りの練習。

 今度は絵のように両手に短鞭を持つ。

 曲がるときに外方の鞭の先を馬の首に当てて、鞭の当たっている箇所を注視する。回転を続けている間中見続ける。

 内方の手綱は開き手綱で使い、鞭は通常と同じように自分の腿に添えておく。

 この方法は大変効果があった。ほとんど外側へ膨らまれることなく回転することができた。ただ、姿勢が良くなったからちゃんと回ってくれるようになったのか、鞭で首を押されているので「これは曲がらなくてはいけないのだ」と馬が思うせいなのか、どちらなのか、心もとない。

 でもまあ、これでやると開き手綱を使わなくても馬は回転を続けてくれる。先生は姿勢が正しければいったん回転を始めた馬はそのまま回転を続けてくれるのだと言う。この練習をやると、先生の言うことが判るような気がする。


基本練習4 基本練習3へ このページ先頭へ 基本練習5へ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

 手綱を操作するときに上体が傾かないようにする練習。

 両手で手綱を持って操作するとどうしても操作が大きくなり、特にちゃんと曲がってくれなかったりすると「頼むから曲がってくれよ」と大きな操作になりがち、上体を真っ直ぐにたもてない。

 騎乗中は常に上体を真っ直ぐにたもつことが大切なので、手綱を片手で持って操作することにより、上体がぶれるのを防止しようと言いうもの。

 手綱による扶助(片手手綱)で説明したように手綱を片手でもって、反対の手は腰に当てて姿勢を真っ直ぐ保ち下のえのような図形をたどる。連続した手前変換と、変換の途中に輪乗りを適宜入れる。

片手手綱での練習 隅角での曲がり、輪乗りに入るときの曲がりでは、左に曲がるなら、手綱を持つ拳を鉛直面内で反時計回りに回して馬の頭を左に誘導。

 このとき決して拳をき甲の上から左側に動かしてはいけない。拳は常にき甲の真上に位置させ、上体も左右に傾けないようにする。

 効きが悪い時は拳を若干右に動かしても良いが、上体を不動にして馬をコントロールする練習だから、極力左右には動かさないようにする。

 輪乗りは馬場中央の赤い点で示したコーンを目安に回転に入る。馬が回転に入ったら、あれこれ操作せずに、がまんして同じ姿勢を保って馬に円を描かせる。途中でちゃんと円が描けないのでは、などと心配になってあれこれやろうとすると失敗する。正しい姿勢をたもって馬に円を描いてもらう。


基本練習5 基本練習4へ このページ先頭へ 姿勢の矯正1へ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

 曲がるときのタイミングや曲がり方の精度を上げるための練習。

 蹄跡をたどり隅角を曲がるときなど、きちんと乗り手の意思通りに曲がらせなければいけないが、そのまま進めば突き当りということで、だいたいが馬が勝手にまがったりする。こんなことではダメ、自分の意図した地点で、意図した角度で曲がらせることができるようにする練習をする。

精度よく曲がる練習1(1)目標がないとちゃんと曲がれたかどうか判らないから、馬場中央線の上に左の絵のような線を引く。やや太い線の幅は馬体の幅よりやや広い程度、埒の手前まで線を引いておく。これに梯子段のように横線(絵のやや細い赤線)刻みをいれておき、この何段目で曲がるかを決めておいて、中央線から馬を進める。

  太い2本の赤線はその幅の橋がある、というような想定で、線からはみ出したら、橋から落ちてしまうということで、曲がるまでは線からはみ出ないようにします。

 想定した梯子段の横線の間から正しく出られたら、そのままの姿勢を保って巻乗をして、もとのところへ戻ってこれるか確認。

 先生が見ていて、「今は何段目から出ましたよ」と教えてくれます。

(2)馬場の隅に赤線で示したような図形を描いておく。2本の太い赤線は、この広さの橋を渡るつもりではみ出ないように馬を進める。

 この橋に斜めに手前を変える要領で入って、右へ曲がって細い赤線の間を進む。

 上の練習の場合と違って、曲がったあとは巻乗ではなく、埒に平行にまっすぐ進ませる。(まっすぐ進んだら、埒にぶつかる手前で右に曲がる。)

 曲がるときに内側を見てはいけない。この絵では2番のレーンに進もうとしているが、このときは回転外側の馬の肩越しに黄色い三角(赤に黄色抜き)に目線を送って肩越しにこの印が見えたタイミングで開き手綱を使って、曲がったらすぐにまっすぐに戻す。

(3)短蹄跡に平行に線を左の絵のように追加。斜めから長蹄跡に平行に入ってから、こんどはこ短蹄跡に沿って引かれた線の間に馬を進める。回転中に内側には多少はみ出してもよいが、外側には絶対にはみ出さないようにコントロール。

 斜めから入ったら、今度は逆向きに絵の下側の長蹄跡(左から右)から直角に折れて短蹄跡に平行な線の間に入り、さらに直角に左に折れてから、斜めにやや太い赤線の間を進む。

 馬の大きさ、歩度、歩様によって曲がりをしかけるタイミングが異なるから、その違いを体感・習得する。



(1)の練習は埒に近づくほど曲がるのが難しい。埒に近づくとぶつかってしまうということで馬が乗り手の指示をまたずに勝手に曲がってしまう。勝手に曲がらせないようにするには両脚で均等に馬体を制し、手綱も両方均等に緊張を持たせる。手綱の緊張を強めると止まりがちだから、脚による推進の練習にもなる。

(2)の練習では、まがった後埒に平行にまっすぐ進める練習をする。曲がって少し行けば短蹄跡の埒にぶつかるから、まっすぐ進まず馬が勝手に曲がってしまいがち。曲がったあとまっすぐ進めるには、曲がるときに状態が傾いてはならず、曲がったらすぐに手綱と脚をもどして馬の頭をまっすぐに保ち、馬体を両脚と両手綱で均等に御す。

 この練習でも回転内側の地面を決してみてはいけないと先生は厳しく言う。しかし、以前は「しっかり外側に顔を向けて、外を見て」と指導されたが、最近は「顔を動かさずにやれ」あるいは「外側を見たとバレナイようにやれ」と言う。顔を外に向けて姿勢を保つというのは、私向けの非常手段のような姿勢矯正方法で、本来は顔を動かさずに不動の姿勢で乗るべきということです。


  上の練習を前傾姿勢をとってツーポイント姿勢で行います。ツーポイント姿勢だと馬の両耳の間から見るということがやりやすく、姿勢がぶれにくいようです。


姿勢の矯正1 基本練習5へ このページ先頭へ 障碍基礎練習1へ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

 さて、先生にいわせるとまだ姿勢がまがっているということ。なにかの原因でうまくいかないと「頼むからちゃんと曲がってくれ」と姿勢のことは全部わすれて「曲がれ、曲がれ」(あるいは、直線では「曲がるな 曲がるな 真っ直ぐ行けよ」)とばかり思って乗るので、姿勢が崩れるらしいのです。

 先生に指摘された悪い点は、下のようなこと。

(1)左の絵のように隅角においてあるコーンを覗き込んで姿勢が回転内側前方へ傾いている。

(2)下の絵のように回転外側に体がずれて、回転内側の脚で馬体にしがみ付いている。(これは時々)

(3)視線が定まっていない。(これはほぼ しょっちゅう)

(4)回転外側の拳が馬のき甲を越えて回転内側へ動いている。(これは時々)



 じつは(2)は、例えば、左に曲がりたくて左脚で「曲がれ」と馬腹を圧迫したつもりだったのだが、先生からは「いま右に姿勢が崩れたので、左脚で馬にしがみ付いたでしょう」との指摘。「えー、そんなんじゃなくて、曲がりたくて左脚を使ったんですょ」と言っても、とてもそうは見えなかったらしい。

で、これらを矯正する手段として、先生が「こうやれ」と教えてくれたのが以下の方法。

 下の<1><2>は主に曲がるときの問題の対策、<3><4>は直線で馬を真っ直ぐ進めるときの問題の対策。これらは関連しており、ちゃんと曲がれないと曲がり終わって直線に入るときの姿勢がくずれているので、そのあとの直線も上手くいかない、ということになるそうです。

<1> 曲がるときに、回転外側の拳を見続ける。

 回るときは回転外側の馬の耳のあたりを通して前をみよ、と教わったが、その程度ではとうていダメだ、ということでもっと過激に回転外側の拳を見よ、ということ。曲がり始める直前から注視し始め、曲がり終わるまでずっと見続ける。

 最初は、顔を拳の方に向けて練習。慣れたら、顔は真っ直ぐ前を向けたまま、目線だけを動かして、回転外側の拳を見る。

期待効果

・体が回転内側前方へ傾くことを防止。
 回転外側の拳を注視していると、コーンが視界にもろに飛び込んでくることがなく、コーンを覗き込むことによる体のよじれを効率的に矯正できる。

・回転外側の拳が馬のき甲を越えることを防止。 
 回転外側の手綱を押し手綱として使いすぎ、絶対にやってはいけない、と言われているき甲の線を越えて拳を動かすことの防止策。

・回転中の視線の安定


<2>曲がるときに、回転外側の鐙を踏まないようにする。(鐙に体重、足の重さ、を掛けない)

 回転の扶助として、回転内側の脚をやや前に出して、馬腹を圧迫するが、このとき強く圧迫しようと思うあまり、体を回転外側に傾けて体重を利用してギュッと圧迫しているらしい。回転外側の足を鐙から上げ、鐙を踏まないようにすることで、回転外側に体がよれることを防止。

 鐙から足を上げると、ブラブラと不安定になるから、自然揚げた足を馬腹にぴったりつけるようになる。これで、曲がるときの回転外側の脚の正しい使い方(やや後ろに引いて馬腹にぴったり付ける)ができる。

期待効果

・回転時、回転内側の脚で「曲がれ」の扶助を与えるときに、無意識に回転外側によりかかってしまうことの防止。

・回転外側の脚の正しい使い方ができるようになる。

<3>両脇に小さなペットボトルを挟んで、これを落とさないように脇を締めて乗る。

<4>両手に短鞭をもって、直線上を進むときは鞭の手元の先端を馬体の中心線上でぴったりとあわせてずれないようにする。また、鞭の中ほどを両太腿にぴったりつけてぶらぶらしないようにする。

やや伏せ拳気味になるが、悪い姿勢の矯正の方を優先して、伏せ拳には目をつぶった練習方法。

期待効果: 直線で馬を真っ直ぐ進めることがでる。

・手綱を使うときの過剰な腕の動きの制限。き甲の線を越えての拳使いの予防。

・左右の腕・拳のアンバランスの矯正。(鞭を持った側の拳だけを硬く握りがちで、鞭を持たない側の拳とのアンバランスができることの矯正にもなります。)

・脇や腕がぶらぶら、ぐらぐらしてしまうことの防止。肘がわき腹から離れてしまうことの防止。

<5>直線では、両腿で馬体を締め、両脹脛でも馬体をしっかり締める。太腿の内側でしっかり馬体を挟むこと。ただし、膝を鞍につけるようにして、膝で鞍を抱いてはいけない。

  脚で馬にしがみ付くな、というのを意識するあまり、どうも脚がぐらぐらになっていたらしい。騎座がしっかり安定してないから、ぐらぐらしている脚がアンバランスな動きをする。そのために直線で馬体がよれることにもなっていた。

期待効果

・直線で馬が左右によれてしまうことの防止。


 基本練習2も最初からまるでダメだったわけではなく、そこそこに乗れたのだが、別の馬にするとほとんどダメ(直線でよれてしまう)なのだった。で、このダメだった馬というのは、ちゃんと乗れたときなどは、軽い扶助でとても気持ちの良い駆足をしてくれたりして、「これ、いい馬じゃん」と思ったりすることもあった。結局、このダメだった馬というのは、扶助(体重移動も含めて)に敏感で無意識にやっている(してはいけない)動きに反応して動くので、「そっちじゃないんだよ、どうしてこっちへ動いてくれないの」ということになっていたようです。


障碍基礎練習1 姿勢の矯正1へ このページ先頭へ 障碍基礎練習2へ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

 この練習は障碍飛越の練習の一環。上の基本練習2と同じコースだが、中央部の地面に横木を1本、2本、あるいは3本置いてある。

 コース上の長蹄跡部分は、正座速歩、軽速歩、立ち乗り(ツーポイント)の3種類乗り方で練習。

 (1)横木が一本の場合: 速歩および軽速歩のときは、横木を馬が跨いだときに、尻を浮かせて上体を前傾して手綱を握った拳を一瞬前に出してすぐに戻す。立ち乗りの場合は、そのまま拳だけを前に出します。横木を越したら、姿勢を元に戻す。

 (2)横木を2本以上置いた場合: 速歩および軽速歩のときは、最初の横木で尻を浮かせて上体を前傾して手綱を握った拳を一瞬前に出してすぐに戻す。その後、そのままの姿勢で次の横木を越える。越えるときには最初と同じように拳を前に出してすぐに戻す。
 また、横木一本ずつ姿勢を元に戻し、また尻を浮かせるという練習もする。立ち乗りの場合は、そのまま拳だけを前に出す。、

 横木を絶対に見ないようにします。目線は尻を上げて前傾して、顔を上げて前を見たときに首が苦しくない自然な姿勢の範囲でできるだけ前方におくようにする。横木のおおよそ10m以上は先を見る。

 コース上、青い矢印部分は緑の△マークに目線を置いて馬を進ませ、横木を跨がせる。

 横木は見ずに△印の位置あたりを見るようにして馬を進める。

 軽速歩、速歩、立ち乗りで練習。

 △マークを通ったあとは右に回って黒線の矢印を通って、また青い矢印を通る。次は、△を過ぎたら左に回って同じことを繰り返す。大きく馬場いっぱいに、縦に押しつぶした8の字を書くように乗る。

 横木を跨ぐ瞬間に馬の首がスッと前に出るので、これにあわせて、手綱を握った拳を前に10から40cmほど前に出す。

 上体は動かさずに拳だけを前に出す。

 拳を沢山前に出すときは上体を大きく伏せるが、絶対に背中を丸めてはいけない。



 これは悪い姿勢で、拳を出すだけでなく、横木を越そうという意識が強すぎて、上体が横木の上に被さるような姿勢になっている。

 横木を跨ぐのは馬であり、人間が横木を越すのではないことに注意。

 乗っている人間は、馬の動きを邪魔しないように、単に拳を出すだけ。



障碍基礎練習2 障碍基礎練習1へ このページ先頭へ スラロームへ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

 この練習は障碍飛越の練習の一環。上の障碍基本練習1と同じコースだが、中央部に4−50cmほどの高さの低い障碍を置いてある。

 コース上、青い矢印部分は緑の△マーク位置に置いた葉っぱを目標に馬を進ませ、障碍を跳ぶ。

 障碍は見ずに△印の位置に置いた木の葉っぱを目標に馬を進める。

 直線にはいったところで、両脚による扶助を強めて速度を増す。うまく乗れると馬は駆足になるかもしれないが、そのときは駆足で障碍を飛越

 △マークを通ったあとは右に回って黒線の矢印を通って、また青い矢印を通る。次は、△を過ぎたら左に回って同じことを繰り返す。大きく馬場いっぱいに、縦に押しつぶした8の字を書くように乗る。

 ポイントは、障碍を見ないこと。あれを飛び越すんだと、障碍を注視すると、スピード感が増して慌てることになる。下を覗くと、体勢も乱れて、正しい姿勢が保てない。障碍は見ずに、その先の木の葉を見る。飛び越す瞬間も、障碍を見て目線を下に落としてはいけない。

 「まっすぐに乗れていないと、障碍が二つ連続していたらまずダメだし、障碍のすぐ先が埒であるような設定がされていると、埒の外に放り出されて落馬をするよ」と先生。

 さて、もう少し跳ぶことに重点をおいてやりましょう、ということで、次は立ち乗りと前傾姿勢の練習。

 立ち乗りの姿勢。

 お腹に力をいれて腹を前に出すようなつもりで姿勢を保つとやや楽に立てる。

 足はほぼ伸ばした状態、体全体が前に倒れこむのではないかというような感じになるが、「腹を出す」と意識すると前に倒れるような感覚はなくなる。

 基本的に鐙と脹脛の2点で体をささえるが、障碍鞍だとどうしても膝が鞍のニーロール部分に当たる。というかニーロールで支えるような具合になるが、これは良くない。ただし、脹脛の圧力と膝の圧力を比べて、膝の方が圧力が弱ければニーロール部分を膝で支えるような感じになっても構わない。

 最初は2−3歩でバランスが保てなくなって鞍に座ってしまうが、練習を積めば立てる歩数が伸びる。

 前傾姿勢の練習。

 立ち乗りの状態から、膝は曲げずに脚全体を後ろに倒して、お尻をほぼ水平に後ろに引き、背中を反らせ気味にして上体を前に倒す。顔は上げて前方10数mのところを見る。絶対に障碍を見てはいけない。

 鞍の後橋からお尻を充分離して前傾姿勢を保つ。

 この姿勢で視点をただしく保っていれば、馬が障碍を跳んでもほとんど跳んだ感覚がなく非常にスムーズ。「あれ、跳んだの?障碍が低すぎない?」という拍子抜けの感さえある。(もっと高い障碍なら、こんな感じではないのでしょうが、、、)

 馬が駆け出したときに体が遅れないように足で踏ん張ったり、あるいは障碍を越えるときに乗っている人間も飛び越すようなつもりになるとつま先が下がって踵が上がってしまう。膝も曲がり気味になる。

 この姿勢で跳ぶと、馬が障碍を跳んだときに、「跳んだ」という感じが伝わって来る。その意味では、「やったー」という満足感があるが、実は良くないというのは面白い。

 これは良くない姿勢なので、このような姿勢(背を丸めた前かがみ、つま先下がり、膝曲がり、など)にならないように注意が必要


 ある馬で練習したところ、跳んだあと馬がまっすぐ進んでくれない。右に回ってほしいので馬の首は右へ向けているが、馬自体は急速に左に曲がろうとする。結果的には馬は左に急カーブ。先生は「危ない、落ちるよ」と言う。なんとか右に行ってほしいので体重も右に掛けようとするのだが、馬は明らかに左に行きたがっているので、これは自分でも危ないのが判る。何度かやっていると、馬はますますいうことを聞いてくれなくなった。先生は「馬が怒り出した」と言う。「(クラブによっては)もう降りてくださいと言われますよ」とも言う。

  何が悪いんでしょう?と聞くと、跳び終わって馬が着地したあともずっと姿勢が前かがみのままで地面を見ている、とのご指摘。

 左の絵のような姿勢になっているという指摘。跳ぶ前は、障害を見るな、前方を見よという徹底した指導で下向き前かがみにならないように注意をしていただが、跳んだあとは安心しておざなりになっていたようです。

 こういう姿勢になると、手綱を控えようとしてもきちんと控えることができないし、手綱を引こうにも力も入らない。つま先も下がっているから、膝から下が後ろへ動きやすくなっており前方に倒れこむようなことになったときに脚で体を支えられない。つまり、この態勢で馬が止まったりしたら(急カーブも含めて)必ず前に落ちることになってしまう。

 障害飛越で落馬する典型的パターンの一つで、こういう姿勢で落ちた人は必ず「馬に跳ねられた」というが、脇からみていれば決して馬が跳ねたのではないことが判る、馬が跳ねたのではなくて姿勢が悪くて落ちただけだと先生は言います。

 障害を跳んだことにホッとして、着地したあとの馬を積極的にコントロールする意識が希薄だった。脚による抑えもしていなければ、手綱はぶらんぶらんで、馬に真っ直ぐ行けとか、曲がれとかなんとかいう指示を出していなかった。跳ぶ前には障害前で急停止や急カーブされて落馬というのはいやだから、必死に馬をおさえていましたが、跳んだあとはそいうものが全部なしになっていたようだ。で馬が勝手に曲がりだしてから、ありゃ そっちじゃない とあわてていたようです。

 まあ馬が勝手に曲がったというより、ぶらぶらの手足の動きの中から何らかの指示を拾い出して、その指示通り曲がろうとしたら、そっちじゃないと手綱を引っ張られたりして、いったいどうしろというんだ!と怒り出したのでしょう。


スラローム 障碍基礎練習2へ このページ先頭へ スラロームへ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

 この練習は脚による扶助、手綱による扶助を学ぶことが目的。

 先生は「スラロームの練習はとても大切だ」と言う。また「でも、みんな面倒臭がってやるのを嫌がるんだよねぇ」とも言う。

 赤丸のようにビールの空きケースをならべておく。馬場の上辺には沢山ならべておきます。上辺のケースの間隔は馬体の2倍から1倍ちょっとまで、当然間隔が狭いほど難しくなる。

 赤い矢印のようにケースの間を縫って通る。常歩、速歩(正座、軽速歩)で練習。

 曲がる手前で、回転内側の脚で馬腹を強くギュッと圧迫し、すぐ離す。反応しないようなら再び圧迫。先生は手綱に頼らす脚だけで曲げられるようになれと言う。

 手綱は開き手綱や譲る手綱を使って馬の首を回転内側に誘導。

 手綱に頼らす脚による扶助だけで回る練習と、手綱による扶助だけで回転する練習、手綱と脚の両方の扶助で回転する三通りの練習を行う。先生は多くの教本に書いてある回転外側の脚を引き気味にして馬腹を抑えなさいというのを言いません。先生のところの馬は外側を抑えるということをしなくてよいように調教してあるのかもしれません。

実際に習った順番は、
  1.回転内側の脚による圧迫だけで回転する、
  2.開き手綱と脚による圧迫の両方の扶助で回転する、
  3.開き手綱と脚による圧迫のときに回転内側に腰を押し出す重心の移動で回転する、
  4.軽速歩で座るときに尻を回転内側にずらせて重心の移動だけで回転する、
  5.回転外側の拳を譲って、譲る手綱の扶助だけで回転する、
  6.開き手綱だけを使って回転する、
  7.脚による圧迫と譲る手綱の両方の扶助で回転する、
という順番。4を除いて歩様は全部正座速歩ないし軽速歩。2.は前傾姿勢でも練習した。

 それぞれの場合につき、鞍が(馬体が)どのように動くかその違いを判れという先生は言うが、微妙に違うが言葉できちんと説明できるほどはっきりと違いが判らない。ただ、譲る手綱で回転すると、ほかの方法と違って曲がるときに加速しているように感じるし、乗っていても滑らか

 7.の方法が、馬にブレーキをまったくかけずに済み馬の運動に切れ目がない、騎乗者の動きも最小限で済む、ということで一番望ましいそうです。


(1)脚による回転の練習:

手綱に頼らず脚の力で馬に回転の指示を与える。

回転内側の脚を少し外側にひねるように回して踵前に押し出すようにすると、脚が通常の位置よりも前に出る。

 この状態で腹帯のやや前の馬腹をギュッと圧迫。回転角度が大きいほど(カーブがきついほど)強く鋭く圧迫。

 このとき踵で圧迫しようとするとつま先下がりになりがちなので、脹脛で圧迫するようにする。

 また、軽速歩では立つ座るのタイミングと曲がるタイミングが合わない場合は、適切なタイミングで脚を使えない。座るタイミングで脚を使うので、座るタイミングが丁度曲がるタイミングとあっていないとうまくないということです。

(2)手綱だけでの回転の練習:

 手綱による扶助だけで馬を曲げる練習。

 手綱は開き手綱(左の絵の左側)と譲る手綱(左の絵の右側)の二通りを練習。

開き手綱の場合:  肘を中心に前腕を回して馬の首を回転内側に誘導。引っ張るとブレーキになるから、引っ張らないように拳をやや前に出し気味に開く。

 回転外側の手綱は馬の首が曲がって引っ張られる分譲る。(押し手綱として使えという教本もありますが、先生は押し手綱を薦めません)。


・譲る手綱の場合:  回転外側の拳を前方へ突き出すように出して、反対側(回転内側)の拳は動かさないようにする。

 本来の譲る手綱は拳を動かさずに薬指、小指、中指を緩めるだけの動作で手綱を譲るのだが、練習だから拳は思いっきり前方に出してよい。譲る側を前に大きく突き出しても反対側は動かさずにおくという練習もかねている。出した拳の反動で反対側の拳を引いてしまいがちなので要注意。

 譲る手綱で曲がると、減速を全く感じず、脚の扶助と合わせて使えば加速さえ感じることができて、とてもスムーズ。

(3)重心の移動での回転の練習:

 重心の移動で馬を曲げる練習。

 速歩でも常歩でも応用できると思いますが、実際には軽速歩で習った。

 この絵は右に曲がる場合を後ろから見たもの。立つときはまっすぐ真ん中に立つが、座るときにお尻を回転内側(右側)にずらせて座る。このとき上体を前後左右に傾けずにまっすぐに前向きに保つ。次のコーン(ビールケース)を曲がるときは、尻を反対の左側にずらせて座る。

 このやり方で曲がると、馬体がコーンの間をうねって通るというよりは、馬体が平行移動するような感じでコーンの間を通る。上級者がやれば馬の首もちゃんと曲がる方向へ向いてくれるのでしょうか?よく判りません。

(4)脚と手綱の協調による回転の練習:

 脚と手綱の協調で馬を曲げる練習。

 手綱は開き手綱と譲る手綱の二通り。脚の使い方は上の(1)と同じ。

 左の絵は開き手綱での練習です。肘を中心に前腕を回して馬の首を回転内側に誘導。

 手綱を開くのと脚による馬腹の圧迫はタイミングを合わせて、同時に行う。

 左の赤い×印の絵は回転の内側を見て(たとえばスラロームの各ポイントにおいてあるビルケースを見て)いる悪い例。内側の地面を見ると絵のように体がおおいかぶさって体勢が乱れる。

 緑の丸印の絵は良い例。まっすぐの姿勢を保って開き手綱を脚による圧迫を行う。こうすると自然に体重はやや回転内側に掛かりとても都合が良いということでした。

 開き手綱は回転中ずっと開いておくが、脚による圧迫は断続的にギュッ ギュッ ギュッ と行う。

  譲る手綱を使う場合は、上と全く同じことを開き手綱に代えて譲る手綱で行います。


  スラロームのポイントは、

(A)ケースーを回るとき、馬の頭がケースを越したタイミング(左の絵の馬の位置)で、回転内側の脚を強く使い馬腹を圧迫。手綱も使う場合は同じタイミングで手綱を大きく開く。

(B)馬の肩あたりがケースを回ったら馬は次のケースの手前側を通るような体勢になっているはずだから、回転の指示を止めて、直線の指示を出す。具体的には開き手綱(あるいは譲る手綱)を止めて、両脚をそろえて馬腹を圧迫し前進の指示をする。ケースとケースの間が狭くなってきたらこの直線の指示をする区間はどんどん狭くなって、ついには無くなってしまうのだと思う。先生は「はい、右脚、右脚、まっすぐ、まっすぐ、はい、左脚、左脚、、、、」というような声をかけてくれる。左の絵では赤い線が片脚で馬腹を圧迫して曲がっていく区間、緑の矢印は直進区間。

(C)馬の頭が次のケースを越したら、すぐに反対の脚(次の回転の内側になる脚)で馬腹を強く圧迫。手綱も使うときは同じタイミングで手綱を大きく開き(あるいは譲り)ます。「右脚、脚、はい 真っ直ぐ、真っ直ぐ、 はい、左脚、脚、はい 真っ直ぐ、、、」といった感じのリズム。

(D)ビールの空きケースを絶対に見ないこと。回る足元にあるケースを覗き込むと上体がよれる。前方を見るようにして、各ポイントのビールケースは注視はせずに視野にいれておおよその曲がるポイントの見当をつける。

(E)重心を左右ずらさず傾かずに馬の真ん中に真っ直ぐに乗ること。


 脚だけで回るのはとても難しく全部のポイントを回ることができない。最初の2−3個のビールケースは回れても、その後のケースは曲がれない。最初の練習では手綱に頼るなと先生は言う。手綱はほとんど使わずに脚だけでやろうとしても、なかなか馬がいうことを聞いてくれない。

 ところで、同じ設定のスラロームを裸馬でやってみたら、鞍をつけた練習よりずっとましで、一応ビールケースを抜かさずに全部回ることができた。先生にこのことを言ったら、「ちょっと見ていたが、体が拠れておらずに真っ直ぐに乗っていたよ」とのコメント。たしかに、裸馬だと馬の背骨と自分の坐骨の関係がずれるのを敏感に感じ取れるから、ほとんど常に馬の背骨に対してまっすぐになるように注意して乗っている(ずれると尻が痛いので、常にまっすぐにせざると得ません)。


 さて、ケースの間隔を狭く設定してから、先生は曲がるときに腰を前に出してみろと言う。右に曲がるときは右腰を少し前に出せと。

 「右腰を前に出すと右膝が緩んで鞍との間に隙間ができて、右に体重がかかるようになるでしょう」と言うが、そうはならない。右腰を出すということは体が左に向くから、当然右ひざは鞍に密着して鞍を押す形になって、右膝が緩むなどしない。

 左を向くのに右膝が緩むなんておかしいなあと思い「えー、全然緩みませんけど」というと、体全体で右腰を前に出してはダメ、上体は真っ直ぐのまま、腰だけ動かして右腰を前に出せという難しい注文。

 なかなか右膝が緩まないが、上体を左に向けないようにして腰を右前に滑り出すようにすると、若干右膝と鞍の間隔が緩んだ。右腰を前に出すというより、右脚の踵をぐっとさげて右の鐙に乗り込むような感じで腰を動かした方がやりやすいように思えた。こうやることで 右膝が緩んで体重が右にかかる状態になった。「そうそう」と先生っも言うから、こういう感じでもよいのでしょう。

 こうやると、以前よりも急な、するどい曲がりも確かにできる。開き手綱とこの腰の動きを併用するとかなり急に曲がることができる。いろいろな教本に書いてある内方脚をやや前に、外方脚は後ろに引いて、という姿勢は結局内方の腰を前に出していることになるのだから、先生がここで教えてくれた方法を同じということになるのでしょう。


  なんとか全部のコーンを回れるようになったら、同じコースをツーポイントでやってみます。

 ツーポイントの場合は、内側を向かないように特に気を付ける。

 赤い×印をつけた絵のように回転内側を向くとお尻が反対の外側に振られて体重が外側に掛かってしまう。回転内側の脚をやや前に出して曲がる扶助を行おうとしてもうまくいかない。

 緑の丸印の絵のように外側を向く。こうすると、簡単に回転内側の脚をやや前に出して右に曲がれの扶助を出すことができ、体重も回転内側の鐙に多くかけることができる。

 先生のところの馬は回転内側の脚の扶助で曲がるように調教されているで、開き手綱による誘導を強く行わなくても、ちょっと開いて内側の脚を前にだして馬腹をギュッと圧迫してやれば素直に曲がってくれる。

 慣れてくればこの絵ほど極端に外を向かなくても上体の背骨の線が馬の背骨の方向に平行になるぐらいでもOK。というか「つねに真っ直ぐ乗るのが一番いいんだ」と先生は言う。


・スラロームと輪乗り

  スラロームの途中でコーン(ビールケース)を回ったら、次のコーンに向かわずに曲がっている姿勢を保って輪乗りをする。輪乗りは一回ないし二回回る。

 長蹄跡埒沿いにならべられたスラロームは普通にこなす。

 短蹄跡から中央ラインに並べられたスラロームに入ったら、2番目や3番目などの適当なコーン(ビールケース)を回ったらそのまま輪乗りに入り1周ないし2周の輪乗りをする。

 輪乗りの後は再び中央ラインのスラロームに戻る。

 馬が「ここで輪乗りね」と覚えてしまわないように、輪乗りをかける位置や輪乗りの回数は適宜変える。



鐙上げ スラロームへ このページ先頭へ 雪中騎乗へ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

 この練習は騎上での正しい姿勢の保持ができるようになることが目的。鞍は付けて乗るが、左右の鐙を鞍の前橋の上に跳ね上げて、鐙は使わず、脚を支えるものは何もない状態で乗る。

 姿勢はまっすぐに上体を上に背伸びした形を保ち、全体重は坐骨の2点で支える。まっすくに乗り、前傾しても後傾してもいけない。脚が鞍や馬体に接触していると、脚でしがみついてバランスを保てるから、股をぐっと開いて脚が鞍や馬体に触れないようにする。といっても、相当な筋力と股関節の柔軟性がないとこれは無理、そのような気持ちで乗るということ。

 両脚を思い切り広げて乗る。緑の矢印のように広げて、体を支えているのは、坐骨の2点だけになるのが理想。

 つま先をあげて、踵を下げる。踵を下げると、多少脚を広げる力が増す。

 曲がるときは、片方の脚の脹脛で馬体をギュッと圧迫して、すぐに脚をもとの(馬体から離した)状態に戻す。このとき、反対側の脚が馬体に巻きつかないように注意。

 使わない脚は馬体から離しておく。

 股を広げて乗るので、脚で馬体を抱くことができない。まっすぐに座っているしかないということになる。この練習にはそうとうに無理な力が必要なようだが、乗馬には本来そういう筋力が必要だということだそうです。上手くなるのはなかなか大変。

・鐙上げのバリエーション

(1)鐙上げの練習と同じことを、鐙を履いてやる。

 鐙を普通に下ろして、両脚を鐙に掛ける。ただし、つま先をぐっと上げて足を引き上げて鐙に足を通してはいるのですが、鐙を踏まないようにして乗る。速歩(正座速歩)で練習。

(2)鐙は鞍の前橋に跳ね上げておいて、両脚を開いて膝を伸ばして両脚を前後に振り子のように振らせる。馬体の動きにあわせて前後に大きく振る。両脚を振るほかに、曲がるときに回転外側の脚だけを前後に振ることも行う。鞍に跨ったときに膝で鞍を抱かないようにする練習です。馬上でのバランスの練習にもなる。


雪中騎乗 鐙上げへ このページ先頭へ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

2014年3月:  何十年かぶりの大雪で、先生のところでは1.5m以上の雪が積もってほぼ一か月乗れませんでした。ようやく雪が減ったというのでさっそく雪中騎乗。

 今回は降雪以来初めてということで踏み跡のない雪の馬場で乗った。雪が深いので馬は脚を高く上げないと足を前に運べない。このため、とても踏込がよい高級馬のような動きをする。前進スピードはそれほどあがらないが、前後上下のうねりが大きく、とても気持ちの良い乗り心地を味わえた。やみつきになりそう。雪がなくても馬にこういう動きをさせられなければいけないのだろうが、技量不足でできない。雪があるときだけのお楽しみ。駈歩もやったが、これも普通よりはずっと気持ちの良い動きをしてくれた。

 先生は馬の前髪をしっかり見てと言う。地面が雪で真っ白だから地面を見てもダメ。前髪をしっかり見ていると、馬が体勢を崩しても不思議なことに乗っていて慌てることがない。

2012年1月: 数年来の寒波で、馬場に相当量雪がつもった。40cm程度は降ったということで「レッスンできますか」と聞いたら「雪でダメです」と乗馬は1週間以上お預け。だいぶたってから「雪がまだありますが、それでもよかったら」ということで乗った。馬場にはまだ20cmほどの深さに雪が残っていた。

 「こういうように雪があると、馬の踏み込みが相当良くなっています。とても踏み込みの良い馬に乗る練習をしましょう」という先生の説明。

 蹄跡にはもう雪がないので、雪の残っているところを選んで乗る。なるほど、乗ってみると反撞が違う。馬の脚の踏み込みがしっかいと感じられる。脚の扶助への反応も違っていて、軽い扶助で鋭い反応をする。ちょっと脚を締めただけで駆け足が出ます。軽速歩でも、普段同様普通に脚を使っているだけでどんどん前に出る。こんなに反応がよければ楽なもんだなぁという感じ。

 ところが、馬が馬場の中央に置いてあった障碍に近づきすぎたので、避けようとしたとたんに急カーブ・急発進駆け足すぐに埒にゆきあたって反対に急カーブ、このS字走行で右に振り落とされて落馬。右の埒と馬の間に落ちて引きずられたらいやだったので、手綱はさっさと手放した。幸いけがはなし、馬も無事。先生いわく「左足で駆け足の合図をおくったでしょう。だから走り出したんだよ」とのこと。自分ではそんなことをした覚えはないが、馬を曲げようとしてバランスを崩して、左脚で馬体にしがみついたようです。その結果左脚が強くはいって駆けだしたらしい。以前「そんな乗り方をして落ちるよ」といわれたのはこういうことだったのかと理解した次第。

 「馬の踏み込みが良くなって敏感になっているんだから、柔らかく乗る練習をしましょう」ということで、扶助を控え目に行う練習をした。が、軽速歩がどんどん前に出て、駆け足になりがち。下の絵のように臍を引っ込めて背中を丸めて乗ると鞍の後部に座ることになって馬を加速してしまうということでした。

 この絵の姿勢のように、臍を引っ込めて背中を丸めて乗ると、お尻が鞍の後橋近くに着地することになり、結果的に尻で鞍を押すことになるとともに、後ろに体重がかかることになる。

 馬は後ろ脚に騎乗者の体重がかかった方が走りやすいということです。

 この姿勢は、正しいものではないが、こういう状態で、鞍の後半部分をどすどすやると馬はどんどん前にでる、初心者が乗って馬が暴走気味になってどんどん走って止まらないというのは、こういうように尻でどんどん鞍を押すことが原因になっていることがある、という先生のお話。

 優しい扶助をするということで、鞍に衝撃を与えないようにと、静かに座ろうとして腰をぐにゃっとやったために、腹が引っ込んだ悪い姿勢になっていたようです。


 で、優しく乗るといっても、背筋をまっすぐ伸ばして腹筋背筋に力をいれて背骨をS字状にして座らなければいけないという先生の指導。

 ただし、座る位置はきちんと鞍ツボに坐骨が着くようにする。

 鞍の後方に座ってはいけない。後方に座ると上の悪い姿勢の体重の掛け方と似たことになる。

 こうして乗ると、鞍にはかなりな衝撃が伝わっていると思うのだが、たしかに馬は上の姿勢ほど前に出ない。この乗り方をすると、スピードは上がらずにゆっくりと速歩をしてくれる。

 優しい扶助のポイントは、脚でぐいぐい推進しないことはもちろんだが、以下のような点も注意。
- 軽速歩では立つタイミングをやや遅らせる
- 大きく立たずに小さく立つ。

 競技会に出るような馬は、今回の雪のなかで乗った馬のような状態(軽い扶助でどんどん前に出る)に仕上げておく。で、このような状態に仕上げた馬は、初心者の練習に使う馬とは違う状態になる。初心者練習用には感度をやや鈍く作る。

 どうやったら感度が鈍くなるかというと、軽い扶助で前に出たときに、手綱でぐっと控えてスピードを殺す、これを何度もやっていると鈍くなってしまう。感度のよいまま保とうとするなら、手綱でスピードダウンさせずに、乗り方(たとえば上の絵の座り方など)でスピードが出るのを抑えるようにして、万が一手綱を使わざるを得なかったときも手綱でスピードダウンの効果が出たらすぐに手綱を使うのはやめることが大事。これをいつまでも手綱を引っ張って、脚では前進を指示するようなことをすると、鈍くなる(ダメになる)というお話です。

 扶助は効果が出たらすぐに止めよ、というのは大事なことなんだと改めて思わされました。


北海度で深い雪の中で遊ぶ。ざくざくともぐる深い雪になかを馬でぐいぐい進むのはふつうの乗馬とは違った面白みがあります。



雪の積もった馬場で駆足
これも昔のビデオ。こんなに漕ぐと先生には叱られること間違いなし。


このページ先頭へ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る